■ 高性能住宅のご提案 ■

高性能住宅

 
断熱性能と気密性能が、一定の基準以上で施工された住宅のことを私達は高性能住宅と呼んでいます。  よく耳にする「高断熱・高気密住宅」という言い方は、断熱気密の基準が明記されないまま使われ続けているため、A社とB社の言う「高断熱・高気密住宅」の定義づけが最初から違っているので、ユーザーの立場に立った判断を損ねる結果となり、多くのユーザーが自分の家の性能のレベルを理解できないままの家づくりをさせられています。
 車を購入する際に性能の数字を(燃費・馬力等)を気にしないで買うユーザーは、まずいないはずです。 住宅は、車の何倍、何十倍もする高価でしかも一生の間、暮らしていかなくてはいけない大事な資産です。
 それほど貴重なものを造りあげる際に、「見た目」とか「設備機器」、「デザイン性」だけで決めてはいませんか・・・?


断熱性能と気密性能

断熱性能(断熱力とも言います)とは、言いかえれば保温性能のことです。 人が寒い冬でも防寒具を身につけていれば寒く感じないのと同様に性能の良い(素材の)断熱材をできるだけ厚くすれば断熱性能が高まり、熱が逃げにくい、つまり保温性が増すことになります。 身近な例に置き換えてみましょう。ポットに入れたお湯が冷めにくく、やかんのお湯が冷めやすいことは、誰もが知っている事実です。 「冬」の場合はお湯、「夏」の場合は冷水をポットに入れた状態で「冷めにくい」、「温まりにくい」状態が断熱性の高い住宅であると理解できます。ところが、それだけでは高性能住宅とは言えません。  何故ならば、ポットのフタが開いていたら、お湯はすぐに冷めてしまいます。 フタがきちんと閉まっている状態が気密性能が高い、つまり隙間がない状態となり最も熱が逃げにくい状態となります。つまり、断熱性能が高いことに気密性能が高いことがプラスされて、はじめて本当の高性能が発揮されるのです。
断熱性能の低い住宅をやかんに例えて言えば、熱伝導率が高い(熱を伝えやすい)材料(アルミ等)でできていて、しかもフタをはずした(気密の低い)状態で熱がどんどん逃げていく為にすぐ冷めてしまうやかんという事になります。この場合、お湯が冷めないよう保温するにはコンロの火をつけて加熱し続けなければなりません。 熱のたれ流し状態で暖房をつけ続けないとすぐに冷めてしまう住宅。  これでは、ランニングコストがかかるは当然ですね。
逆に高性能住宅の場合は家全体を温めてもすぐに温まった状態になり、保温性が良いため冷めにくい。したがって暖房の熱量が極端に少なくてすみます。夏の冷房に関しても同じ事で少ないランニングコストで、室内の温度を快適に保ち続けることができます。  省エネ住宅=高性能住宅と言われるゆえんです。



気密性能と計画換気は一心同体!!

 高性能住宅が不審に思われる一つの原因として、シックハウス(室内空気汚染)の問題があります。気密性能を高めた(高気密化)ために、室内空気の汚染が生じて病気を引き起こすので、気密住宅がシックハウスの元凶であるという考え方がそれです。  「自然の風が一番」と言って気密化を否定する人達がそうですが、それは本当は気密化に問題があるのではなく計画換気に問題があるのに気づいていない、また過去の隙間だらけで冬寒い住宅の工法から勉強不足のため、なかなか脱皮できない人達でもあります。 最近では、F☆☆☆☆合板の使用、ノンホルムアルデヒドの接着剤等の使用によって空気汚染も少しは軽減されてきました。 が、まだまだ汚染物質の含まれた素材が使われているのが実情です。それなのに気密性のみ高まる工法(パネル工法)を採用し、換気について充分な知識のない人達が建てた住宅がまさにシックハウスなのです。現在では換気が義務化になり少しは改善されたように思いますが、実際は換気を回しっぱなしにすると寒いので止めてしまう。これでは何にもなりませんよね。又、気密性のみ高めた場合に起こる結露(特に壁体内結露)が住宅を腐らせ寿命を極端に短くしてしまう現実が欠陥住宅として問題となっています。
 高性能住宅にもう一つ必ず必要なものが、24時間計画換気です。  常時=24時間、計画的に=一定量、室内に空気のよどみを作らず一定の経路で換気をすることが絶対条件となります。
 つまり、高性能住宅には3つの要素
      1.断熱性能  2.気密性能  3.計画換気 + (夏の日射遮へい ・冬の日射取り入れ)  が必要不可欠になります。 又、もう1つ誤解のないように付け加えますと、春・秋の気候の良い時期には高性能住宅であっても、窓を開けて外気を充分に取り入れてもらって良いということです。