★黒文字:在庫☆グレー文字:売切

InterBook絶版七つ森
4InterBook絶版岩波文庫の森

『岩波文庫』絶版の森(19)-3

海外著編者:レ、

岩波文庫(19) -3岩波書店1927昭和2年創刊
在庫状況 著訳編者 表題 出版社/判型/体様 発行年/版/状態 構成/備考 価格(円)
初庫060301mb レスコーフ/木村彰一訳 魅せられた旅人 岩波文庫赤639-1、314p.、パラフィンカバー、帯 1983,2刷、優、袖テープ 口絵、ゴーリキー「レスコーフ論」、注、訳者あとがき 300
☆19世紀ロシア作家中,レスコーフ(1831‐1895)ほどみごとにあらゆる階層のロシア民衆を描きえた人はいない.本書は彼の創作力がもっとも旺盛だった70年代前半の傑作で,主人公自らに幼時から老年にいたるまでの放浪の「悲喜劇」を語らせつつ,その矛盾にみちた複雑な個性をあざやかに浮彫りにする.巻末にゴーリキイ「レスコーフ論」を付す.
列子 列子 岩波文庫
売切100709mb レッシング/篠田英雄訳 賢人ナータン 岩波文庫赤404-2、236p.、パラフィンカバー、帯 1985,8刷、優、薄ヤケ、袖テープ 訳注、解説訳者 300
☆18世紀中葉のドイツ文学において啓蒙主義を完成したレッシングの代表作.12世紀末のエルサレムを舞台として,ユダヤ教,イスラム教,キリスト教の3宗教融合帰一の途を,巧みな筋立てのうちに示す劇詩である.分別を超えた心の最深底から流露する真と善とが,全体の高い気品とあいまって,読者に深い感銘を与えるであろう.
初庫070317ib レーニン/佐野文雄譯 唯物論と經驗批判論(唯物論と経験批判論)(上) 岩波文庫(創刊版)657-658、菊判半截、210p.(カバーなし) 1930(昭和5)初版、良下、背大ヤケ(判読困難)、ヤケ、シミ、折れ 例言、『唯物論と経験批判論』の歴史のためにデボーリン、註解 800
初庫070317ib レーニン/宇高基輔訳 帝国主義 岩波文庫5644-5645、242p.(カバーなし) 1959,5刷、良下、表3記名、巻末シール痕、ヤケ 口絵、凡例、付録、訳註、解説、人名索引 100
初庫060509ib 1960,7刷、良下、扉蔵書印、ヤケ強 100
初庫070116ib 岩波文庫5644-5645、242p.、パラフィンカバー、帯白146 1966,15刷、良下、傍線・書込、ヤケ強、シミ 300
初庫060728mb 岩波文庫白134-1、231+10p.、パラフィンカバー、帯 1984,31刷、良上、袖テープ、赤傍線 100
☆レーニン(一八七〇―一九二四)は,マルクスの理論をうけつぎ,資本主義の独占的段階が帝国主義であると規定した.金融資本と金融寡頭制,資本の輸出,寄生性と資本主義の腐朽化,列強諸国による世界の分割などの問題が,豊富な資料にもとづいて平易に語られている.本書は,現代世界を把握するための重要な古典としての価値をもつ.
初庫061009ib レーニン/宇高基輔訳 国家と革命 岩波文庫5838-5839、181+49p.(カバーなし)、帯白158 1961,6刷、良、扉蔵書印、ヤケ、シミ 凡例、訳註、解説、索引(事項、人名、年代順、引用文献) 500
初庫070116ib 岩波文庫5838-5839、181+49p.、パラフィンカバー、帯白158 1966,11刷、良下、傍線、大ヤケ、シミ 500
初庫061105ib 岩波文庫白134-2、181+49p.、パラフィンカバー(断裂)、帯 1979,27刷、良、ヤケ強 300
売切090107mb 岩波文庫白134-2、181+49p.、パラフィンカバー、帯 1983,30刷、良上、袖テープ 300
☆十月革命の直前にレーニンが発表したマルクス主義国家論の代表作.唯物史観にもとづき,国家の歴史的役割とその階級的本質を解明し,資本主義国家を分析批判して,プロレタリアートは革命に際して既成の国家機構を暴力的に粉砕し,新しいプロレタリアート独裁の国家を樹立しなければならないことを明らかにした.
