Biz Consultant/Journalist/Media Coordinator Mitsuhiro YOSHIDA                              
吉田光宏の WebJournal
       wolf1868をフォローしましょう

New version since 2014  活動紹介フライヤー
  ジャーナリズムとPRの融合
   
Integration between Journalism and Strategic Public Relations
 環境問題、農林水産業などを中心に取材、執筆をしています。並行してPR広報にも取り組み、双方の融合を目指しています。大切にしているのは誠実integrity、公正fairness、事実facts、夢dream、幸福Happiness。*参照:「PRの父」アイビー・リーの「行動規範原則」。

Membership
日本環境ジャーナリストの会
農政ジャーナリストの会
日本オオカミ協会

最近の動き(取り組み終了分)NEWS
2016/07/21 5月に取材した岩国市のカワトT.P.C.の記事がWEDGEInfinityにアップとなった。従業員の7割が女性で地域を元気にするビジネスモデル。
2016/07/06-12 9年ぶりにスタンフォード大学訪問。ナイトフェローシップ同窓会は50周年記念と引退するディレクターのJimBの労に感謝した。セミナーでは調査報道やバーチャルリアリティーなど。
2016/03/19-23 京都を経由して日光、水戸、東京(両国周辺)、赤穂と赤穂浪士の足取りたどる。
2016/02/25 「広島県の農業を知るとカープを応援したくなる」kindle本(電子書籍)発売開始
  先にUPした「広島県の農業を知るとカープを応援したくなる」PVを改定(時間短縮&高画像)。
















2016/01/09 下関の高杉晋作終焉の地、桜山神社(招魂社)など訪問。昨年1月の東行庵、同8月の功山寺などを合わせて下関周辺の晋作ゆかりの地すべてを訪問。
2015/01-2016/01/03
熱田神宮(愛知)、伊勢神宮(三重)、法隆寺(奈良)、高野山金剛峯寺(和歌山)、四天王寺、住吉大社(大阪)、比叡山延暦寺(滋賀)+京都国立博物館(仏像鑑賞)巡り。ついでに大阪新世界でビリケンさん多数に遭遇。
2015/12/17 「広島県の農業を知るとカープを応援したくなる」発売。書籍情報はPRPHサイトに。
 *Amazon廣文館(本店、広島駅前店、アルパークブックガーデン、フレスタ三次店)
2015/12/03 「広島県の農業を知るとカープを応援したくなる」印刷発注(PRPH)
2015/09/05 京都伏見月桂冠村上重本店を見学&買い物
2015/08/23 長府・功山寺訪問…「高杉晋作」小学生のときのTVドラマの主題歌(三波春夫)
2015/07/07 七夕…「風の盆恋歌」「東尋坊」「五能線」「北の旅人」チェック
2015/07/03 依頼の追悼集(A5判 84P 非売品)完成
2015/06/11-15 能登半島取材
2015/04/15講演「こうしてニュースは作られる」(東広島市)
2015/01/27Agrio長野県の放牧事例紹介
2015/01/02日本オオカミ協会会長面会(伊豆)

2014/12/26広島県新規就農事例集
2014/10/19日本農業新聞読書面に「美味しい田舎のつくりかた」(金丸弘美著、学芸出版社)紹介
2014/09/14H26年度後期「環境学」の講義スタート。まずMジャクソンのEarth Songを鑑賞
H社様セミナー2014/09 メディアを知る&文章テクニック(2日間) 
Agrio 2014/09/02 迫る自由化の波 日本の畜産は工夫、努力で生き残れ

   取材&執筆  Coverage & Writing                  
農林水産業を中心に、環境、福祉、ジャーナリズムなど幅広い分野をカバーしています。

 月刊環境情報誌「グローバルネット」連載 (一般財団法人)地球・人間環境フォーラム 
「日本の農業は生き残れるか 広島県からの報告」(2012年5月から連載中)
詳細
「新時代の牛放牧で日本を救おう!」(2010年6月〜隔月12回連載了)
詳細

 牛の放牧(山口型放牧、小規模移動放牧)取材
山口型放牧を紹介した『放牧維新』(2007年 家の光協会 書評レビューの館)以降の新しい情報を加えながら、日本の国土を守り、日本人を元気にする放牧の取材を続行中。牛の「舌草刈り」を救国の策とし、スローイノベーション、グリーンイノベーションの実現を提唱しています。
生物多様性を豊かにする日本の牛放牧-「牛+人」の新技術が里山の恵みを生かす─
(日本水土総合研究所ARDEC 第44 号「特集」生物多様性と農業農村)

