◆東玲子の選択的著作目録◆
(注・★印のみ単行本)

〔論考、及び紹介記事〕

《少女まんが、もしくはまんがに関して》

●シリーズ・少女まんがの愛と夢
1・「ラブストーリー(近親相姦)よ、永遠に」/月光文化2号/青林堂(発行・南原企画)/1991
2・「キスの魔力」/月光文化3号/MOLE(発行・南原企画)/1992
3・「早く大人になりたい」/月光文化4号/MOLE(発行・南原企画)/1992
4・「メディカル・ボンデージ」/11宮1号/MOLE(発行・南原企画)/1993
5・「古典的レズビアニズムのおいしさ」/11宮2号/南原企画/1994

●「飽くなき欲望の満足を求めて」−−リビドー発散法に見る少女マンガ四半世紀の変容
/IMAGO4月号/青土社/1995
●「少女まんがの進化と逸脱」−−オカルト・ホラーコミックの功罪
/IMAGO6月号/青土社/1995
●「自閉する快楽」−−今のところの岩館真理子論
/IMAGO3月号/青土社/1996
●「愛という名の我欲」−−一条ゆかりの『砂の城』を素材に
/IMAGO7月号/青土社/1996
●「『スター・レッド』に見る少女のリビドー・パワー」
/STUDIO VOICE7月号/インファス/1996
●「セクシー・ボディに少年の気概」
/IMAGO12月号/青土社/1996
●「大島弓子論」
/一億人の漫画連鎖(コミックリンク)/メディアファクトリー/1998
●「ポルノを楽しむ少女たち」−−少女まんがの最前線'99
骰子28号/河出書房新社(発行・アップリンク)/1999
●「暴走少女!」
/文藝別冊・手塚治虫/河出書房新社/1999
●「見飽きぬ夢」−−女性まんが家が映す源氏物語
/ユリイカ2月号/青土社/2002

《レズビアニズム、もしくはフェミニズムに関して》

●「汚染後のレズビアニズムの地平に立って」−−レズビアン・フェミニズムからレズ
ビアンSMまで
/IMAGO8月号/青土社/1991
●「射精する女の身体」
/IMAGO2月号/青土社/1996
●「レズビアン・セクシュアリティのあからさまな側面」
/IMAGO5月号/青土社/1996

〔小説〕

●「カミツレ流仮死の中で」
/G-modern第6号/モダーンミュージック/1994

〔エッセイ〕

●「アラン・アラクネドット」
/G-modern第5号/モダーンミュージック/1994
●「オウムであることのゆくえ」
/IMAGO8月号/青土社/1995
●「タランチュラはお好き?」
/月光復活第2號〜現在も継続中/南原企画/1996〜
●「タランチュラに夢中!」
/かわいい小動物97年3月号〜00年11月号
/フロム出版(発行・NOVO)/1997〜2000
●「それは私の"こと"」
/ユリイカ2月号/青土社/1998
●「都市の鳥、そして人」
/アニPAL3月号〜9月号/日本出版社/2001

〔インタビュー・ワーク〕

●パット・カリフィア/骰子13号/河出書房新社(発行・アップリンク)/1996
●草間彌生/骰子21号/同上/1997
●マヤ・ガルス/骰子27号/同上/1999
●イトー・ターリ/骰子28号/同上/1999
●白石かずこ/骰子28号/同上/1999
●シュー・リー・チェン/骰子28号/同上/1999
●マーク・ポーリン/骰子32号/同上/2000

〔翻訳〕

★「ドルードル」/ロジャー・プライス・著/アスキー/1994
●「申し分なき男」/ジェイン・ルール・著
●「見たわけじゃない」/バーバラ・ウィルソン・著
●「大みそかのバー」/リー・リンチ・著
/以上3作は、すべてIMAGO11月号/青土社/1995
★「パブリック・セックス」−−挑発するラディカルな性/パット・カリフィア・著/青土社・1998
★「パティ・スミス完全版」/パティ・スミス・著/河出書房新社(発行・アップリンク)/2000
★「無垢の予兆」/パティ・スミス・著/河出書房新社(発行・アップリンク)・2012


BACK