重庫090109ib レーニン/松村一人訳 レーニン 哲学ノート 第一分冊 岩波文庫5592-5594、298p.(カバーなし)、帯青255 1959,5刷、良、鉛筆書込、ヤケ強、折れ 訳者のまえがき、註、解説 1,200
売切081116ib 岩波文庫5592-5594、298p.、パラフィンカバー、帯青255 1956初版、良下、ヤケ強、ヌレ 1,500
初庫061009ib レーニン/松村一人訳 レーニン 哲学ノート 第二分冊 岩波文庫5595-5596、246p.(カバーなし)、帯青256 1969,12刷、良、ヤケ、シミ、折れ 訳者のまえがき、註、解説 1,500
☆ヘーゲルその他の哲学書の要点を書き抜き,レーニン(一八七〇‐一九二四)自身の考え,コメントを記した思索ノート.レーニンが哲学思想をどのように批判的に摂取していったか,とりわけ「対立物の統一」に弁証法の核心・真髄を見出し,ここから弁証法的唯物論を発展させていくことを構想するにいたった思考の軌跡が端的に示されている.
売切070525mb レーニン/粟田賢三訳 カール・マルクス 他十八篇 岩波文庫白134-3、361p.、パラフィンカバー、帯 1983,12刷、良上、袖テープ 訳者序、訳注 500
☆マルクスおよびマルクス主義について簡潔,明快に叙述した論文「カール・マルクス」とエンゲルスの死を追悼した論文「フリードリヒ・エンゲルス」とを中心に,さまざまな角度からマルクス主義とは何であり,また何でないかを明らかにした論文十九編.いずれも短いながら豊かな内容を含む重要論文である.
初庫060728ib レーニン/中野重治訳 レーニンのゴオリキーへの手紙 岩波文庫白134-9、148p.、パラフィンカバー、帯 1987,4刷、優 訳者はしがき、序カメーネフ、註 500
☆ドイツ語訳からの重訳.1908年から1913年まで,労働者運動の最も苦しい,最も圧迫された時代に書かれた34通.偉大な芸術家として,また芸術の言葉という自分とは異なる武器で共同の敵と戦う戦友として,興味と愛着を寄せていた友人ゴーリキーへの手紙には,政治指導者ではなく,人間レーニンの顔があらわれている.
初庫060728ib レーニン/山本敏訳 ロシアにおける資本主義の発展(上) 岩波文庫白135-0、364p.、パラフィンカバー、帯 1978初版良、ヤケ 凡例、編注、訳注 分売不可
初庫060728ib レーニン/山本敏訳 ロシアにおける資本主義の発展(中) 岩波文庫白135-1、311+9p.、パラフィンカバー、帯 1981初版良上、経年変化 編注、訳注、付録 分売不可
初庫060728ib レーニン/山本敏訳 ロシアにおける資本主義の発展(下) 岩波文庫白135-2、318+4p.、パラフィンカバー、帯 1981初版良上、経年変化 付録、人名一覧、研究年譜、編注、訳注、訳者あとがき、『資本論』邦訳ページ対照表 分売不可
初庫060728ib □レーニン ロシアにおける資本主義の発展上中下全3巻揃い 岩波文庫 2,000
☆農奴制撤廃後30年余,ロシア資本主義のための国内市場がいかに形成されたかを,厖大な統計的材料の批判的加工によって具体的に分析し,前革命期ロシアの社会的=経済的構造を解明したレーニン(1870‐1924)の大著.特に革命的階級闘争におけるプロレタリアートの指導的役割と農民層の2重の役割に関して,明白な解答を与えようとしたことは重要である.
デュ・ボア・レーモン 自然認識の限界について・宇宙の七つの謎 岩波文庫
初庫060625ib レールモントフ/中村白葉譯 現代のヒーロー(現代の英雄) 岩波文庫315-316、238p.(カバーなし) 1948(昭和23),3刷、良、ヤケ 訳者序、原著序、解題訳者 500
初庫060301mb レールモントフ/中村融訳 現代の英雄 岩波文庫赤607-1、293p.、パラフィンカバー 1981初版良上、袖テープ 訳者まえがき、解説訳者 300
☆十二月党の蜂起が敗北に終ったあとロシアは厳しい反動の季節をむかえる.作者は時代の重圧にうめく十九世紀三十年代の知識人たちの姿を,行動と懐疑の間にひきさかれた一人の男ペチョーリンに形象化した.英雄とは,時代の犠牲者に他ならない.二十七歳にして決闘でたおれた反逆詩人のもっとも完成度の高い散文作品.
老子 老子 岩波文庫
初庫081027ib 老舎/立間祥介訳 駱駝祥子 らくだのシアンツ 岩波文庫赤31-1、408p.(カバーなし)、帯 1980初版、良上、ヤケ 解説訳者 1,000
☆筋骨たくましい人力車夫,祥子青年は来る日も来る日も北平(北京)中をひた走りに走る.そう,彼には「理想」があったのだ,何としても自前の車を手に入れたいという.こうして三年,刻苦勉励はみごとに報われた.けれども――.きっすいの北京っ子老舎(一八九九―一九六六)が,裏町の住人たちの悲喜哀歓を心をこめて描く.
