★黒文字:在庫☆グレー文字:売切

InterBook絶版七つ森
4InterBook絶版岩波文庫の森

『岩波文庫』絶版の森(7)

国内著編者:ま、

岩波文庫(7) 岩波書店1927昭和2年創刊 平福百穂装丁
在庫状況 著訳編者 表題 出版社/判型/体裁 発行年/版/状態 構成/備考 価格(円)
正岡子規 岩波文庫 正岡子規作品
初庫070104ib 正宗白鳥 生まざりしならば(人さまざま併収) 岩波文庫(創刊版)275、菊判半截、117p.(カバーなし) 1928(昭和3)初版、良下、表紙劣化、ヤケ、シミ   800
初庫061011ib 岩波文庫275、117p.、パラフィンカバー、帯緑69 1950,14刷、良、ヤケ強、シミ 300
初庫061102ib 正宗白鳥 入江のほとり(微光併収) 岩波文庫(創刊版)318、菊判半截、112p.(カバーなし) 1928(昭和3)初版、良下、背ヤケ・イタミ、ヤケ、シミ、折れ   800
  ☆瀬戸内海の入江のほとりにある大きな旧家のおのおの性格の違った多くの兄弟の生活を描きながら,人間性の内奥を冷厳な目で探ろうとした「入江のほとり」.恋のため家をすてて上京したお国が,甘い恋の夢も破れ,ついに妾生活に落ちぶれるが,昔の夢を捨てきれないという「微光」.ともに自然主義文学の代表作といわれる.
  松江重頼撰 毛吹草 岩波文庫3304-3308
  松尾芭蕉 岩波文庫 松尾芭蕉作品
初庫 070713ib 松原岩五郎 最暗黒の東京 岩波文庫青174-1、202p.、カバー、帯(ノンフィクションの世界100) 1988初版、良、折れ 口絵、挿絵久保田金僊、注・解説立花雄一 500
  ☆明治中期の東京下層民の生活実態を克明に記録したルポルタージュ.二葉亭四迷の影響で下層社会の探訪を始めた著者(一八六六‐一九三五)が,貧民街に潜入,職業を転々としながら,木賃宿の実情や日雇人夫・見世物師・車夫等の暮らしぶりを描き出したもので,横山源之助『日本の下層社会』とならぶ明治記録文学の傑作.
  真山青果 岩波文庫真山青果作品
初庫070803ib 三浦周行/朝尾直弘編 大阪と堺 岩波文庫青166-1、265+9p.(カバーなし)、帯 1984初版、優 凡例、図版一覧、校注、解説、略年表、索引 300
  ☆法制史・日本史研究に巨大な足跡を残す三浦周行(一八七一‐一九三一)の手になる都市研究の古典.都市自治に焦点をあてた「中世の大阪」(一九二五)をはじめ,「堺港」等収録された五篇の論文は,いずれも現実の関心を先取りし,鋭い歴史的感覚にささえられた上方文化論でもある.中・近世の大阪と堺を概観できるユニークな書.図版多数.
  三浦梅園 三浦梅園集 岩波文庫
初庫070104ib 水上瀧太郎 大阪の宿 岩波文庫3098-3101、251p.(カバーなし) 1943(昭和18)初版、良、裏表紙折れ、扉蔵書印、奥付日付印、ヤケ 解説平松幹夫 500
  ☆荷風主幹の「三田文学」にロマン派の作家として登場した滝太郎(1887‐1940)は,またサラリーマンでもあった.正義派で鋭い批判精神と暖かい心情をもった主人公三田は作者自身であり,きっすいのリベラリストのもっともよき典型といわれている.友人の田原,芸者のうわばみなど多彩の人物を配し,大正末期の大阪の風俗が生きいきと写し出されている.
初庫081030ib 南方熊楠 十二支考(上) 岩波文庫青139-1、458p.、カバー 1994初版、良上、薄ヤケ   分売不可
初庫081030ib 南方熊楠 十二支考(下) 岩波文庫青139-2、406p.、カバー 1994初版、優 解説宮田登 分売不可
初庫081030ib □南方熊楠 十二支考上下揃い 岩波文庫 1,000
  ☆虎.馬.犬.鶏.十二支の動物はいずれも人間と深い関わりを持ち,人類の歴史とともに成長して,説話となって私たちの生活と結びついている.これらの動物について,古今東西の典籍を渉猟し尽くした著者(一八六七―一九四一)が,年の始めに蘊蓄を傾けた結果が本書である.奔放な語り口で自在に繰り広げられる知の饗宴.
