ホームに戻る
4絶版岩波目次に戻る
前のページに戻る
★黒文字:在庫☆グレー文字:売切
ページの最後へ進む
次のページへ進む
ご注文へ進む

InterBook絶版文庫七つ森
4InterBook絶版岩波文庫の森

『岩波文庫』絶版の森(17)

海外著編者:マア、マカ、マサ、マタ、マナ、マハ、ママ、マヤ、マラ

岩波文庫(17)
在庫状況 著訳編者 表題 出版社/判型/体様 発行年/版/状態 構成/備考 価格(円)
初庫060326kb マイエル(マイヤー)/伊藤武雄譯 聖者 岩波文庫2086-2088、265p.(カバーなし) 1942(昭和17)初版良下、扉書込、ヤケ、シミ、折れ 解説訳者 1,000
  ☆マイヤーの歴史小説は彼の魂の中に巣喰った栄誉と権力との幻の客観化にあるが,その簡潔で力強い筆致は鮮かに事件を荘厳な絵巻物のように展開させ,事件そのものの内面的必然性より世界正義の基礎づけにまで高めている.
売切070311ib マイアーフェルスター/番匠谷英一譯 アルト ハイデルベルク 岩波文庫(創刊版)1137、菊判半截、152p.、パラフィンカバー、帯赤2207 1941(昭和16),9刷、良下、カバーイタミ、表紙シワ、ヤケ、シミ 跋訳者 800
売切070311mb マイヤー=フェルスター/丸山匠訳 アルト=ハイデルベルク 岩波文庫赤427-1、155p.、パラフィンカバー、帯 1988,3刷、良上、薄ヤケ 訳注、解説訳者 500
  ☆美しい大学都市ハイデルベルク.故国の陰気な城から解放され,一年間の留学生活をおくるべく由緒ある大学にやってきた若き皇太子ハインリヒは,愛くるしい娘ケーティに出会う.学生たちが青春を謳歌するなか,二人が経験する恋,別離,再会,そして…….つかのまの青春の哀歓を描いて,今もなお人気の高い戯曲.
初庫060625ib マキアヴェルリ/黒田正利譯 君主論 岩波文庫1206-1207、242p.(カバーなし) 1948(昭和23),6刷、良下、ヤケ強、シミ 訳者の序、索引 500
初庫070805ib マキアヴェッリ/黒田正利訳 岩波文庫1206-1207、186+4p.、パラフィンカバー、帯白34 1962改版22刷、良下、ヤケ強 附録、解説、索引 500
重庫070116ib 岩波文庫1206-1207、186+4p.(カバーなし)、帯白34 1967改版30刷、良、薄ヤケ 300
売切060822mb 岩波文庫白3-1、186+4p.、パラフィンカバー、帯 1984改版8刷、優 300
初庫061004ib マキアヴェッリ/河島英昭訳 岩波文庫白3-1、387+3p.、裸本 1999,4刷、良、表紙折れ、傍線 訳注、地図、解説、参考文献 100
重庫070715ib 岩波文庫白3-1、387+3p.、カバー 2005,12刷、優 100
  ☆ルネサンス期イタリアの政治的混乱を辛くも生きたマキアヴェッリ(1469-1527)は外交軍事の実経験と思索のすべてを傾けて、君主たるものが権力をいかに維持・伸長すべきかを説いた。人間と組織に切りこむその犀利な観察と分析は今日なお恐るべき有効性を保っている。
初庫070724ib マキアヴェルリ/大岩誠譯 マンドラゴラ 岩波文庫3895、120p.(カバーなし) 1949(昭和24)初版、良、ヤケ強、シミ 解説訳者 10,000
  ☆この短いが極めて多くの問題を含む喜劇は、マキアヴェルリがまだフィレンツェ市共和国の役人として活躍していた一五〇四年に、その市国で起った出来事を題材としている。マンドラゴラは薬用植物の名で、チョウセンアサガオの一種、古来、吐剤、下剤又は麻酔剤として地中海諸国で賞用されていた。この戯曲はイタリア国文学の最初の道を拓いた見事な散文として、「君主論」と並んで激賞されている。(「解説」より)
