鼻歌にコードを付けよう

ダイアトニック・コードからの脱出編(3)

分数コード

楽譜をクリックすると音がでます。

 分数コードは、分数の形でコードを表したものをいう。実際は分数(横棒の上下)で書くべきだが、ホームページは2行でずれたりするので○/△で代用した。

C/E

ルートを分母にして分数の形で書く

 分数コードには、大きく3種類ある。ひとつは前のページ「コードの転回」で書いたルートになる音を指定する場合だ。一つ目のC/EがそれでC(onE)とか書く代わりにルート(この場合はE)を分母にして分数で書く。

Dm7/G

G7sus4(9)

 テンション・コードをわかりやすく表記

 テンションを含むコードをわかりやすく書いたり、響きを重視するため構成音を特に指定する場合使うものである。2番目のがそれで、構成音は同じであるがこの2つは全く違った響きになる。何故かというと、右側はルート以外にGの音が入っているためである。

D/Cmaj7

Cmaj7(9, #11, 13)

 "アッパー・ストラクチャー・トライアド"

 上の2つとは意味が異なる。Cmaj7(9, #11, 13)のコードだが、テンション・ノートで構成されたDメジャーのトライアドを意識すると、新たなコード感や進行を生み出すことに成るだろう。厳密に言えば、分数コードとはこのアッパー・ストラクチャー・トライアドを指すらしいのだが、上2つの場合によく使われるようだ。


五度圏

楽譜をクリックすると音がでます。

 ある音を基準にして、5度間隔で音を並べていく

 C→G→D→A→E→B→Gb←Db←Ab←Eb←Bb←F←C

 どの音から初めても結局始めた基準の音にもどっていく。これは、5度高い音に向かっても、低い音に向かっても同じ事だ。Cから始めると5度高い方にG、D低い方にはF、BbとなってF#(Gb)の所でかさなる。円形にすると分かりやすい。これを”五度圏(サイクル・オブ・フィフス)”と呼ぶ。

 この図はコードと密接な関係を持っていて、コード進行を考えるとき実に役立つものだ。例えば、ある音を中心(トニック)に考えて、左側の音を見るとサブドミナント(SD)で、右側の音がドミナント(D)である。キーがCの場合は左側Fがサブドミナント、右側のGがドミナントであるが、キーがGなら左側Cがサブドミナント、右側Dがドミナントになる。
 もう一つ、各音をドミナント7thとして考えると、左回りの進行は、全てで書いたドミナント・モーションになっている。
 ドミナント・モーションで見られるルートの完全5度下行(完全4度上行)は特に”強進行”と呼ばれ、コード進行の最も重要な動き方である。簡単に言えば、ベース音は5度上、または4度下に進行するのが一番安定して聞こえると言うことだ。ちなみに、ベース音がどの音に進行しているかは”ルート・モーション(根音進行)”と呼び、下図のような場合は”ルート・モーションが強進行である”と言う。


  



HOMEはおとのサイトのMIDIのMENUに戻ります。

Copyright (C) 2004 Kawahagi-3-Cycle