  源実朝 金槐和歌集 岩波文庫
初庫070104ib 宮崎安貞編録/貝原楽軒刪補/土屋喬雄校訂 農業全書 岩波文庫(創刊版)1256-1258、菊判半截、376p.(カバーなし) 1940(昭和15),4刷、良、背ヤケ、表3イタミ、扉蔵書印 宮崎安貞傳、挿絵写真、解説、校訂者凡例 1,500
初庫070803ib 岩波文庫1256-1258、376p.(カバーなし)、帯(創刊50年記念復刊) 1977,7刷、良、表紙折れ 1,200
初庫081030ib 岩波文庫青33-1、376p.(カバーなし)、帯(リクエスト復刊) 1988,8刷、優 口絵、宮崎安貞傳、挿絵写真、解説、校訂者凡例 1,000
  ☆天和から元禄にかけて農書というものがいくつか現われはじめたが,中でも宮崎安貞(1623‐1697)の本書は地方的性格を脱した本格的農書として群を抜く.諸国での見聞を実地にこころみること40年,中国の農政全書を手本に農民の技術向上をねがってまとめあげられた.自給生産から商品生産へと転換する時代の要請にも合致し,ひろく世に迎えられた.
  宮沢賢治 宮沢賢治詩集 岩波文庫4125-4127
売切100722kb 宮沢賢治/谷川徹三編 童話集 風の又三郎 他十八篇 岩波文庫4213-4215、334p.(カバーなし) 1961,18刷、良下、背ヤケ、蔵書印、ヤケ強 解説編者 100
  ☆故郷の土と、世界に対する絶えざる新鮮な驚きの中から生まれた賢治の童話は、どの作品もそれぞれに不思議な魅力をたたえている。ここには「風の又三郎」をはじめ、ふるさとの山や川に深く結ばれた作品を中心に19篇を収めた。
売切100722nb 宮沢賢治/谷川徹三編 童話集 銀河鉄道の夜 他十四篇 岩波文庫4367-4369、326p.(カバーなし) 1971改版25刷、良、経年変化 解説編者 100
  ☆宮沢賢治(1896-1933)の童話はその詩とともにきわめて特異なものである。「あなたのすきとおったほんとうのたべもの」になることを念じて書かれた心象的なこの童話の一つ一つは、故郷の土と、世界に対する絶えざる新鮮な驚きのなかから生まれたものである。どの1篇もそれぞれに不思議な魅力をたたえた傑作ぞろい。
  宮地維宣編 歎涕和歌集 岩波文庫3219-3220
重庫081030ib 宮本常一 忘れられた日本人 岩波文庫青164-1、334p.、カバー 1984,3刷、良、ヤケ 凡例、注田村善次郎、解説網野善彦 300
売切060824mb 1990,15刷、優 300
  ☆昭和14年以来、日本全国をくまなく歩き、各地の民間伝承を克明に調査した著者(1907-81)が、文化を築き支えてきた伝承者=老人達がどのような環境に生きてきたかを、古老たち自身の語るライフヒストリーをまじえて生き生きと描く。辺境の地で黙々と生きる日本人の存在を歴史の舞台にうかびあがらせた宮本民俗学の代表作。
重庫070803ib 宮本常一 家郷の訓(かきょうのおしえ) 岩波文庫青164-2、280+6p.、パラフィンカバー、帯 1984初版、良上、ヌレ 凡例、注田村善次郎、解説原ひろ子、索引 800
重庫070104ib 岩波文庫青164-2、280+6p.(カバーなし)、帯 1984,2刷、良上、薄ヤケ 500
  ☆著者の故郷である山口県大島の明治末から大正にかけての暮しの中に,子どもの躾のありようを描いた出色の生活誌.『忘れられた日本人』をはじめ多くの優れた業績を遺した宮本民俗学の原点を示す書であり,子ども・民俗・教育を考える人への格好の贈り物.故郷の風土を克明に描いた「私のふるさと」を併収.