初庫061012ib マキアヴェルリ/大岩誠訳 フィレンツェ史(下) 岩波文庫5200-5202、314p.(カバーなし)、帯青220 1960初版良、背ヤケ、薄ヤケ   1,800
初庫061012ib 岩波文庫白3-3、314p.、カバー、帯(創刊70年記念復刊) 1997,3刷、優、美本 1,200
重庫061026ib マキアヴェルリ/大岩誠訳 フィレンツェ史(上) 岩波文庫白3-2、338p.、パラフィンカバー、帯 1989,2刷、優 訳者まえがき、訳語ノート 分売不可(1200)
重庫061026ib マキアヴェルリ/大岩誠訳 フィレンツェ史(下) 岩波文庫白3-3、314p.、パラフィンカバー、帯 1989,2刷、優   分売不可(1500)
重庫061026ib □マキアヴェルリ フィレンツェ史上下揃い 岩波文庫 2,700
  ☆歴史家としてのマキアヴェッリの代表作.このフィレンツェ都市国家の建設からロレンツオ・デ・メディチの死までの政治史の正確な叙述は,近代史学の発達に大きな寄与をなした.貴族,市民,平民の抗争を生きいきと描きつつ,法王制がイタリアの政治統一をいかに阻害したかを鋭く指摘,市民による国家統一を強調している.
重庫061010ib マキアヴェルリ/大岩誠訳 ローマ史論(一) 岩波文庫白3-4、246p.、裸本(リクエスト復刊) 1990,5刷、良、裏表紙汚れ   800
重庫061010ib マキアヴェルリ/大岩誠訳 ローマ史論(二) 岩波文庫白3-5、198p.、カバー(リクエスト復刊) 1990,5刷、優 カバー中野達彦 1,100
重庫061010ib マキアヴェルリ/大岩誠訳 ローマ史論(三) 岩波文庫白3-6、258+35p.、カバー(リクエスト復刊) 1990,4刷、優 カバー中野達彦、解説、索引 1,300
重庫061008ib マキアヴェルリ/大岩誠訳 ローマ史論(一) 岩波文庫白3-4、246p.、カバー(リクエスト復刊) 1990,5刷、優 カバー中野達彦 分売不可(1000)
重庫061008ib マキアヴェルリ/大岩誠訳 ローマ史論(二) 岩波文庫白3-5、198p.、カバー、帯(リクエスト復刊) 1990,5刷、優 カバー中野達彦 分売不可(1300)
重庫061008ib マキアヴェルリ/大岩誠訳 ローマ史論(三) 岩波文庫白3-6、258+35p.、カバー、帯(リクエスト復刊) 1990,4刷、優 カバー中野達彦、解説、索引 分売不可(1500)
重庫061008ib □マキアヴェルリ ローマ史論全3巻揃い 岩波文庫 3,800
重庫061008ib マキアヴェルリ/大岩誠訳 ローマ史論(一) 岩波文庫白3-4、246p.、カバー、帯(リクエスト復刊) 1996,6刷、優、美本 カバー中野達彦 分売不可(1200)
重庫061008ib マキアヴェルリ/大岩誠訳 ローマ史論(二) 岩波文庫白3-5、198p.、カバー、帯(リクエスト復刊) 1996,6刷、優、美本 カバー中野達彦 分売不可(1300)
重庫061008ib マキアヴェルリ/大岩誠訳 ローマ史論(三) 岩波文庫白3-6、258+35p.、カバー、帯(リクエスト復刊) 1996,5刷、優、美本 カバー中野達彦、解説、索引 分売不可(1500)
重庫061008ib □マキアヴェルリ ローマ史論全3巻揃い 岩波文庫 4,000
  ☆すべての道はローマに通ずる.ローマの歴史は世界の歴史である.マキアヴェッリ(1469‐1527)は本書によって自分の祖国たるローマに対する激しい思慕の情を吐露し,7つの丘を直接の故郷とする彼はその経験と観察とをティトゥス・リーウィウスの断簡の註釈に托し,眼の前に展開される16世紀ヨーロッパの政治活動を材料としながら彼の思想を展開した.
