雨の日工房の割烹着

雨の日工房の割烹着

プロが身につけるような、飾り気のない仕事着(割烹着)を使いたい。

でもね、飾り気のない…といっても、ちょっと可愛くなくちゃ、おもしろくない。
ときめかない。

だから、衿ぐりのかたち、胸元のタックや、少し裾広がりのラインなど、ちょっと可愛くしました。

そうは言っても、割烹着って、着るといちばん上になるし、いちばん面積でかいけど、脇役です。
主役はやっぱり、中に着ている「今日の服(コーディネート)」なのです。

「今日の服」を、広く開いた衿元から見せましょう。
割烹着で隠すのではなく、合わせることで、全体を締める、引き立たせる。

あなたの「今日の服」を保護することと、引き立てること。
そんな“仕事”をするのが、雨の日工房の割烹着です。

更新情報・お知らせ

◎ 8月1日~3日まで、すべての業務をお休みします。7月31日の夜以降にいただいたメールへのお返事などは4日からになります。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

◎ 無地割烹着の受注製作やってます。日記はいつも更新中です!

お買い物の際には

◎ 店主、会社勤めもしていますので、メールのお返事は、1~2日お時間をいただき、送信は夜遅くか翌朝になると思います。深夜に受信してもいいアドレスで連絡をいただくとありがたいです。

◎ 勤務の休みの都合で、商品の発送が水曜日、または発送までに数日かかることもあります。日数に余裕をもってご注文いただけると助かります。

◎ まず「お買い物方法」のページと、「商品について」のページをご確認いただきますようお願いいたします。品物が決まりましたら、「お買い物方法」のページを見ながらメールでご注文ください。
当店では、商品を発送するまでに、お客様と何度か確認のためのメールのやりとりをすることにしております。面倒くさいと思われるかもしれませんが、あまり無機質にもしたくないので。。。古臭いようですが、お付き合いくださいませ。

雨の日工房のエプロンは

◎ 最終的に土にかえるものがいいな、という店主の勝手な好みで、おもに綿、ときどき麻の素材を使用し(たまに化繊混紡も使ったりしますけれど…)、気をつかわずに洗濯機で普通に洗えるものを作っています。 きっちりアイロンをかけるのもよし、そのままでシワも味わいとするもよし、というような感じで。 縫い代の始末は、できるだけ「折り伏せ縫い」という手法を使い、丈夫に、裏もきれいに仕上げています。

メールマガジン

当工房の新作情報などをお知らせいたします。発行は、新作アップ直後、その他お知らせがあるときです。ぜひ、ご登録ください。

雨の日工房通信
     
 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