初庫060216mb 宮本百合子 二つの庭 岩波文庫緑78-4、263p.、パラフィンカバー、帯 1986,6刷、優 「『二つの庭』について」なかのしげはる 300
  ☆「伸子」以後20年の歳月を経て書かれたその続篇.すでに「伸子」の世界から脱出し,社会的自覚の上に立つ主人公は,独立した一個の婦人として友人素子のもとで作家生活を営む.本篇はこの伸子たちの生活と生家佐々家の半封建的な雰囲気とを対照させ,新しい人間,社会に対する積極的な抱負をもって書かれた野心的作品である.
向井去来・服部土芳 去来抄・三冊子・旅寝論 岩波文庫1916-1917
初庫070301ib 武者小路実篤 幸福者 岩波文庫(創刊版)66-67、菊判半截、193p.(カバーなし) 1938(昭和13),12刷、良、扉蔵書印、ヤケ、シミ、折れ、ヨレ、シール 後書き 1,000
初庫070202ib 岩波文庫66-67、193p.(カバーなし) 1973,40刷、良、ヤケ強 800
  ☆大正八年「新しき村」を建設して一世を衝動せしめた作者が、当時の理想と情熱をもっともよく伝えたのがこの作品である。弟子が師を語るという形で描かれているが、その師は作者の理想とする人間像で、キリストをほうふつとさせる。作者の思想的芸術的完熟の頂点を示しており、大正期文学の最高傑作のひとつといわれている。
初庫060430kb 武者小路実篤 お目出たき人 世間知らず 岩波文庫5282-5283、225p.(カバーなし) 1961,10刷、良、背ヤケ、蔵書印、傍線、ヤケ強 序、附AよりC子に、解説中川孝 300
  ☆故郷の土と、世界に対する絶えざる新鮮な驚きの中から生まれた賢治の童話は、どの作品もそれぞれに不思議な魅力をたたえている。ここには「風の又三郎」をはじめ、ふるさとの山や川に深く結ばれた作品を中心に19篇を収めた。
初庫081030ib 武者小路実篤 友情 岩波文庫緑50-4、134p.(カバーなし)、帯 1982,改版57刷、良上、薄ヤケ、表紙折れ あと書き、解説河盛好蔵 100
  ☆主人公野島とその親友大宮の友情と恋愛-青春時代のあらゆる魂の問題がこの2つのテーマをめぐって展開されるこの作品は,武者小路実篤(1885-1976)の数多い作品の中でも,とりわけ多くの若い読者に愛読されてきた.身につまされる思いで読み進んだ経験のある読者も多いであろう永遠の青春小説.
初庫060505ib 無住一圓/筑土鈴寛校訂 沙石集(上) 岩波文庫3146-3149、380p.(カバーなし) 1943(昭和18)初版、良下、ヤケ 解説、校異 500
  ☆無住(1226‐1312)の著した説話集10巻.弘安2年に書きはじめられた.元来通俗を旨とした信仰勧化の書であるが,八宗綱要的に諸教の大意を理解させるところが巧みで,効果は完全に遂げられている.その点の魅力がまた,沙石集を弘く流布させた.著者は勧化の実際的効果を期している一方,いかにもその話そのものを楽しんでいるのである.
初庫060822ib 無着成恭編 山びこ学校 岩波文庫青199-1、368p.、カバー、帯 1995初版良上、帯背ヤケ、折れ さしえ箕田源二郎、作者紹介、あとがき・新版あとがき無着成恭、解説国分一太郎、文庫版あとがき無着成恭 300
  「本のはじめに」坪田譲治、「この本を読んでくれる全国のお友達へ」山元中学校二年生一同、「答辞」佐藤藤三郎、「『山びこ学校』は歴史を創る」鶴見和子☆ほんものの教育をしたいという願いから、社会科を手がかりにして、生活綴方の指導をおこなった山形県山元村中学校の教師、無着成恭(1927-)が、その成果をまとめた詩・作文集(1951年刊)。いまなお読む者の心を強く打たずにはおかない克明でひたむきな生活記録。戦後の教育に大きな影響を与えた。
初庫070218ib 睦奥宗光 蹇蹇録 岩波文庫(創刊版)936-937、菊判半截、300p.(カバーなし) 1934(昭和9),3刷、良下、背イタミ・ヤケ、扉蔵書印、ヤケ、シミ、シール 口絵、緒言 1,000
初庫070803ib 岩波文庫936-937a、324p.(カバーなし)、帯青371 1963改版14刷、良、ヤケ強、シミ 800
初庫081030ib 岩波文庫青114-1、324p.(カバーなし) 1974,改版21刷、良、ヤケ 300
初庫081030ib 岩波文庫青114-1、324p.(カバーなし)、帯 1978,改版26刷、優 500
  ☆日清戦争当時の外務大臣,陸奥宗光(一八八四‐九七)の外交回顧録.日清戦争に際し,国際政治の動向を透徹した眼で洞察し,卓越した識見を以て外交にあたった宗光の姿を彷彿とさせる名著.諸刊本の異同を綿密に校訂,推敲に推敲を重ねたといわれる本書の成立事情が初めて明らかにされた.書名は,「蹇蹇匪躬」という『易経』の言葉による.