初庫081027ib マチエ/ねづまさし・市原豊太訳 フランス大革命(上)第一巻君主制の瓦解 岩波文庫青419-1、328+10p.(カバーなし)、帯 1978,19刷、良、ヤケ強 口絵、訳者の言葉、行政区画対照表、ブルボン王家の系図、地図、解説、索引 300
初庫061004ib マチエ/ねづまさし・市原豊太訳 フランス大革命(中)第二巻ジロンド派と山岳派 岩波文庫青419-2、310+12p.、カバー、帯(一括重版) 1997,20刷、良上、ヤケ カバー中野達彦、附図、年表、索引 300
初庫070805ib マチエ/ねづまさし・市原豊太訳 フランス大革命(下)第三巻恐怖政治時代 岩波文庫青419-3、338+18p.(カバーなし) 1977,14刷、良、扉記名、ヤケ 革命暦と西暦の対照表、追記ねづまさし、索引 400
初庫061004ib マチエ/ねづまさし・市原豊太訳 フランス大革命(上)第一巻君主制の瓦解 岩波文庫6010-6012、328+10p.(カバーなし)、帯青291 1968,9刷、良、ヤケ、シミ 口絵、訳者の言葉、行政区画対照表、ブルボン王家の系図、地図、解説、索引 分売不可(300)
初庫061004ib マチエ/ねづまさし・市原豊太訳 フランス大革命(中)第二巻ジロンド派と山岳派 岩波文庫6013-6015、310+12p.(カバーなし)、帯青292 1965,4刷、良、表紙傷、背ヤケ、小口シミ、ヤケ、シミ 附図、年表、索引 分売不可(400)
初庫061004ib マチエ/ねづまさし・市原豊太訳 フランス大革命(下)第三巻恐怖政治時代 岩波文庫6016-6019、338+18p.(カバーなし)、帯青293 1967,6刷、良、裏表紙輪ゴム痕、ヤケ 革命暦と西暦の対照表、追記ねづまさし、索引 分売不可(500)
初庫061004ib □マチエ フランス大革命上中下全3巻揃い 岩波文庫 1,200
  ☆フランス革命についてのすぐれた社会経済史的把握で知られる革命史の格好の概説書.フランスの歴史家マチエ(一八七四‐一九三二)は,フランス革命はブルジョア革命であるという従来の説を排し,貴族革命に始まり,ブルジョア革命を経て,民主政へ進む「複数革命」であると規定して独自な概観を試みる.フランス革命史研究の古典.
初庫070903ib マリヴォー/進藤誠一譯 愛と偶然との戯れ 岩波文庫(創刊版)1150、菊判半截、116p.(カバーなし)、帯赤2212 1938(昭和13),3刷、良、表2シール、扉蔵書印、シミ 口絵、解題 500
初庫070805ib 岩波文庫(創刊版)1150、菊判半截、116p.(カバーなし) 1940(昭和15),6刷、可、背傷み、扉加印、巻末蔵書印、ヤケ、シミ 300
初庫060228mb マリヴォー/進藤誠一訳 岩波文庫赤517-1、112p.、パラフィンカバー、帯 1982改版33刷、優 解題、改版にあたって訳者 300
  ☆喜劇作家としてのマリヴォーは十八世紀フランスの演劇史上,ボーマルシェとともに最大の地位にあり,ラシーヌ,ミュッセとともにフランスの三大恋愛詩人と称せられている.本篇は,結婚しようとする男女が期せずして召使に化け,相手を観察するという非現実的な前提のもとに恋愛心理の特殊な移り行きを描いたもの.一七三○年.