売切080308ib 魯迅/佐藤春夫・増田渉譯 魯迅選集 岩波文庫(創刊版)1179-1180、菊判半截、278p.(カバーなし) 1935(昭和10)初版、良、扉他加印・蔵書印・数字印、ヤケ、シミ、巻末目録記名・シール痕、別パラフィン紙表紙貼付 口絵、附魯迅伝 1,500
売切091213ib 岩波文庫1179-1180、278p.(カバーなし) 1941(昭和16),9刷、良、ヤケ、シミ、折れ 1,200
☆収録作品:孔乙己、風波、故郷、阿Q正伝、家鴨の喜劇、石鹸、高先生、孤独者、藤野先生、魏晋の時代相と文学、上海文芸の一瞥☆漢詩の訳詩集「車塵集」を刊行するなど中国文学に造詣の深い佐藤春夫が、彼の紹介で内山完造を通じて魯迅の知己を得、魯迅に1年間にわたって中国文学の講義を聞くという貴重な体験をもつ中国文学者増田渉の協力を得て、敬愛する魯迅の作品11篇を選んだ珠玉のアンソロジー。「魯迅伝」を附す。
初庫070805ib 魯迅/増田渉譯 支那小説史(上) 岩波文庫2886-2888、278p.(カバーなし)、帯赤2564 1941(昭和16)初版良上、ヤケ、シミ 訳者の言葉 分売不可(1200)
初庫060509ib 魯迅/増田渉譯 支那小説史(下) 岩波文庫2889-2891、306p.(カバーなし) 1942(昭和17)初版、良下、ヤケ強、シミ 注釈、訳者補注 分売不可(1200)
初庫070805ib □魯迅 支那小説史上下揃い 岩波文庫 2,400
初庫081027ib 魯迅/竹内好訳 野草 岩波文庫赤25-1、108p.(カバーなし)、帯 1978,10刷、良、ヤケ 解説、年譜 300
☆『秋夜』『影の告別』『このような戦士』他二十一篇は様々なスタイルの短文から成るが,作者自身散文詩であるという.「絶望は虚妄だ,希望がそうであるように」.一九二○年代の苦しく困難な時期に魯迅はこのように書き記した.訳者は死の直前まで精魂こめて魯迅の改訳にあたった.本作品を魯迅文学の精髄として最も重くみる.
初庫060219mb 魯迅/竹内好訳 阿Q正伝・狂人日記 他十二篇(吶喊) 岩波文庫赤25-2、248p.、パラフィンカバー 1982,改版34刷、良、袖テープ、カバーイタミ 自序、訳注、「『吶喊』について」訳者 100
☆魯迅が中国社会の救い難い病根と感じたもの、それは儒教を媒介とする封建社会であった。狂人の異常心理を通してその力を描く「狂人日記」。阿Qはその病根を作りまたその中で殺される人間である。こうしたやりきれない暗さの自覚から中国の新しい歩みは始まった。
初庫081027ib 魯迅/松枝茂夫訳 朝花夕拾 岩波文庫赤25-3、130p.(カバーなし)、帯 1976,4刷、良、ヤケ 解説 500
☆社会革命運動の高揚に伴う激しい弾圧の中で,不安定な心境にいた魯迅が思い出に託して書いた自伝的回想記.悲憤と諧謔をまじえた魯迅一流の文章を知るに好個のもの.『犬・猫・鼠』『阿長と山海経』『二十四孝図』『五猖会』『無常』『百草園より三味書屋へ』『父の病気』『瑣記』『藤野先生』『范愛農』の十篇より成る.
初庫081027ib 魯迅/竹内好訳 故事新編 岩波文庫赤25-4、214p.(カバーなし)、帯 1979初版、良、ヤケ 訳注、解説、「魯迅とロマンティシズム」武田泰淳 500
☆恐らくは一生魯迅の意中を駆け廻ったに違いない痛罵や皮肉や悲しみを,中国の神話・伝説・史書からの題材に仮託して書かれたもの.「天を補修する話」「わらびを採る話」「剣を鍛える話」他五篇より成る.喜劇的諷刺的内容の濃いこれらの昔物語は,また我々にも,時に深刻な,時ににやりとした感情を催させずにはおかない.