  宗良親王 李花集 岩波文庫2712-2713
売切171013ib

(紫式部/)池田龜鑑校訂

紫式部日記 岩波文庫(創刊版)642、菊判半截、114p.(カバーなし) 1934(昭和9),2刷、良、表紙ムラヤケ、ヤケ、シミ 解説、凡例、校訂者云 800
初庫070104ib (紫式部/)池田亀鑑・秋山虔校注 紫式部日記 岩波文庫6697、102p.(カバーなし)、帯37 1965,2刷、良、ヤケ強、折れ 凡例、補注、系図、付記 500
  ☆紫式部が中宮彰子に仕えた期間のうち寛弘五(一○○八)年七月から約一年半にわたる日記と消息文から成る.道長邸の生活,彰子の出産,正月の節会など大小の見聞が,式部独特の鋭敏な感覚を通して記録されている.自他の人間を見すえてたじろぐことのなかった『源氏物語』の作者の複雑な内面生活をうかがい知るうえからも貴重な文献.
初庫060504ib 紫式部/山岸徳平校注 源氏物語(一) 岩波文庫6722-6725、436p.(カバーなし)、帯黄128 1972,10刷、良下、ヤケ 凡例、注 100
初庫060504ib 紫式部/山岸徳平校注 源氏物語(二) 岩波文庫黄15-2、414p.(カバーなし)、帯 1977,14刷、良、経年変化 凡例、注 100
  ☆主人公源氏の胸中に深く刻まれた継母藤壺への思慕を出発点として,栄光と寂寞の生涯を辿った四四帖.そして息子薫の世界を描く宇治十帖.始発から終末まで七十年余の時代を追うこの物語には王朝文化の粋が結集され,後世に絶大な影響を与えた.三条西実隆筆青表紙証本を底本とし,複雑な文脈を解きほぐす注を施す.
初庫070104ib 室鳩巣 駿臺雜話(駿台雑話) 岩波文庫(創刊版)
室生犀星自選 室生犀星詩集 岩波文庫5484-5485
明治天皇 明治天皇御集全 宮内省藏版 岩波文庫1660-1661
売切120121ib 本居宣長/村岡典嗣校訂 玉勝間(上) 岩波文庫(創刊版)1000-1002、菊判半截、396p.(カバーなし) 1941(昭和16),6刷、良下、表紙蔵書印、背傷み、ヤケ、シミ 解説校訂者 1,000
売切120121ib 本居宣長/村岡典嗣校訂 玉勝間(下) 岩波文庫1003-1004a、330p.(カバーなし)、帯黄109 1970,9刷、良、ヤケ、ヨレ 目録、後書、索引(分類項目、書名、人名)、「本居宣長と玉勝間」家永三郎 1,000
売切070722ib 本居宣長/村岡典嗣校訂 玉勝間(上) 岩波文庫1000-1002、396p.(カバーなし) 1943(昭和18),7刷、良下、ノドイタミ、扉押印、ヤケ、シミ 解説校訂者 分売不可(800)
売切070722ib 本居宣長/村岡典嗣校訂 玉勝間(下) 岩波文庫1003-1004、321p.(カバーなし) 1943(昭和18),6刷、良下、表4名印・シール、扉虫食、ヤケ強、シミ 目録、後書、索引(分類項目、書名、人名) 分売不可(1000)
売切070722ib □本居宣長 玉勝間上下揃い 岩波文庫 1,800
  ☆学殖ゆたかな著者が,その円熟期に達して随処に得た広汎な学術的資料を蒐録した書であるとともに,人間として深い自覚に到達した際の,学者的真摯さを示した得難い手記である.その表現は要をえて簡潔,近世随筆の白眉たるは勿論,近年擡頭し来たった日本思想史研究に対して,種々の問題を提起する.