初庫061004ib マリヴォー/佐藤文樹訳 マリヤンヌの生涯(四) 岩波文庫赤517-5、305p.、パラフィンカバー、帯(リクエスト復刊)、売上カード 1988,2刷、良、帯スレ 解説 300
  ☆ボルドー行の車中追剥ぎに襲われ,赤児を残して乗客はみな殺しになった.村の司祭に育てられたマリヤンヌは,司祭兄妹の死後信心家で評判の老人の手に渡される.しかしその老人は実は好色漢であった.そのうえマリヤンヌの初恋の青年が好色爺の甥であったとは…….女性心理の分析家として屈指の作者の筆になる波瀾多き女の一生.
初庫061004ib カール・マルクス/長谷部文雄訳 賃労働と資本 岩波文庫90、89p.(カバーなし)、帯白5 1965改版28刷、良下、全面傍線、ヤケ強 訳者例言、改訳版のために、序言M,E,L,研究所、前書きエンゲルス、付録手稿「労賃」からの抜粋 300
初庫070116ib 岩波文庫90、89p.、パラフィンカバー、帯白5 1966改版30刷、良下、傍線、大ヤケ 300
初庫070317ib 岩波文庫90、89p.(カバーなし)、帯白5 1970改版37刷、良、ヤケ 300
初庫061004ib 岩波文庫白124-6、89p.(カバーなし)、帯白5 1975改版42刷、良、赤傍線、ヤケ 300
初庫070116ib 岩波文庫白124-6、89p.、パラフィンカバー、帯 1976改版43刷、良、ヤケ 100
初庫060726mb 岩波文庫白124-6、110p.、パラフィンカバー、帯 1983改版48刷、良上、袖テープ 100
  ☆労賃とは何か、労賃はいかにして決定されるか、という身近な問題から出発して価値法則を簡潔に説明し、剰余価値の成立を明らかにする。マルクスがこれを『新ライン新聞』に連載してから百数十年、資本制的搾取の仕組を暴露したこのパンフレットは世界各国の労働者に広く読みつがれてきた。主著『資本論』への最良の入門書。
初庫060509ib マルクス/河上肇・宮川實譯 資本論 第一巻第一分冊(第一篇第一章) 岩波文庫(創刊版)131、菊判半截、129p.(カバーなし) 1927(昭和2)初版、良下、表紙ヤケ、ノド割れ 邦訳への序言訳者 1,200
初庫071024ib カール・マルクス/エンゲルス編/向坂逸郎譯 カール・マルクス 資本論(二) 第一巻第二分冊 岩波文庫3643-3645、308p.(カバーなし) 1948初版、良、ヤケ、シミ 口絵、訳者あとがき 300
初庫070317ib カール・マルクス/エンゲルス編/向坂逸郎訳 カール・マルクス 資本論(五) 第二巻第一分冊 岩波文庫3653-3654、233p.(カバーなし)、帯白20 1951,2刷、良、ヤケ、シミ、折れ 口絵、序文エンゲルス 300
初庫060726nb マルクス/エンゲルス編/向坂逸郎訳 マルクス 資本論(一) 岩波文庫白125-1、307p.(カバーなし) 1983,17刷、良下、書込多数 各版序文 100
初庫060726nb マルクス/エンゲルス編/向坂逸郎訳 マルクス 資本論(二) 岩波文庫白125-2、536p.(カバーなし) 1983,18刷、良、書込多数   100
初庫060726nb マルクス/エンゲルス編/向坂逸郎訳 マルクス 資本論(三) 岩波文庫白125-3、433p.(カバーなし) 1986,20刷、良上、書込   200
初庫060726nb マルクス/エンゲルス編/向坂逸郎訳 マルクス 資本論(四) 岩波文庫白125-4、522p.、パラフィンカバー、帯 1985,17刷、良上、書込多数 序文エンゲルス 200
初庫071126ib マルクス/エンゲルス編/向坂逸郎訳 マルクス 資本論(七) 岩波文庫7083-7087、458p.、パラフィンカバー、帯白210 1973,5刷、良上、経年変化   300
  ☆マルクスが自ら生涯の事業と呼んだ『資本論』.レーニンが“現世紀最大の政治経済学上の著作”と呼んだように,近代資本主義社会の経済的運動法則を徹底的に究明して,経済学を“革命”し,また人間社会に対する見解に完全な変革をもたらして,社会主義を科学的軌道に乗せた不朽の名著.ディーツ版による改訳.
