1:人工関節って、どんな手術ですか?

関節のかみ合っている部分(互いに擦れあって動いている部分)を人工の物に代えてあげること で、傷んだ関節を再建し再び痛みなく歩けるようにする手術です。


2:どんな病気のどんな状態にするのですか?

変形性股関節症、慢性関節リウマチ、大腿骨頭壊死、大腿骨頚部骨折などの病気または怪我が対象 になります。これらのうち股関節の壊れ方の程度が強く、自分の骨や関節を使っての手術では治すこと が難しい状態になっていて、痛みが強く日常生活に支障をきたしている方に行ないます。


3:人工関節の長所を教えて下さい。

関節にとって大切な 1.痛くない。2.動かせる。3.支えることができる。の3つの要素を保った治療が行なえます。また、治療の効果が確実で、治療期間も他の手術法(骨切り術など)に比べて短く 、2ヵ月程度の入院で可能です。


4:人工関節に欠点はありますか?

大きくわけて4つあります。
(1)ゆるみ。
骨に人工の関節を植え込む手術のため、骨との接合部にゆるみがおこる可能性があり ます。ゆるみがおこると土台の骨が徐々にこわれていってしまうので、骨が丈夫なうちに人工関節の 入れ替えの手術をしなければなりません。

(2)細菌感染に弱い。
体の中に人工関節という異物がはいるため、細菌に対する生体の防御反応の 働きにくい場所ができてしまいます。このため、人工関節周囲は普通の状態よりは細菌感染しやすく、 また感染してしまうと治りにくいのです。

(3)脱臼しやすい。
人工股関節は関節のかみ合わせが浅いので、人の股関節よりも脱臼しやすく、 ある一定の角度以上曲げたりすると脱臼します。これについては後で詳しく説明します。

(4)摩耗する。
人工関節は摩耗しにくい低摩擦の材質で作られていますが、それでも、人間が本来 もっている正常な関節よりは10倍以上摩擦が大きいので、長い年月のうちに必ず擦りへっていきます。


5:人工関節に種類は、あるのですか?

いろいろな機種が出ていますが、骨に対する固定法の違いと、摺動面(こすれあう面)の材質の組 み合わせの違いによって大きく分けられます。摺動面(こすれあう面)の組み合わせでは金属対ポリエチレン、セラミック対ポリエチレン、金属対金属、セラミック対セラミックがあります。
(1)骨に対する固定法による違い。セメント固定とノンセメント固定
セメント固定とは、骨セメント(ポリメチルメタクリレートというアクリル樹脂の一種)を用いて、 骨と人工関節との間の隙間を埋めることにより固定する方法で、3次元的に入り組んだ形のところにも充填することが可能で、手術後の初期の固定に優れることが特長です。しかし、セメント自体の強 度が弱いので、セメントにひびがはいったりすると、セメントの細かい粉が出たりしてどんどんゆる みが進んでいくこともあります。
ノンセメント固定とは、直接人工関節と骨とをくっつける方法です。セメント固定より固着面 (くっつける面)がひとつ減るので、ゆるみのおこる可能性のある場所が減ることになります。更に、人工関節の金属と接している骨にひびが入ったとしても、骨は生きているので修復機転が働いてくれ る可能性があり、固定の永続性が期待できます。しかし、人工関節を、3次元的に骨のなかにぴった りと入れるのは不可能であり、どうしても境界面に骨ができるのを待つことが必要で、初期の固定力に問題があります。
いずれにしても、どちらがよいのか結論は出ていないというのが現状です。
(2)摺動面
この組み合わせは、いかに摩耗および摩擦力を少なくするかという問題との戦いです。強度の関係もありどの組み合わせがベストかの答えはまだありません。


6:人工股関節はどれぐらいの期間、もつのですか?

現在報告されている成績から、大体の目安を示しますと、
10年間もっている人が95%、15年間で70〜80%、20年間で60〜70%位です。


7:人工股関節手術を受けた後のリハビリは、どのくらいかかりますか?