初庫070109ib 本居宣長/村岡典嗣校訂 直毘霊・玉鉾百首 岩波文庫1324、129p.(カバーなし) 1943(昭和18),6刷、良下、背劣化、ヤケ、シミ 解説、附載本末歌 800
  ☆「古事記」の研究を通じて,儒教や仏教で説く道はただ人智による理屈にすぎず,「古事記」などの日本の古典にこそ真の道が備わっているとして,その国学思想を古道として説き,自らこれを用いて講義したといわれる「直毘霊」(明和8年成立).わが国成立の道を100の和歌であらわした「玉鉾百首」(天明7年刊).ともに宣長の古道の代表作として知られている.
重庫091024ib 本居宣長撰/倉野憲司校訂 古事記傳(古事記伝)(一) 岩波文庫2447-2449、菊判半截、328p.(カバーなし) 1941(昭和16),2刷、良、背ヤケ、扉加印、ヤケ、シミ 解説校訂者、凡例 2,200
売切080622ib 岩波文庫2447-2449、328p.(カバーなし) 1943(昭和18),3刷、良下、ヤケ強 2,000
売切080622ib 本居宣長撰/倉野憲司校訂 古事記傳(古事記伝)(二) 岩波文庫2450-2451、206p.(カバーなし) 1941(昭和16)初版、良、扉・小口加印、ヤケ、シミ   3,500
重庫120123ib 古事記伝(二) 岩波文庫黄219-7、206p.、カバー・帯(リクエスト復刊) 1996,3刷、優 カバー中野達彦 3,500
重庫120126ib 岩波文庫黄219-7、206p.、カバー 2003,5刷、優、美本   3,200
初庫060504ib 本居宣長撰/倉野憲司校訂 古事記傳(古事記伝)(三) 岩波文庫2452-2454、312p.(カバーなし) 1942(昭和17)初版、良上、扉・小口加印、ヤケ、シミ   2,800
初庫070201ib 岩波文庫2452-2454、312p.、パラフィンカバー、帯黄208 1942(昭和17)初版、良、表3シール、背地イタミ、扉蔵書印、ヤケ、シミ 3,200
売切091017ib 岩波文庫2452-2454、312p.、パラフィンカバー、帯黄208、売上カード(断片) 1942(昭和17)初版、良、ヤケ、シミ 3,200
重庫120123ib 古事記伝(三) 岩波文庫黄219-8、312p.、カバー、帯(リクエスト復刊) 1996,2刷、優、美本 カバー中野達彦 2,500
売切080622ib 2003,3刷、優、美本、カバー校訂者名誤植「憲治」 2,500
重庫091024ib 本居宣長撰/倉野憲司校訂 古事記傳(古事記伝)(四) 岩波文庫2454-2457、420p.(カバーなし) 1944(昭和19)初版、良、表紙シミ、背ヤケ、ヤケ、巻末シール痕   3,200
重庫080626ib 古事記伝(四) 岩波文庫黄219-9、420p.、カバー(リクエスト復刊) 1996,2刷、優、美本 カバー中野達彦 2,500
売切080622ib 岩波文庫黄219-9、420p.、裸本 1996,2刷、良、巻末目録記名・シール、裏表紙折れ   2,200
重庫120123ib 岩波文庫黄219-9、420p.、カバー・帯(リクエスト復刊) 1996,2刷、優 カバー中野達彦 2,800
重庫120123ib 本居宣長撰/倉野憲司校訂 古事記伝(一) 岩波文庫黄219-6、328p.、カバー(リクエスト復刊) 1996,4刷、優、美本 カバー中野達彦、解説校訂者、凡例 分売不可(1800)
重庫120123ib 本居宣長撰/倉野憲司校訂 古事記伝(二) 岩波文庫黄219-7、206p.、カバー(リクエスト復刊) 1996,3刷、優、美本 カバー中野達彦 分売不可(3200)
重庫120123ib 本居宣長撰/倉野憲司校訂 古事記伝(三) 岩波文庫黄219-8、312p.、カバー(リクエスト復刊) 1996,2刷、優、美本 カバー中野達彦 分売不可(2200)