初庫070116ib カール・マルクス/長谷部文雄譯 賃銀・價格および利潤(賃銀・価格および利潤) 岩波文庫212、113p.(カバーなし) 1948(昭和23,5刷、良下、大ヤケ、シミ 訳者例言、改訳版のために、ドイツ語版ヘの序言M.E.L.研究所、付録国際労働者協会の決議、人名の説明 500
初庫061004ib カール・マルクス/長谷部文雄訳 賃銀・価格および利潤 岩波文庫212、99p.(カバーなし)、帯白4 1960改版25刷、良、扉蔵書印、ヤケ 300
初庫070317ib 1966改版32刷、良、ヤケ 300
初庫061004ib 岩波文庫白124-8、122p.(カバーなし)、帯白4 1975改版41刷、良、赤傍線、ヤケ 100
初庫060726mb 岩波文庫白124-8、122p.、パラフィンカバー、帯 1983改版47刷、優、袖テープ 100
  ☆一八六五年の第一インター中央委員会での講演.一般的な賃金引き上げは無益であり,労働組合は有害だとする一委員の主張に逐一反駁を加えたあと,マルクスは自己の構築した経済学に基づいて経済闘争と政治闘争の関係,労働組合の使命などについて積極的な主張を展開する.主著『資本論』への最善の,そうして最も平易な入門書.
初庫071024ib マルクス/木下半治譯 フランスに於ける内亂(フランスに於ける内乱) 岩波文庫(創刊版)1184-1185、菊判半截、284p.(カバーなし) 1935(昭和10)初版良、表3記名、大ヤケ、シミ 訳者序、エンゲルスの緒言、エンゲルスの序文の若干の点についてシャルル・ロンゲ、附録(パリ・コミューン資料文書集) 1,200
初庫061004ib 岩波文庫4675-4677、332p.(カバーなし)、帯白107 1952初版良、ヤケ、シミ 口絵、訳者序、改訂のことば、エンゲルスの序文、エンゲルスの序文の若干の点について、附録、解題 1,000
  ☆附録:パリ・コミューン資料文書集、パリ・コミューン資料文書集補遺訳者編☆世界史上最初のプロレタリア権力の出現である1871年のパリ・コミューンは,果敢な闘争ののち,ついに悲惨な終結をみなければならなかった.その直後,国際労働者協会の中心的指導者として活躍したマルクスが,これに綿密な分析を加え,力強くその歴史的意義を弁護したのが本書である.特にプロレタリア革命と国家の理論は重要.
初庫061004ib マルクス/西雅雄譯 マルクス ゴータ綱領批判 岩波文庫3858、125p.(カバーなし)、帯白10 1959,9刷、良、表3記名、傍線、大ヤケ、シミ 訳者序、エンゲルスの序文、エンゲルスの手紙より、附録国際労働者協会の創立宣言および仮規約  800
初庫070116ib マルクス/西雅雄訳 岩波文庫3858、125p.、パラフィンカバー、帯白10 1968,17刷、良、ヤケ 800
売切210203mb マルクス/望月清司訳 岩波文庫白126-4、230p.、パラフィンカバー(断裂)、帯 1983,7刷、良上、袖テープ はしがき訳者、付録、関連年表、訳者解説 500
  ☆マルクスが,過去の革命や闘争の経験を総括して,「共産党宣言」ほかで展開した自らの国家論をさらに発展させたマルクス主義国家論の古典.社会主義革命とプロレタリアートの独裁,資本主義から共産主義への過渡期におけるふたつの段階,社会主義段階での生産と分配,完全な共産主義社会の基本的特徴など,一連の思想が定式的に記述されている.
