ホームに戻る
4品切岩波文庫目次に戻る
前のページに戻る
★黒文字:在庫☆グレー文字:売切
ページの最後へ進む
ご注文へ進む
InterBook絶版七つ森
4InterBook品切文庫の森

『岩波文庫』はじめて物語(岩波文庫初代31点)


1927昭和2年7月10日(7/15、8/1,10、9/5,10)第一回配本『岩波文庫』31点、名著の森への道
岩波文庫創刊書目 岩波書店1927昭和2年7月10日創刊
在庫状況 著訳編者 表題 出版社/判型/体裁 発行年/版/状態 構成/備考 価格(円)
☆創刊版あり 佐佐木信綱編 新訓 萬葉集(上) 岩波文庫1-4 1927(昭和2),9.5  
夏目漱石 こゝろ 岩波文庫8-9 1927(昭和2),7.10  
☆創刊版あり プラトン/久保勉・阿部次郎譯 プラトン ソクラテスの辯明・クリトン 岩波文庫10 1927(昭和2),7.10  
★創刊初版本あり イマヌエル・カント/波多野精一・宮本和吉譯 實踐理性批判 岩波文庫11-12 1927(昭和2),7.10
稗田阿禮/太安萬侶/幸田成友校訂 古事記 岩波文庫13 1927(昭和2),8.1  
島崎藤村自選 藤村詩抄 岩波文庫14-15 1927(昭和2),7.10  
アダム・スミス/気賀勘重譯 國富論(上) 岩波文庫16-20 1927(昭和2),8.10  
☆創刊版あり 樋口一葉 にごりえ・たけくらべ 岩波文庫32 1927(昭和2),7.10  
トルストイ/米川正夫譯 戦争と平和(一) 岩波文庫34-38 1927(昭和2),7.10  
松尾芭蕉/伊藤松宇校訂 芭蕉七部集 岩波文庫56-58 1927(昭和2),8.1  
幸田露伴 五重塔 岩波文庫59 1927(昭和2),7.10  
☆創刊版あり 正岡子規 病牀六尺 岩波文庫60-61 1927(昭和2),7.10  
☆創刊版あり ストリン トベルク/小宮豐隆譯 岩波文庫62 1927(昭和2),7.10  
☆創刊版あり 倉田百三 出家とその弟子 岩波文庫63-64 1927(昭和2),7.10  
☆創刊版あり チェーホフ/米川正夫譯 櫻の園 岩波文庫65 1927(昭和2),7.10  
☆創刊版あり 武者小路実篤 幸福者 岩波文庫66-67 1927(昭和2),7.10  
☆創刊版あり 國木田獨歩(国木田独歩) 號外 他六篇 岩波文庫68 1927(昭和2),7.10  
★創刊初版本あり ポアンカレ/田辺元譯 科學の價値 岩波文庫69-70 1927(昭和2),7.10
☆創刊版あり リッケルト/山内得立譯 認識の対象 岩波文庫71-73 1927(昭和2),7.10  
☆創刊版あり 小林一茶/荻原井泉水校訂 おらが春・我春集 岩波文庫74 1927(昭和2),7.10  
☆創刊版あり 北村透谷/島崎藤村編 北村透谷集 岩波文庫75-76 1927(昭和2),7.10  
レッシング/大庭米治郎譯 賢人ナータン 岩波文庫77-78 1927(昭和2),7.10  
☆創刊版あり ヴェデキント/野上豊一郎譯 春の目ざめ 岩波文庫79 1927(昭和2),8.1  
★創刊初版本あり 近松門左衛門/和田萬吉校訂 曾我會稽山・心中天の網島 岩波文庫81 1927(昭和2),8.1
☆創刊版あり トルストイ/米川正夫譯 闇の力 岩波文庫82 1927(昭和2),7.10  
☆創刊版あり 正岡子規 仰臥漫録 岩波文庫83-84 1927(昭和2),7.10  
★創刊初版本あり ポアンカレ/吉田洋一譯 科学と方法 岩波文庫85-87 1927(昭和2),9.5
★創刊初版本あり チェーホフ/米川正夫譯 伯父ワーニャ 岩波文庫88 1927(昭和2),7.10
☆創刊版あり トルストイ/米川正夫譯 生ける屍 岩波文庫89 1927(昭和2),7.10  
名著の森への道(朝日新聞「天声人語」)
 書店にもいろいろあるが、作家の丸谷才一さんは二つに分けている。岩波文庫を置いている店と、置いていない店と。「そして前者が上だと思っている」と、本紙掲載のコラムで述べている。▼その岩波文庫が、昭和2年の創刊から今月で満80年を迎えた。古今東西の名著を5433点、総数は3億5000万冊を超すというから、日本の「教養」を連綿と耕してきたと言える。▼年配の読書家には、書目分類の「五色の帯」が懐かしいだろう。緑の帯は日本文学、赤は外国文学、社会科学が白で、青は哲学や歴史、黄色は日本の古典である。五色を取り込んだ「読書人の一生」という戯れ歌を、文芸評論家の向井敏さんの随筆で知った。▼〈ゆめ見るひとみで緑帯/むすめざかりは赤い帯/朱にまじわって白い帯……行き着く先は黄色帯〉。つまり、多感なころは漱石や藤村、大人びてくれば翻訳小説、青年期にはマルクスにかぶれ……老境に入って「もののあはれ」に行き着く。来し方を重ね合わせて微苦笑の人もいることだろう。▼近ごろは、緑帯と赤帯の世代にケータイ小説の愛読者が急増中らしい。電話で配信される小説だ。素人ぽいのだが、人気作が本になるや次々と数十万部を売り、不況の出版業界を驚かせている。▼名作を読まないと嘆く声も聞こえるが、活字離れの一番深刻な「緑と赤」の世代である。まずは書物の世界を覗(のぞ)いてみることが大事だろう。若き日の丸谷さんも「片っ端から歩き回った」という名著の森への道が、ぽっかり口を開けているかもしれない。(2007.7.15朝日新聞「天声人語」全文)
ホームに戻る
4品切岩波文庫目次に戻る
前のページに戻る
ページのトップに戻る
★黒文字:在庫☆グレー文字:売切
ご注文へ進む
130701改訂、130729改訂、200703改訂、201223改訂
Copyright (C) 2013澤田 諭 All Rights Reserved.