初庫081027ib エドモン・ロスタン/辰野隆・鈴木信太郎訳 シラノ・ド・ベルジュラック 岩波文庫赤563-1、324p.(カバーなし)、帯 1983,38刷改版、良、ヤケ 口絵、解説訳者 300
初庫060301mb 岩波文庫赤563-1、324p.、パラフィンカバー、帯 1983,38刷改版、良上、袖テープ 300
初庫070116ib 1985,改版39刷、優、カバーイタミ 300
☆シラノは学者で詩人で軍人で,おまけに天下無双の剣客だが美男とは言いかねる大鼻の持主.この豪傑が「考えまいと思うそばから,あの命取りの美しさ」と秘かに想いをかける従妹に,あろうことか同僚の色男から仲をとりもって欲しいと頼まれる…….十七世紀の実在の人物シラノはロスタンの劇化でフランス一の人気者となった.
初庫061009ib ロダン/高村光太郎訳/鷹だ博厚・菊池一雄編 ロダンの言葉抄 岩波文庫青554-1、420p.(カバーなし)、帯、売上カード 1978,20刷、良上、経年変化 口絵・挿絵13葉、解説、年表、挿絵目次 300
☆「彫刻を掘りあてるために,私は全力をつくし,できる限りのことをした」と語ったロダン(一八四〇‐一九一七)には自ら書いた文章は少ない.本書は,高村光太郎が折にふれて訳出したロダンの談話筆録を編集し,詳細な注と全作品年表とを付して,ロダン研究の基礎的な資料となるよう配慮したもの.別刷、挿絵を多数おさめた.
売切061216ib ピエル・ロチ/野上豐一郎譯 お菊さん(マダム・クリザンテエム) 岩波文庫(創刊版)505-506、菊判半截、222p.(カバーなし) 1929(昭和4)初版、良下、表紙ノド裂け、背・天・地・角イタミ・ヤケ、ヤケ、シミ リシュリウ公爵夫人に、「ピエル・ロチと日本」訳者 1,500
初庫060810ib 岩波文庫(創刊版)505-506、菊判半截、243p.(カバーなし) 1940(昭和15),13刷、良下、表紙クタビレ、ヤケ、シミ 1,200
☆作者が海軍士官として初めて日本に来て,長崎の郊外で可憐な少女オキクサンと退屈な一夏を過した時の日記体の小説.気の毒なムスメお菊さんが青ざめた人形のように取扱われているこの小説は,本質において日本文化の批判であり,結果において外国人が日本的なるものを理解することがいかに困難であるかの告白である.
重庫081124ib ピエル・ロティ/津田穰譯 ロティの結婚 岩波文庫(創刊版)1587-1588、菊判半截、288p.(カバーなし) 1937(昭和12)初版、良下、背・ノドテープ補修、表3記名、ヤケ、シミ、折れ 訳者あとがき 2,500
売切080623ib 岩波文庫(創刊版)1587-1588、菊判半截、288p.、パラフィンカバー、帯赤2332 1939(昭和14),3刷、優、シミ 2,500
売切081120ib 岩波文庫(創刊版)1587-1588、菊判半截、288p.(カバーなし) 1940(昭和15),4刷、優、背天小イタミ、小口小シミ 2,000
重庫080303ib 岩波文庫1587-1588、288p.(カバーなし) 1941(昭和16),5刷、良下、表紙劣化、ヤケ、シミ、折れ 1,800
☆ ロチの出世作。海軍兵学校に入学した彼は、その後海軍士官として世界各地を航行、訪れた地の風物と異国女性との交渉を描いた異国情緒あふれる作品を遺した。子どものころからのあこがれの地タヒチに滞在したのは1872年、南海タヒチの風光と官能美にあふれた作品。
初庫080228ib ピエル・ロチ/吉永清訳 氷島の漁夫 岩波文庫赤546-1、304p.(カバーなし) 1978初版、優 訳者あとがき 800
☆19世紀末の北仏ブルターニュの漁村.せつない長年の誤解もとけ,想い想われる男と女が結ばれてわずか6日のち,氷島(アイスランド)近海へと出漁していった夫は,ふたたび生きて帰ることがなかった…….大海に生きる人びとの苛酷な宿命を,印象派の画家をおもわせるタッチで描きあげた19世紀フランス文学の名作.
初庫080308ib ピエール・ロティ/新庄嘉章訳 ラムンチョ 岩波文庫赤546-5、256p.、カバー 1993,3刷、優 カバー中野達彦/挿画内澤旬子、訳者あとがき 800
☆スペインの国境に近い,深い山あいの一寒村を舞台とした物語.混血の私生児ラムンチョはプロット競技の名選手として人びとに愛されている.復員した彼を絶望せしめたのは,待っているはずの恋人が修道院に入れられていたことだった.悲しみのあまり彼は南米へさすらいにゆく.詩人ロチの特徴が最もよくあらわれた作品.