初庫070805ib カール・マルクス/木下半治・浅野晃譯 哲學の貧困(哲学の貧困) 岩波文庫(創刊版)638-640、菊判半截、306p.(カバーなし) 1930(昭和5)初版、良下、背イタミ・ヤケ、扉蔵書印、書込、ヤケ、シミ 訳者はしがき、改訳者のことば、附録 800
  ☆附録:カール・マルクスの観たるプルードン、マルクスの著作「経済学批判」ベルリン・一八五九年、自由貿易に関する説
初庫060726mb カール・マルクス/山村喬譯 哲学の貧困 岩波文庫4114-4116、298+17p.、パラフィンカバー、帯白50 1951,2刷、良下、扉蔵書印、大ヤケ、シミ、日付書込 訳者序、附録、訳者註、解題訳者、事項索引、人名索引 500
初庫061004ib 岩波文庫4114-4116、298+17p.(カバーなし)、帯白50 1951,2刷、良下、大ヤケ、シミ 300
初庫061004ib 1958,6刷、良下、表3記名、大ヤケ、シミ 300
初庫060509ib カール・マルクス/山村喬訳 岩波文庫4114-4116、313+17p.(カバーなし) 1960,7刷、良下、背大ヤケ、扉蔵書印、書込、ヤケ、シミ、折れ 訳者序、訳者註、解題訳者、マルクスによる訂正に就いて、事項・人名索引 100
初庫060726mb 岩波文庫白124-4、313+17p.、パラフィンカバー、帯 1983,26刷、優、袖テープ 訳者序、附録、訳者註、解題訳者、事項索引、人名索引 100
  ☆フランスの無政府主義者プルードンの「貧困の哲学」に対抗して書かれ,その小ブルジョア的空想的社会主義に痛烈な批判を加えた本書は,価値,貨幣からはじめて,分業,競争,地代,労働問題に及び,労働価値説に立脚してマルクス経済学説の礎石を築いたもの.ついで刊行された「共産党宣言」「経済学批判」の素描ともいいうる.
初庫060726mb カール・マルクス/城塚登訳 ユダヤ人問題によせて・ヘーゲル法哲学批判序説 岩波文庫白124-1、189p.、パラフィンカバー、帯 1984,13刷、良上、袖テープ 一八四三年の交換書簡、訳注、訳者解説 300
  ☆この二つの論文は,ヘーゲル左派に属していた若きマルクスが,フォイエルバッハの宗教批判をこえて,マルクス自身の立場に到達し,『経哲草稿』さらには『資本論』への道をきり拓いた画期的著作である.市民社会をこそ問わねばならぬとして,批判の正面におき,かれの「人間的解放」の思想を鮮やかに力強く展開する.
初庫060726mb カール・マルクス/城塚登・田中吉六訳 経済学・哲学草稿 岩波文庫白124-2、311p.、パラフィンカバー、帯 1983,22刷、良、袖テープ、赤傍線、ヤケ 凡例、訳注、訳者解説 300
  ☆マルクスが初めて市民社会の根底たる資本主義経済に鋭いメスを加え,真の人間解放の道を明らかにしようとした研究の草稿である.後に『資本論』に見事に結実する若きマルクスの鋭い問題意識と洞察に貫かれた本書は,マルクスを研究する上に欠くことのできない文献である.詳細な注釈および解説を付す.
重庫080131ib マルクス/伊藤新一・北条元一訳 ルイ・ボナパルトのブリュメール十八日 岩波文庫5277-5278、236p.(カバーなし)、帯白130 1967,14刷、良、表紙シール痕、ヤケ、シミ、折れ はしがき訳者、補遺、訳註、年表、解説 2,000
重庫090209ib 岩波文庫5277-5278、236p.、パラフィンカバー、帯白130 1974,19刷、良、薄ヤケ 2,200
売切070530mb 岩波文庫白124-7、236p.、パラフィンカバー、帯 1983,28刷、良上、袖テープ 1,800
  ☆一八四八年二月,普通選挙権の公布,労働の権利宣言など未来への輝かしい約束をもって発足したフランス第二共和制は,ルイ・ボナパルトのクーデターにより一夜にして崩れ去った.大革命以来あれほど民主主義的伝統の強いこの国でどうしてこのような事態が起りえたか?マルクスの歴史描写はこの事件の深い根を鋭く分析する.
