クリックでご覧ください
線で囲まれた画像は1クリックで拡大されます
★ 多くの方々にこのサイトをご覧いただいていることに  とても幸せに思います。ありがとうございます。
     作品写真をご覧いただきます皆様に出来るだけわかりやすくと、難しいグラス撮影に努力いたしておりますが・・・
     グラスリッツェン作品としてお伝えできればと願っております。 
被せガラスのディナーベルに
クリスマスモティーフ

傾斜がありますのでモティーフ配置が
難しいです。  (上級者向け)

dinner bell : Czech
ころん!!としたボウル型の、ボトルクーラー
何だか気分までま~~るくなります。
とってもお気に入りの可愛い作品となりました(微笑)♪。
★  Photo:Hiroko Koide
 Last update 10 Dec. 2019
# グラスリッツェン小出弘子
で作品写真をご覧いただけます。
動画もございます。
since: 2002/May/01
 MAP
ボウルサイズ600ml 前後の大き目のグラスに
ぶどうモティーフを描いています。
お客様にお選びいただくのも楽しくなります。
★ 小出弘子のグラスリッツェン

★ アトリエ(教室)のご案内
 講師ご紹介
    
        ☆ 
Flex course
          
(フレックスコース)       
          こちら
 

 プロフィール

★ 生徒作品


Atelier Roco     〒659-0016 兵庫県芦屋市親王塚町4-1-415
                              
                          tel:fax 0797-34-4436
                                               
    hp作成者  小出 弘子



このサイトの全ての掲載物について無断転載、使用することはご遠慮願います。全ての権利は、作者、そしてアトリエRocoに帰属します。

                                    
お問い合わせ aah48171@pop06.odn.ne.jp
Welcome to my homepage
         Hiroko Koide
このお皿の形を見たときに、
冷製パスタ用に!
と決めました(微笑)。
AtelierRoco では 4種類の針だけを
使用して作品を創ります。
★ グラスリッツェンとは


16世紀ごろのイタリアから、ヨーロッパ各地へと発展してきた
ダイヤモンドポイント、近年になって、グラスリッツェン  という造語で多くの方々に親しまれるようになってきました。

グラスリッツェンは、ダイヤモンド粒子がついた特殊なペンで、ガラス製品に、ペン先には力を入れず、やさしく、手彫り作業でモチーフをもとに描きます。濃淡で表現するグラスリッツェンは、ガラス工芸の中ではもっとも繊細な工芸といえます。

アトリエRoco技法で、一つの作品が完成するまで大変時間がかかりますが、
アトリエRocoの作品をご覧いただきました皆様からは、芸術性が高く、繊細、エレガントな作品として評価をいただいております。

作品モチーフはアトリエRocoオリジナル(小出弘子)デザインです。
Glasritzen