ロック 岩波文庫 ロック作品
重庫130917ib イグナチオ・デ・ロヨラ/門脇佳吉訳・解説 霊操 岩波文庫青820-1、300+4p.、カバー 1995初版、優 カバーカット著者署名、口絵、凡例、解題門脇佳吉、訳者あとがき、参考文献 4,000
重庫130910ib 2000,4刷、優 3,000
☆健全な身体を作り整えるために行うのが体操なら,魂を活性化させ神の意志との直接的な接触をめざすのが霊操である.イエズス会の創始者イグナチオ・デ・ロヨラ(一四九一頃―一五五六)が,自らの神体験を基に著した,実践的かつ詳細な霊操指南の書.自由と主体性を重んずるこの近代的な修行システムは,現代も多くの人々に実践されている.
初庫060509ib ロマン・ロラン/片山敏彦訳譯 愛と死との戲れ(愛と死との戯れ) 岩波文庫(創刊版)116、菊判半截、140p.(カバーなし) 1941(昭和16),17刷、良下、ヤケ、シミ 訳者の後書き 500
初庫060301mb ロマン・ロラン/片山敏彦訳 愛と死との戯れ 岩波文庫赤555-9、120p.、パラフィンカバー、帯 1987改版43刷、良上、経年変化 訳者あとがき 100
☆一七九四年のパリ.首に賞金をかけられ,追跡を受けるジロンド党員ヴァレーは,死ぬ前に今一度と命を賭して恋人ソフィーの家に現れた.彼女は革命議会会員ジェロームの妻.愛が勝つか死が勝つか,ヴァレー,ソフィー,そしてジェロームのあいだに劇的葛藤が始まる.ロマン・ロランの作品中,最も高い完成度をほこる戯曲.
初庫070116ib ロマン・ローラン/豊島与志雄訳 ジャン・クリストフ(一) 岩波文庫1113-1115、345p.(カバーなし) 1962,21刷、良、背ヤケ、ヤケ強、シミ 序訳者、改訳について 100
初庫070116ib ロマン・ローラン/豊島与志雄訳 ジャン・クリストフ(二) 岩波文庫1116-1117、220p.(カバーなし) 1963,23刷、良、背ヤケ、ヤケ強   200
初庫070116ib ロマン・ローラン/豊島与志雄訳 ジャン・クリストフ(三) 岩波文庫1118-1120、334p.(カバーなし) 1963,22刷、良、背ヤケ、ヤケ強、折れ   200
初庫060430kb ロマン・ローラン/豊島与志雄訳 ジャン・クリストフ(四) 岩波文庫1121-1122a、285p.(カバーなし) 1961,18刷、良、背ヤケ、大ヤケ   300
初庫070116ib 1963,20刷、良、背ヤケ、大ヤケ 300
初庫060509ib 岩波文庫1121-1122a、270p.(カバーなし)、帯赤626 1968改版22刷、良、ヤケ 400
初庫060430kb ロマン・ローラン/豊島与志雄訳 ジャン・クリストフ(五) 岩波文庫1123-1125、385p.(カバーなし) 1961,17刷、良下、大ヤケ   300
初庫070116ib 1962,19刷、良下、背ヤケ、大ヤケ 300
初庫060509ib 岩波文庫1123-1125a、371p.(カバーなし)、帯赤627 1967,20刷、改版良、経年変化 400
初庫060430kb ロマン・ローラン/豊島与志雄訳 ジャン・クリストフ(六) 岩波文庫1126-1127、250p.(カバーなし) 1961,17刷、良、大ヤケ   400
初庫060509ib 岩波文庫1126-1127、245p.(カバーなし)、帯赤628 1967,20刷、改版良上、経年変化 500
初庫060430kb ロマン・ローラン/豊島与志雄訳 ジャン・クリストフ(七) 岩波文庫1128-1129、274p.(カバーなし) 1961,16刷、良、背ヤケ、大ヤケ   400
初庫060509ib 岩波文庫1128-1129a、258p.(カバーなし)、帯赤629 1967,19刷、改版良上、経年変化 500
初庫081027ib ロマン・ローラン/豊島与志雄訳 ジャン・クリストフ(二) 岩波文庫赤555-2、216p.(カバーなし)、帯 1982,改版42刷、良、ヤケ   200
初庫081027ib ロマン・ローラン/豊島与志雄訳 ジャン・クリストフ(三) 岩波文庫赤555-3、368p.(カバーなし)、帯 1980,改版38刷、良、ヤケ   200