重庫120123ib 本居宣長撰/倉野憲司校訂 古事記伝(四) 岩波文庫黄219-9、420p.、カバー(リクエスト復刊) 1996,2刷、優、美本 カバー中野達彦 分売不可(2500)
重庫120123ib □本居宣長撰 古事記伝全4巻揃い 岩波文庫(リクエスト復刊) 9,700
重庫080626ib 本居宣長撰/倉野憲司校訂 古事記伝(一) 岩波文庫黄219-6、328p.、カバー・帯(リクエスト復刊) 1996,4刷、優、美本 カバー中野達彦、解説校訂者、凡例 分売不可(2000)
重庫080626ib 本居宣長撰/倉野憲司校訂 古事記伝(二) 岩波文庫黄219-7、206p.、カバー・帯(リクエスト復刊) 1996,3刷、優、美本 カバー中野達彦 分売不可(3500)
重庫080626ib 本居宣長撰/倉野憲司校訂 古事記伝(三) 岩波文庫黄219-8、312p.、カバー・帯(リクエスト復刊) 1996,2刷、優、美本 カバー中野達彦 分売不可(2500)
重庫080626ib 本居宣長撰/倉野憲司校訂 古事記伝(四) 岩波文庫黄219-9、420p.、カバー・帯(リクエスト復刊) 1996,2刷、優、美本 カバー中野達彦 分売不可(2800)
重庫080626ib □本居宣長撰 古事記伝全4巻揃い 岩波文庫(リクエスト復刊・帯付 10,800
重庫120128ib 本居宣長撰/倉野憲司校訂 古事記伝(一) 岩波文庫黄219-6、328p.、カバー 2010,8刷、優、極美本 解説校訂者、凡例 分売不可(1800)
重庫120128ib 本居宣長撰/倉野憲司校訂 古事記伝(二) 岩波文庫黄219-7、206p.、カバー 2010,7刷、優、極美本 カバー中野達彦 分売不可(3200)
重庫120128ib 本居宣長撰/倉野憲司校訂 古事記伝(三) 岩波文庫黄219-8、312p.、カバー 2010,5刷、優、極美本 カバー中野達彦 分売不可(2200)
重庫120128ib 本居宣長撰/倉野憲司校訂 古事記伝(四) 岩波文庫黄219-9、420p.、カバー 2010,5刷、優、極美本 カバー中野達彦 分売不可(2500)
重庫120128ib □本居宣長撰 古事記伝全4巻揃い 岩波文庫 9,700
  ☆賀茂真淵の教示により「古事記」の記載を客観的・帰納的に究明しようとして,三十数年間かけて,校訂・考証をおこなった注釈書.文献学的研究の極致とまでいわれるこの書物は,今日でも「古事記」を読もうとする者が必ず拠らなくてはならないものといわれ,以後の注釈書にも大きな影響を与えた.本居宣長の国学思想の基礎をなす主著.「神代篇」のみを収録.○本居宣長/鈴屋遺跡保存會編 古事記傳既刊全12巻 中文館書店原本縮冩復刻版 B6判ソフトカバー
初庫060621ib 本居宣長/村岡典嗣校訂 うひ山ふみ・鈴屋答問録 岩波文庫黄219-1、133p.、パラフィンカバー、帯 1987,28刷、良上、経年変化 解説校訂者 300
初庫060719mb 1987,29刷、良上、経年変化 300
  ☆『うひ山ふみ』は大著『古事記伝』を完成した宣長が門下の要請にこたえて,はじめて学びの山にふみこむ人々のために国学研究の態度と方法を懇切かつ具体的に説いたもので,円熟した大学者の体験に裏打ちされた学問論として,後学に大きな影響を与えて来た.ほぼ同様の成立事情をもつ問答集『鈴屋答問録』を併せ収める.
初庫060323kb 森鴎外 うたかたの記 他三篇 水沫集より 岩波文庫(創刊版)101、菊判半截、121p.(カバーなし) 1937(昭和12),10刷、良下、扉書込、ヤケ、シミ 鴎外先生略伝古島政二郎、鴎外先生著書略表 300
  ☆収録作品:うたかたの記、ふた夜(Hacklaender原作)、舞姫、文づかひ☆日本人留学生とドイツの一少女との悲恋を描いた『舞姫』,他に『うたかたの記』『文づかひ』と名訳『ふた夜』,いずれも異国的な背景と典雅な文章の間に哀切な詩情を湛える.