 「厚生労働」地方からの発想
広島市(2011年2月号  園芸療法とIWAD環境福祉専門学校
その他
  戦略広報  Strategic Public Relation                  
 ジャーナリズムのノウハウを生かしたビジネス支援。メニューは広報PR、事業戦略・計画の立て方、広報戦略の「セカンドオピニオン」、プレゼンテーションスキル、ビジネスモデルの作り方、創業支援、農産物PRなど…業務紹介フライヤー

PRパートナーシップ広島 PRPH
<登録機関>
中小企業基盤整備機構(経営実務支援アドバイザー)
(公財)ひろしま産業振興機構
広島市中小企業支援センター専門家
*無料窓口相談を2カ月に1回担当
6次産業化プランナー
ミラサポ

<話題>
農業の6次産業化特集
なぜ今、環境CSRなのか



  出版 Publication                  
 取材、執筆(ビジネス支援と並行)からDTPまで「一貫対応」します。

K社マインドブック(2014)
日本園芸療法学会誌(2013)
地域営農システム事例in広島県ルポ集「つながっとる農」人と絆を考える(2013)
『福山箏の「わざ」と文化』(平田勉著 編集協力中国新聞社事業出版センター 2012)
『温故創新 地域社会と共に60年』(栄工社60年史編集委員会 編集協力中国新聞社 2008)
耕作放棄地解消!放牧大作戦 舌刈りで一石五鳥』(家の光協会=監修 2008)
農業・環境・地域が蘇る 放牧維新』(家の光協会 2007)
干潟の図鑑』(日本自然保護協会編=分担執筆 ポプラ社 2007)
つながるいのち 生物多様性からのメッセージ』(共著 山と渓谷社 2005)
ハートフルな農林漁業 環境・地域・人を元気にする現場を訪ねて』(電子書籍 eブックランド 2005)
The Corruption Notebooks −25 Investigative Journalists ReportThe Center for Public Integrity 英文 共著 2004)


「つながるいのち」取材&執筆レビュー


WWW を検索 吉田光宏のWeb Journal を検索


Contactお問い合わせ

WHO  プロフィール





Stanford Univ. Knight Fellowships
日本自然保護協会

農・食・医 同源研究センター

ICIJ 国際調査ジャーナリスト協会
Promotional Video


 東日本大震災で被災された方々へのお見舞いとともに、一日も早い復興を心より祈念いたします。
特別寄稿 東日本大震災 現地ボランティア参加の記録
「地と空&今と明日」by 迫 義人



 *このサイトの記事・写真などには著作権がありますAll rights reserved, 2014 ©Mitsuhiro YOSHIDA
 このサイトで取り上げている重要テーマは、ジャーナリズム、広報、東日本大震災 復興、口蹄疫、生物多様性、地球温暖化、絶滅危惧種、ワイズユース、持続可能性、自然保護、食の安全・安心、地産地消、天然記念物、カブトガニ、牛、放牧、種の保全、有機農業、農業、農林水産業、ジャーナリスト、フリージャーナリスト、メディアリテラシー、中国新聞、時事通信、農林経済、広島県、山口県、中国地方、PR、パブリックリレーションズ、文章作法、文章指導、講演、スタンフォード大学、米国、アメリカ、カリフォルニア、エコ、スローライフ、秋吉台、秋吉台巨大観音像問題、書評、口蹄疫、低炭素社会などです。さらにウィキペディアの最近の言葉(以下)についても積極的に触れていく努力をします。
尼崎事件  尖閣諸島  オスプレイ  Long Term Evolution (LTE)   テザリング  接続水域  シェールガス  iPS細胞  バックドア  経済連携協定 (EPA)   環太平洋戦略的経済連携協定 (TPP)   円安   原子力規制委員会  脱原発  第2次安倍内閣  アベノミクス   集団的自衛権   PM2.5   風疹   2020年夏季オリンピック  ノロウイルス  STAP細胞  クリミア自治共和国  富岡製糸場と絹産業遺産群  山の日  危険ドラッグ  エボラ出血熱   デング熱  イスラム国