●シルバーが黒くなる理由
  
・黒くなるのは空気中の硫黄分と反応して硫化するためです。シルバーは黒くなるのがよいところでもあります。
 日常使ってさえいればきれいに陰影がついてきます。しばらく使わないときは、ビニールの小袋に入れて密閉するとかなり防げます。
 ネックレスチェーンの首にあたる部分が早く黒くなったりするのは、皮膚のシスティンという硫黄を含むアミノ酸と反応するためです。
 指輪でも内側の指に黒ずみがついたりする方がいらっしゃいます。こういう場合はこまめに研磨剤入りの不織布などで、拭いて頂くしかありません。
●黒くなった場合のお手入れ方法
  
市販の液体に浸すタイプのクリーナーは当方ではおすすめしておりません。
アクセサリーによっては、洗剤が残る場合があるからです。手軽なのは、研磨剤入りの不織布が売っておりますので、
それで軽く磨くだけで元通りの輝きになります。
   
・ リングを付けたままお風呂に入っても大丈夫です。
温泉に入るときは外された方が良いと思います。
温泉に含まれています硫黄によりあっという間に黒くなってしまいます。
●スターリングシルバー(925)
  
・ 純銀の入っている割合が、92.5%の物をそういいます。
 純銀(100%)では柔らかすぎてキズが付きやすくなってしまいますので、通常シルバーアクセサリーには、
 スターリングシルバー(925)を使用します。92.5%でスターリング特有の時効硬化という特性を出します。
●金属アレルギーでお困りの方のクリーム
    

ショッピングご利用ガイドに戻る HOME