葉 の 形 態 と 葉 序
ホーム

1.葉には単葉と複葉がある

 葉は普通葉緑体を含む葉身といわれる部分と、葉身と茎枝をつなぐ葉柄から成り立っている。葉身には通常太い中央脈(主脈ともいいます)と細い側脈がある。葉は、葉身が一つの単葉と、複数の葉身(小葉という)から構成される複葉とに大別される。複葉はさらに下図のように掌状、羽状に大別される。掌状複葉にはアケビのほか、一般には朝鮮人参あるいは高麗人参といわれるオタネニンジンがある。また、公園などに植えられるトチノキもこのタイプである。掌状複葉というのは通常小葉の数が5つであるが、3つのものを3出複葉として区別し、例としてイカリソウが挙げられる。羽状複葉とは単葉において各側脈の部分が葉として独立したものと考えればよい。小葉の数により偶数羽状、奇数羽状に分けられる。複葉の各小葉がさらに小さい小葉で構成されたと見なされるものがあり、それらを2回羽状、2回掌状複葉と呼ぶ。葉の形態による植物の分類では、まず、葉の形として以上のどのタイプに属するか判断する必要がある。

leave_str
comp_leave
comp_leave2

2.葉のつき方には一定の規則がある

 葉の茎に対する配列は植物によって一定の規則があり、これを葉序(ようじょ)という。一節に一つの葉(単葉、複葉ともに含む)をつけるものを互生(ごせい)、二つつけるものを対生(ついせい)、三つ以上を輪生(りんせい)と区別する。草本の場合、根元から直接葉が出るものがあり、それを根出葉(こんしゅつよう)、その形態を根生(こんせい)といいう。また葉が茎につく形態も重要で、薬用植物のケシや道端に普通にあるオニノゲシでは葉柄がなく葉が茎に回り込んでいるので、これを「茎を抱く」と表現する。栽培種のイネを含めてイネ科植物の葉は特殊な形態をしており葉鞘(ようしょう)という。もっとも身近にあり、また一般の知名度の高いイネ科植物としてはエノコログサ(ネコジャラシ)などがある。前述のミズキとクマノミズキの区別は実は葉序の違いによるものである。

  youjo0  
  束生 沿着 茎を抱く 楯状 葉鞘のある    
  youjo2  
  2列互生 互生 対生 十字対生   輪生