初庫070104ib 森鴎外 護持院ヶ原の敵討 他二篇(安井夫人、生田川) 岩波文庫916、110p.(カバーなし) 1943(昭和18),9刷、良、ヤケ強、シミ   500
初庫061102ib 岩波文庫916、106p.(カバーなし) 1955,10刷、良、ヤケ、シミ 解説田宮虎彦 300
  ☆「護持院原の敵討」は徳川時代の武士気質に最高の芸術的表現を与えた歴史小説であり,「あるべき人間の姿」を鮮明に具体化した傑作である.その他収められた「安井夫人」は歴史小説として,「生田川」は同一方向になる脚本として,作者の円熟期を示す珠玉の文学であるとともに,いずれも「鴎外の女性」を知るべき必読の作品である.
初庫060430kb 森鴎外 岩波文庫1267、143p.(カバーなし) 1959,29刷、良、蔵書印、傍線、ヤケ強 解題小島政二郎 100
  ☆生まれてすぐに母を亡くし、貧困の中で父親に育てられたお玉は、高利貸末造の妾となり、上野不忍池にほど近い無縁坂にひっそりと住んでいる。やがて、散歩の道すがら家の前を通る医学生岡田と会釈を交すようになり…。鴎外の哀感溢れる中篇。
初庫070211ib 森鴎外 阿部一族 他二篇 岩波文庫(創刊版)1675、菊判半截、107p.(カバーなし) 1938(昭和13)初版、良下、背ヤケ、ヤケ、シミ、破れ 解説齋藤茂吉 500
初庫061130ib 1939(昭和14),3刷、良、ヤケ、シミ 300
初庫060430kb 岩波文庫1675、107p.(カバーなし) 1961,19刷、良、蔵書印、傍線、大ヤケ 100
  ☆『阿部一族』は殉死の問題を取り扱った作品で、封建制のもとでの武士道の意地が、人間性をぎりぎりにまで圧迫して、ついにはその破滅に至らせる経緯を、簡潔な迫力ある筆で描いた歴史小説の傑作。他に鴎外の初期歴史小説の代表作『興津弥五右衛門の遺書』『佐橋甚五郎』の二篇を収める。
初庫070104ib 森鴎外 うた日記 岩波文庫2327-2328、217p.(カバーなし)、帯緑1151(断裂) 1942(昭和17),3刷、良、背ヤケ、扉蔵書印、数印、ヤケ、シミ 解説佐藤春夫 800
  ☆鴎外は詩に対しても鋭い眼をもっていた.当時無名の詩人朔太郎の「月に吠える」をいち早く認めたのは鴎外だった.明治35年より詩への新たな情熱を感じた鴎外が日露の役に従軍し,兵馬倥偬の間に自らに成った珠玉の詩歌を1巻としたものが本書である.日本における戦争文学の注目すべき一文献が韻文として残されたのである.
初庫070104ib 森鴎外 妄想 他三篇(蛇、心中、百物語) 岩波文庫(創刊版)2622、菊判半截、105p.(カバーなし) 1928(昭和3)初版、良、ヤケ、シミ、表2・3シール 例言 1,000
  ☆「妄想」は一老翁の述懐の形をもって書かれた哲学的随想であるが,作者自身の思想,人生観,世界観に深い関係をもっている.発表は明治44年50歳の時にあたり,この透徹した内面描写の書は当時文壇の異色と目された.併収する「蛇」「心中」「百物語」ともに同時期のもので,円熟期の作者の人生観相の断面を示している.
  森林太郎譯 ゲーテ ファウスト 岩波文庫
  森川許六・向井去来 許六去来俳諧問答 岩波文庫5265-5266
初庫061130ib 森田草平 煤煙 岩波文庫(創刊版)791-792、菊判半截、269p.(カバーなし) 1936(昭和11),5刷、良、ヤケ   800
  ☆妻子ある要吉は研究会で知った朋子と深く愛し合うようになった.しかし,彼女の病的な性格に苦しめられ,ついに心中行を企てるが,直前で死を思いとどまる.情熱や死を通過して人生を肯定しようとする作者の態度が熱烈な筆致で描かれている.当時社会的事件として騒がれた作者(1881‐1949)自身の(平塚らいてうとの)恋愛を扱い,世評を呼んだ.明治42年作.
★黒文字:在庫☆グレー文字:売切
070301改訂、070521改訂、071015改訂、131126改訂、171014改訂、201223改訂
Copyright (C) 2013澤田 諭 All Rights Reserved.