手術後のリハビリに要する期間は大体2ヵ月間です。人工関節の機種によってスケジュールが 異なりますが、手術をして3日目には車椅子に乗れます。2週後には松葉杖で歩く練習をはじめます。 退院の時には杖なしで歩いて帰れます。


8:人工関節は脱臼しやすいと聞きましたが。どうすればよいでしょうか?

正常の成人の股関節のかみ合わせの深さは約20〜25mmあるのですが、人工関節は、たがいにこす れあう時の全体の摩擦を少なくする目的で、かみ合わせが浅くなっており11~16mm程度しかありませ ん。このために、正常成人の股関節よりはずっと脱臼しやすいのです。
脱臼の方向は大きく分けて前方と後方の2通りあります。どちらの方向に脱臼しやすいかは手術中に 人工関節を設置し終わった時点で確かめることになっています。後方に脱臼しやすい場合は、しゃが んで股を閉じる姿勢(股関節の屈曲、内転、内旋と言います)が危険な姿勢ですし、前方に脱臼しや すい場合は、爪先を外側に向けて脚を後ろに伸ばした姿勢が危険です。
特に脱臼がおこりやすいのは、手術後3ヵ月の間です。3ヵ月以上経ちますと人工股関節の周りが瘢 痕組織で覆われ、脱臼し難くなります。しかし、人工股関節のかみ合わせは前述したように浅いため、 互いに摺動面を保ちながら(こすれあう面が離れないで)動く角度の範囲に限りがあり、稀ではあり ますが、年月の経過とともに股関節の動く角度が拡大しすぎると、手術後数年を経てからでも脱臼す ることがあります。
いずれにしても脱臼のしやすさは、手術時の人工関節の設置角度や、緊張度(きつく整復されたか、 ゆるゆるで整復されたか)、患者さんの股関節周囲筋力の強さにより左右されます。これらは、手術 法やその患者さんの手術前の状態により変わりますから担当の医師によく話を聞いて下さい。


9:退院後に注意をすることは何でしょうか?

人工関節の手術後には定期的経過観察(X線検査を含む)が必須です。特に、ゆるみと摩耗、骨の変化に関しては、X線上の変化の方が症状よりも先行しますので、早期発見、早期治療のためにも、半年に1回のX線検査は欠かすことができません。 日常生活上で注意していただきたいことは大きく分けて3つあります。
1つは人工関節の耐用上の注 意(長く人工関節をもたせるための注意)です。2つめは脱臼に対する注意、そして最後が感染症に罹患した時の注意です。

(1)人工関節耐用上の注意
人工関節の耐用年数を上げるためには、日常生活上の活動度が低ければ低いほど良いのですが、 Quality of Life (QOL)-人生の価値-を考えますと、活動度をむやみに制限することは、人工関節の 治療目的からはずれてしまいます。したがって、ごく普通の人が、ごく普通に日常行っていること については、制限しないというのが原則となります。
それ以上の活動については、その活動がその 患者さんにとってQOL上どの程度の重みをもっているかということと、人工関節に及ぼすであろう負荷の大きさとを天秤にかけて判断することになります。

(2)脱臼に対する注意
前述した脱臼の危険肢位をとるような動作を避けるよう注意していただきます。殆どが後方脱臼です ので、その予防が重点になり、次のような日常動作の時に注意が必要です。
1. しゃがむ
2. 横坐りをする
3. 高いステップに患肢から昇る
4. 柵等をまたぐ
5. 靴や靴下をはく
(3)感染症に罹患した時の注意
人工関節が体内にあると、人工関節周囲の感染に対する抵抗性が落ちてしまいます。一旦、人工関節のまわりに感染してしまう(細菌が繁殖してしまう)と、その治療のために、せっかくいれた人工関 節を取り出さなければならなくなります。感染が最も多いのは手術の時ですが、稀に他の感染症から 血行性に(血液の循環によって細菌が運ばれて)人工関節周囲に感染してしまうことがあります。したがって、細菌感染による病気にかかった時には速やかに治療していただく必要があります。特に、虫歯や膀胱炎などは放置されがちですので、早めに病院で治してもらいましょう。


Sorry Japanese only