マウンテン
名古屋に聳え立つ高い高いやま。それがマウンテンである。
ここは名古屋名物の喫茶店。
今までにも「アエラ」「サンデージャングル」などのメディアに紹介され、
インターネットでも所々紹介されている山・・・じゃないや喫茶店。マウンテン用語集,先人の知恵
マウンテンとわ?
とわとわ?
とわとわとわ?

 マウンテンとわ名古屋市昭和区の杁中にある喫茶店のです。喫茶店というとナンパしたり(最近はすいか割りがいいらしい。)
リーマンがサボってたり(おれは違う!)軽食をとるところだが、ここは違う。
何が違うのか?自分の目で行って確かめてくれ。(こらこら。)
なんと全部大盛り(大将はそう思っていないだろうね。)だ。
まず、何故マウンテンというのだろうか?(以下、評議議長ぱのお氏の考察)
名古屋は濃尾平野にあり山地ではないがここマウンテンの周りは道路の起伏が激しい。
地名も山にちなんだものが多い。まず、名大は「本山」である。東には「東山公園」がありそこには東山動植物園がある。
(コアラもおるがね〜。でも、東山公園のボートにはデートの時に乗るのはよそう。)
西には「覚王山」で南には「南山大学」である。名大の周りは本当にきつくなんと自転車で坂道をたちこぎでも上れないのだ。
そう、中心にはマウンテンがある。山の中心にはマウンテン。これが由来か?単に大盛りだからだとは思うが気になる。


人当たりのいい大将

ここの大将は加納さんという方ですが、いい人です。なにがいいかと言いますと・・・
・聞いてて気持ちのいい名古屋弁
・ドラゴンズファン(おいおい)
最近は「あんちゃん」から「先生!」と呼ばれるようになりました。御贔屓に預かってます。
モーニングは8時から11時で、俺が行くと多少遅れてもサービスしてくれるそうです。
名古屋のサテンは色々とオマケがつくので有名なのでマウンテンは凄いのではないかと期待して行きましょう。


とてつもない大盛り

 中に入ると当たり前だけどメニューを渡される。スパだけで40以上。フロートやピラフ、かき氷(年中)がある。
しかも後から後から新メニューが増殖中。メニューはワープロ打ちだけど、増える頻度が高いのかメニューの空きスペースに・・・。
全てが大盛りである。スパゲッティは800gとのことだがモノによってはプラマイあり。 しかも驚くことに大盛りがある。
広島のお好み焼きよろしく「ダブル」なのだ。ただし、値段は2人前の値段で量も2倍。どのようにして出てくるかと期待してたら
フライパンサイズの取っ手のついた鍋(?)で出てくるのだ。
ぱのお氏は先日遭難しました、評議員の中でダブルを完食した人はまだいない・・・おれでも15が限度か?
最近はメディアの影響か金・土の夜は混んでいる。
まずは、この店に30回以上通い、かつ先日マウンテン評議会の議長に就任されたぱ○おさんに話をうかがってみた。
「そこに山があるから食べるんですよ。ひとつの山を征服する喜びは大変なものですよ。」
次に高校の頃から行っているといい、評議会の副議長で最近大将に「先生!」呼ばわりされている○いきさんに話を伺いましょう。
「ん〜、漢なら行け!遭難しなかった奴は準漢として認めようかねぇ。ってーか行け!」


お薦めのメニュー メニューはこちら。スパピラフ飲み物食べ物特別メニュー

 かき氷(メニューではアイス氷)が一番のお薦め。標高300mm。小倉かき氷を頼むとそのてっぺんに小倉がある。
初心者はそれをまるで棒倒しのように下までもっていこうとして中からまた小倉がでてきて驚くだろう。
全てのかき氷にはプルトニウムが真ん中に入っているのでそれを掘り出して、原チャリの燃料にしよう。
スパではスープ系がいい。鳥スープスパは箸を使って食べる。クリームのもおいしい。季節物だが「さぼてんスパ」もある。
味はピーマンとオクラを足した感じ。料理と一緒に刺抜きも来るのが面白い(嘘)。
フロートは普通は飲み物の上にちょこっとあるだけなのだがここのは少し食べないと ストローがささらない。
御飯系は比較的量が少ないです。普通の所よりは多いけど。まぁ、本当に初心者はここから行くのがいいのかも。
また、ドリンクでジョッキコーヒーというのがありまして(400円!)頼んでみたらジョッキでした。(笑)
泡も立ってるし・・・で、キュラソーが入っているらしく、飲むと酔います。
お酒に弱い人や車で行く人は止めたほうがいいでしょう。(はっ!)


お薦めできないメニュー

 なべスパ。マウンテンの中で一番標高が高い。鍋の中にスパがあって、それにタレをつけ食べる。(ざるそばみたいなカンジ)
ねぎや鳥肉も入っていてうどんを食べている 感覚に襲われる。
一度食べきったことがあるが問題は味がどんどん薄くなるつけ汁とあの熱さでしょう。
だが裏技がある。それは、つけ汁のおかわりが50円でできるのだ。 これさえ知っていれば君もなベスパを食べれるかもしれない?
追跡調査では、コンソメ5個に醤油を入れるのもいいらしいぞ。俺はやらんけど。
更に追加情報:評議員神奈川支部のすけぞー氏の情報によればつけ汁が美味しくなったらしい。現在未確認。人柱求む!(笑)

甘口シリーズ。
昔は1つしか無かったのだが今は3つある。シーズンものでしるこもあるらしい。(未確認)
でも、甘口抹茶小倉スパは美味しいよ。まぁ好き好きだけどさ。
抹茶色(味?)のスパに生クリームと小倉あん(名古屋人は小倉餡が好き。)がのり、さくらんぼが1つと黄桃が2つのっています。
サラダは670円。のあ嬢が余裕で平らげました。
(前日にスパを平らげ、当日午後2時に昼食を取り、かつパンダ焼を食べたあとに。)ってーも、
スパと同じお皿にてんこもりになってます。
時期が時期だったのか柿が1個分スライスで入ってました。


評議員とは?

 われらがマウンテンを世間に広く正しく広めようと結成された組織です。
主な活動は・・・ない。(笑)うそうそ。友人・知人が来名の時は容赦なくマウンテンに連行することです。
メンバーは評議議長のぱのお氏と副議長の俺と評議員のJFK氏・D97氏・りゅんりゅん嬢です。
本部は愛知県とし、三重支部に支部長のありか氏、東京支部に浅葱のあ嬢となっちゃん嬢、千葉支部に支部長のゆんま氏、
岡山支部に支部長のさと丸氏、神奈川支部にすけぞー氏がいます。
基本的には議員の互選と承認が必要で(笑)、申告があれば評議し認証されれば議員となります。(うそこけ)
議員になったメリットはありません。(^^ゞ特別メニューが頼めるくらいでしょうか。
色眼鏡で見られること請け合いです。
逆に「評議員である。」という十字架を背負い登山することになるでしょう。
また、最近の顕著な成果としてはしるこスパが正規メニュー化したということでしょう。
次は味噌煮込みスパやナタデココ丼や伊勢海老スパ(笑)を狙ってます。