売切210203mb マルクス/武田隆夫・遠藤湘吉・大内力、加藤俊彦訳 マルクス 経済学批判 岩波文庫白125-0、364+38p.、パラフィンカバー(断裂)、帯 1984,30刷、良上、袖テープ、赤傍線 凡例、附録、解説、索引(文献、人名、事項) 300
  ☆『資本論』『共産党宣言』とならんでマルクスの代表的著作のひとつ.マルクスは序説でその方法論を組織的に述べ,本文では価値,貨幣に関する理論の歴史が,一種の経済学説を形づくりながら展開される.『資本論』読解の手引きとされているこの書は,訳者の共同研究によってここにはじめて文体の平明と用語の厳密を備えるに至った.
初庫061004ib マルクス、エンゲルス/大内兵衛・向坂逸郎譯 共産黨宣言(共産党宣言) 岩波文庫4428、111p.(カバーなし)、帯白84 1954,7刷、良、背ヤケ、扉蔵書印、書込、ヤケ強、シミ、帯傷み 凡例、各版序文、校註、一八八八年英語版との対照、解説 300
初庫060810ib マルクス、エンゲルス/大内兵衛・向坂逸郎訳 共産党宣言 岩波文庫4428、111p.(カバーなし) 1960,17刷、良下、背ヤケ、扉蔵書印、書込、ヤケ強、シミ 100
初庫060726mb 岩波文庫白124-5、116p.、パラフィンカバー、帯 1984改訳47刷、良、袖テープ 100
  ☆「今日までのあらゆる社会の歴史は階級闘争の歴史である」という有名な句に始まるこの宣言は、階級闘争におけるプロレタリアートの役割を明らかにしたマルクス主義の基本文献。マルクス(1818-83)とエンゲルス(1820-95)が1847年に起草、翌年の二月革命直前に発表以来、あらゆるプロレタリア運動の指針となった歴史的文書である。
初庫070805ib マルクス、エンゲルス/武田隆夫訳 革命と反革命 岩波文庫5338-5339、232p.(カバーなし) 1959,5刷、良下、背褪せ、扉加印、ヤケ強 凡例、訳註、解説 500
初庫070116ib 岩波文庫5338-5339、232p.、パラフィンカバー、帯白28 1967,13刷、良、ヤケ 800
重庫061004ib マルクス、エンゲルス/古在由重譯 ドイツ・イデオロギー 岩波文庫5548-5550、281+15p.(カバーなし)、帯 1958,5刷、良、表3記名、傍線・書込、大ヤケ、シミ 訳者序文、附録、訳註、解説、人名索引、事項索引 500
重庫070317ib マルクス、エンゲルス/古在由重訳 岩波文庫5548-5550、281+15p.(カバーなし) 1961,9刷、可、背傷み、傍線・書込、ヤケ強、折れ 300
売切060924mb 岩波文庫白124-3、279+14p.、パラフィンカバー、帯 1984改版34刷、良上、袖テープ 300
  ☆近代化へと身悶えするドイツで、「近代」の夢と失望を哲学的に先取りしたヘーゲル左派。その運動を自己批判を込めて総括した若きマルクスとエンゲルスは、本書で「近代」のパラダイムを超える世界観を定礎した。
売切091128ib マルクス、エンゲルス/大内力編訳 マルクス・エンゲルス 農業論集 岩波文庫7527-7528、212p.、パラフィンカバー、帯白227 1973,2刷、良上、薄ヤケ はしがき、解説 500
  ☆マルクスとエンゲルスが農業および農民について述べた主要な論文9編を収めた。いずれも小品ながら示唆に富む重要なものである。☆収録作品:エンゲルス/イギリス穀物法の歴史、イギリス農業労働者のストライキ、アメリカの食料と土地問題、マルク、プロイセン農民の歴史、フランスおよびドイツにおける農民問題、マルクス/ロシアにおける農民解放について、土地国有について、 ヴェ・イ・ザスーリチの手紙への回答
売切060924mb マルクス、エンゲルス/向坂逸郎訳 資本論綱要 他四篇 岩波文庫白124-9、327p.、パラフィンカバー、帯 1983,28刷、良上、袖テープ、赤傍線 はしがき訳者 1,000
  ☆収録作品:「資本論」第一巻綱要(エンゲルス)、「資本論」第一巻について(エンゲルス)、「資本論」断片(マルクス)、「資本論」第三巻について(エンゲルス)、「経済学批判」について(エンゲルス)☆「資本論」を紹介あるいは解説するのに,エンゲルスの筆になった本書(第1巻綱要と第3巻補遺を収める)以上に適当な書物はあるまい.「内容の平易化でなく,その詳細な独創的叙述」とレーニンが評価したように,これは「資本論」の内容をもっとも正確かつ簡潔に解説紹介したものとして,その根本的研究のために必読の書である.