初庫081027ib ロマン・ローラン/豊島与志雄訳 ジャン・クリストフ(四) 岩波文庫赤555-4、270p.(カバーなし)、帯 1981,改版35刷、良、ヤケ   300
初庫081027ib ロマン・ローラン/豊島与志雄訳 ジャン・クリストフ(五) 岩波文庫赤555-5、372p.(カバーなし)、帯 1980,改版33刷、良、ヤケ   300
初庫081027ib ロマン・ローラン/豊島与志雄訳 ジャン・クリストフ(六) 岩波文庫赤555-6、246p.(カバーなし)、帯 1981,改版32刷、良、ヤケ   400
初庫081027ib ロマン・ローラン/豊島与志雄訳 ジャン・クリストフ(七) 岩波文庫赤555-7、258p.(カバーなし)、帯 1975,改版27刷、良、ヤケ   400
初庫070210ib ロマン・ローラン/豊島与志雄訳 ジャン・クリストフ(八) 岩波文庫赤555-8、263p.(カバーなし) 1975改版28刷、良、経年変化 後記訳者 300
初庫081027ib 岩波文庫赤555-7、264p.(カバーなし)、帯 1981,改版32刷、良、ヤケ 400
初庫081027ib ロマン・ローラン/豐島与志雄譯 ジャン・クリストフ(一)(全四冊) 岩波文庫赤555-1、540p.、カバー 1986改版初版、良、ヤケ、ヨレ 序、改訳について 300
初庫070210ib ロマン・ローラン/豐島与志雄譯 ジャン・クリストフ(一) 岩波文庫(創刊版)1113-1115、菊判半截、345p.(カバーなし) 1940(昭和15)8刷、良下、裏表紙汚れ、背書込、ヤケ、シミ、折れ 序、改訳について 分売不可(300)
初庫060509ib ロマン・ローラン/豐島与志雄譯 ジャン・クリストフ(二) 岩波文庫(創刊版)1116-1117、菊判半截、220p.(カバーなし) 1938(昭和13)5刷、良、背ヤケ、シミ   分売不可(400)
初庫060509ib ロマン・ローラン/豐島与志雄譯 ジャン・クリストフ(三) 岩波文庫(創刊版)1118-1120、菊判半截、334p.(カバーなし) 1938(昭和13)5刷、良、シミ   分売不可(400)
初庫070128ib ロマン・ローラン/豐島与志雄譯 ジャン・クリストフ(四) 岩波文庫(創刊版)1121-1122、菊判半截、285p.(カバーなし) 1940(昭和15),7刷、可、背傷み、扉他加印・蔵書印・数字印、ヤケ、シミ、折れ、表3シール   分売不可(500)
初庫070128ib ロマン・ローラン/豐島与志雄譯 ジャン・クリストフ(五) 岩波文庫(創刊版)1123-1125、菊判半截、385p.、パラフィンカバー 1940(昭和15),7刷、良下、背半剥離、扉他加印・蔵書印・数字印、ヤケ、シミ、表3シール   分売不可(500)
初庫070128ib ロマン・ローラン/豐島与志雄譯 ジャン・クリストフ(六) 岩波文庫(創刊版)1126-1127、菊判半截、250p.、パラフィンカバー 1939(昭和14),6刷、良、扉他加印・蔵書印・数字印、ヤケ、シミ、折れ、目録遊離、表3シール   分売不可(600)
初庫070128ib ロマン・ローラン/豐島与志雄譯 ジャン・クリストフ(七) 岩波文庫(創刊版)1128-1129、菊判半截、274p.、パラフィンカバー 1939(昭和14),6刷、可、表紙遊離、扉他加印・蔵書印・数字印、ヤケ、シミ、折れ、目録遊離、表3シール   分売不可(600)
初庫070128ib ロマン・ローラン/豐島与志雄譯 ジャン・クリストフ(八) 岩波文庫(創刊版)1130-1131、菊判半截、279p.、パラフィンカバー 1939(昭和14),6刷、良、扉他加印・蔵書印・数字印、ヤケ、シミ、表3シール 後記訳者 分売不可(600)
初庫070210ib □ロマン・ローラン ジャン・クリストフ全8巻揃い 岩波文庫(創刊版) 3,900
☆ライン河畔の貧しい音楽一家に生れた主人公ジャン・クリストフは,人間として,芸術家として,不屈の気魄をもって,生涯,真実を追求しつづける.この,傷つきつつも闘うことを決してやめない人間像は,時代と国境をこえて,人びとに勇気と指針を与えてきた.偉大なヒューマニスト作家ロマン・ローランの不朽の名作.
初庫060625ib ロマン・ロラン/片山敏彦譯 ベートーヴェンの生涯 岩波文庫(創刊版)1842-1843、224p.(カバーなし) 1939(昭和14),2刷、良下、貼紙圧着、扉記名、書込、ヤケ、シミ 口絵・綴込写真、凡例、原注、附録、文献、訳者解説 500
初庫070708ib 1940(昭和15),3刷、良下、背大ヤケ(判読不能)、ヤケ強 500
初庫060301mb ロマン・ロラン/片山敏彦訳 岩波文庫1842-1843、200p.(カバーなし) 1966改版19刷、良下、蔵書印、赤傍線、ヤケ 300
☆少年時代からベートーヴェンの音楽を生活の友とし,その生き方を自らの生の戦いの中で支えとしてきたロマン・ロラン(一八六六―一九四四)によるベートーヴェン賛歌.二十世紀の初頭にあって,来るべき大戦の予感の中で,自らの理想精神が抑圧されているのを感じていた世代にとってもまた,彼の音楽は解放のことばであった.
初庫090517ib ロマン・ロラン/蛯原徳夫譯 ミレー 岩波文庫(創刊版)2110-2112、菊判半截、164p.(カバーなし)、帯青3197 1941(昭和16),3刷、良、ヤケ、シミ 口絵、あとがき 800
☆小説家ロラン(一八六六‐一九四四)によるミレー伝.人生の悲しみをありのままにみつめ,人間と自然に対する愛情を描いた画家ミレー.ロランはミレー自身の言葉を豊富に引用しながら,深い共感をもってその本質を解明してゆく.ロランの芸術観をうかがいうる貴重な文献であるとともに,ミレーの評価を決定した歴史的名著.
初庫070128ib ロマン・ロラン/宮本正清譯 魅せられたる魂(三) 母と子(前) 岩波文庫(創刊版)2522-2524、菊判半截、284p.、パラフィンカバー 1941(昭和16)初版、良、扉他加印・蔵書印・数字印、ヤケ、シミ   500
初庫060509ib ロマン・ロラン/宮本正清訳 改訳 魅せられたる魂(十)予告する者(承前) 二出産 岩波文庫赤555-0、199p.(カバーなし)、帯 1985,24刷、優   300
初庫060301mb ロマン・ロラン/宮本正清訳 改訳 魅せられたる魂(一) アンネットとシルヴィ 岩波文庫赤554-1、283p.、パラフィンカバー 1982,33刷、良、袖テープ、カバーイタミ 凡例、新版への序、序注、第一版への序、訳者あとがき 分売不可
☆裕福な家庭に育ったアンネットは、父の死後、異母妹シルヴィを知り、親しくなる。一方、破産を宣言され、恋人ロジェとも別れる。そして、彼との間に生れたマルクの母としてのたたかいの日が始まる。一次大戦前後のパリに生きる一人の女性を描く大河小説。
初庫060301mb ロマン・ロラン/宮本正清訳 改訳 魅せられたる魂(二)夏(上) 岩波文庫赤554-2、220p.、パラフィンカバー 1983,33刷、良、袖テープ   分売不可
☆最愛の息子にも母の熱烈な愛は理解されない。第一次世界大戦が始まり、アンネットは男子中学の教師として地方へ。母の愛情と権威への屈服を拒むマルクは、不安、恐怖、汚辱の巷パリに残る。一方、シルヴィは娘を不慮の事故で、夫を戦争で失う。
初庫060301mb ロマン・ロラン/宮本正清訳 改訳 魅せられたる魂(三)夏(下) 岩波文庫赤554-3、229p.、パラフィンカバー 1983,29刷、良、袖テープ、ヤケ   分売不可
☆愛しながら傷つけあっていた母と子は、遠くはなれてかえって互いの真の姿を発見する。戦争は終わり、マルクは勉学に革命運動に全力をあげてつきすすみ、アンネットは戦後の頽廃と混乱の中で生活の資を得るために奔走する。
初庫060301mb ロマン・ロラン/宮本正清訳 改訳 魅せられたる魂(四)母と子(上) 岩波文庫赤554-4、283p.、パラフィンカバー 1983,27刷、良、袖テープ   分売不可
☆アンネットは一新聞社の社長秘書となり資本主義下の政治・経済社会の虚偽を知るが、マルクは母親の仕事に反感を持ち一時遠ざかる。亡命ロシア人の娘アーシャと結婚したマルクは、ふとした妻の過ちから別居したものの、再び強く結ばれ、反ファシズム活動へ。
初庫060301mb ロマン・ロラン/宮本正清訳 改訳 魅せられたる魂(五)母と子(下) 岩波文庫赤554-5、208p.、パラフィンカバー 1982,26刷、良、袖テープ、ヤケ   分売不可
☆家族とともに旅立ったマルクは、イタリアで暴漢に襲われた老人を救おうとして殺される。アンネットは息子と同じ道を進む決心をして悲しみの底から立ち上がる。…現代の女性の生き方にも大きな示唆を与えるロマン・ロラン(1866-1944)不朽の名作。