売切080802ib マルサス/楠井隆三・東嘉生譯 穀物條例論(穀物条例論)・地代論 岩波文庫(創刊版)2545-2546、菊判半截、200p.(カバーなし) 1940(昭和15)初版、良、ヤケ、シミ 訳者序文、解説 1,500
重庫091202ib 岩波文庫2545-2546、200p.(カバーなし) 1942(昭和17),2刷、良上、小口シミ、折れ、巻末シール痕 1,000
  ☆1815年に始まるいわゆる穀物法論争──穀物条例の改廃と穀物価格の騰貴をめぐってマルサスとリカードとの間に取り交わされたこの論争こそ、当時の地主階級と資本家階級との対立を示すものであり、その後の地代論展開の重要な一契機となった。本書に展開されるマルサスの意見は現代保護貿易政策にもひとつの暗示を与えよう。
初庫060430kb マルサス/小林時三郎訳 経済学原理(上) 岩波文庫白107-2、354p.(カバーなし) 1977,8刷、良、背ヤケ、ヤケ 訳者序文、凡例 300
  ☆マルサスというと,人はすぐに「人口論」を思い浮べる.その方ばかり有名で,経済学者としてはリカードの陰に隠れた格好の彼だったが,近年,ケインズの高い評価を受けて脚光を浴び,近代経済学との関連で新たに見直されることになった.その思想と学説との接点を見すえるためにも,本書をじっくり読む必要があるだろう.
  ギルバァト・マレィ 希臘宗教發展の五段階(希臘宗教発展の五段階、ギリシャ宗教発展の五段階) 岩波文庫
初庫070116ib エクトル・マロ/津田穣譯 家なき娘(アン・ファミーユ)(上) 岩波文庫2763-2764、199p.(カバーなし) 1943(昭和16)初版、可、表紙劣化、背傷み(判読不能)、扉加印、ヤケ、シミ 解説訳者 分売不可
初庫070116ib エクトル・マロ/津田穣譯 家なき娘(アン・ファミーユ)(下) 岩波文庫2765-2767、282p.(カバーなし) 1943(昭和16)初版、可、表紙劣化、背傷み(判読不能)、ヤケ、シミ   分売不可
初庫070116ib □エクトル・マロ 家なき娘(アン・ファミーユ)上下揃い 岩波文庫 1,500
  ☆「家なき児」最終章の幸福な家庭を主題としてこれを展開しよう,という動機で書かれた作品.父を亡くし,病気の母もやがて倒れ,貧しさとさまざまな苦難に襲われるなか,楽しい家庭の再建を夢見,不屈の意志で愛と幸福を手に入れる可憐な少女ペリーヌの物語.
初庫060625ib トオマス・マン(トーマス・マン)/実吉捷郎訳 改訳 トオマス・マン短篇集(トーマス・マン短篇集)2 幸福への意志・神童他十篇 岩波文庫1194-1195、238p.(カバーなし) 1970,18刷、良、ヤケ強 訳者あとがき 300
ホームに戻る
4絶版岩波目次に戻る
前のページに戻る
ページのトップに戻る
★黒文字:在庫☆グレー文字:売切
次のページへ進む
ご注文へ進む
070317改訂、070522改訂、071025改訂、131222改訂、201223改訂、210203改訂
Copyright (C) 2013澤田 諭 All Rights Reserved.