初庫060301mb ロマン・ロラン/宮本正清訳 改訳 魅せられたる魂(六)予告する者 一ひとつの世界の死 岩波文庫赤554-6、220p.、パラフィンカバー 1982,24刷、良、袖テープ   分売不可
初庫060301mb ロマン・ロラン/宮本正清訳 改訳 魅せられたる魂(七)予告する者(承前) 一ひとつの世界の死 岩波文庫赤554-7、220p.、パラフィンカバー 1983,24刷、良、袖テープ、カバーイタミ   分売不可
初庫060301mb ロマン・ロラン/宮本正清訳 改訳 魅せられたる魂(八)予告する者 二出産 岩波文庫赤554-8、314p.、パラフィンカバー 1982,23刷、良、袖テープ   分売不可
初庫060301mb ロマン・ロラン/宮本正清訳 改訳 魅せられたる魂(九)予告する者(承前) 二出産 岩波文庫赤554-9、206p.、パラフィンカバー 1982,23刷、良、袖テープ   分売不可
初庫060301mb ロマン・ロラン/宮本正清訳 改訳 魅せられたる魂(十)予告する者(承前) 二出産 岩波文庫赤555-0、199p.、パラフィンカバー 1982,22刷、良、袖テープ   分売不可
初庫060301mb □ロマン・ロラン 改訳魅せられたる魂全10巻揃い 岩波文庫 3,500
☆第一次世界大戦前後のヨーロッパ,そこに生き,苦悩し,新しい光を求めてすすんでゆく一人の女性アンネットの愛と自由を描くロマン・ロラン(一八六六―一九四四)の大河小説.異母妹シルヴィ,息子マルクとの関係を軸に,社会・政治・恋愛等の問題が語られ,現代の女性の生き方にも示唆を与える不朽の名作.『ジャン・クリストフ』の姉妹篇.
初庫081027ib ロマン・ロラン/高田博厚譯 ミケランジェロの生涯 岩波文庫6579-6580、214p.(カバーなし)、帯 1969,8刷、良、ヤケ強 口絵8p.、原注、訳注、「ロマンロランと『ミケランジェロ』について」訳者 500
☆ミケランジェロとベートーヴェンは,ロランの眼に全く対極的な二つの宿命と映じたが,彼はそのいずれをも限りなく愛した.本書には,性格上の欠陥と天才力との相剋する,美しくも苦悩に満ちたミケランジェロの生涯に対する畏敬の念が深く刻まれている.引続く幾多の作品を貫くロランの倫理の芽生えを我々はここに見出す.
初庫060509ib ロレンス/本多顕彰訳 改訳 息子たちと恋人たち(上) 岩波文庫2011-2013、277p.(カバーなし)、帯赤1121 1971,9刷、良、経年変化   300
初庫070116ib ロングフェロウ(ロングフェロー)/齋藤悦子譯 哀詩 エヴァンジェリン 岩波文庫(創刊版)700、菊判半截179 p.(カバーなし) 1938(昭和13),10刷、可、背傷み(判読困難)、扉蔵書印・シール、ヤケ、シミ 口絵3p.、はしがき齋藤博(訳者兄)、解題 800
☆美しくてやさしい娘エヴァンジェリンは村の若者と婚約するが,軍の移住命令でふたりはひきさかれてしまう.恋人の行方をたずねて放浪した末にめぐり会ったとき,男は死の床にあった――この悲しい物語の中に歌われた熱烈な愛,貞節,豊かな情趣と敬虔な信仰とは,人の心を清め,人間の尊さに対する人の信念を高めずにはいない.詩人ロングフェロー(1807‐1882)の代表作.
ロンゴス ダフニスとクロエー 岩波文庫赤112-1
初庫070116ib ジャック・ロンドン/岩田欣三訳 荒野の呼び声 岩波文庫5313、134p.、パラフィンカバー、帯赤823 1973,24刷、良上、ヤケ 解説 500
初庫060301mb 岩波文庫赤315-1、134p.、パラフィンカバー、帯 1983,32刷、良上、袖テープ 300
初庫081027ib 岩波文庫赤315-1、134p.、カバー 1985,34刷、優 100
☆陽光の降りそそぐ南国の広大な屋敷で生れ育ったセントバーナード犬の子バックは,突然,鞭と棍棒に追われ,アラスカの氷原で屈辱的な労働を強いられることになる.苛酷な労働と生死をかけた闘争の中で,バックは次第に野性に目覚めてゆく.全篇を貫く強烈な反抗精神と自由への憧れが読者を魅了する,ロンドン(1876-1916)の出世作.
★黒文字:在庫☆グレー文字:売切
070317改訂、070522改訂、071027改訂、130831改訂、201223改訂
Copyright (C) 2013澤田 諭 All Rights Reserved.