★黒文字:在庫☆グレー文字:売切

InterBook絶版七つ森
5InterBook絶版文庫の森

『徳間文庫』絶版の森

国内著編者(あ行、か行さ行た行な行は行、ま行、や行、ら行、)、アニメージュ文庫

徳間文庫 徳間書店1980昭和55年創刊
在庫状況 著訳編者 表題 出版社/判型/体様 発行年/版/状態 構成/備考 価格(円)
売切070403ib 赤江瀑 光堂 徳間文庫あ8-5、317p. 1996初版、優 カバー人形制作・題字辻村ジュサブロ-/デザイン秋山法子、解説ムルハーン千栄子 500
ib 鮎川哲也 サムソンの犯罪 徳間文庫2、318p. 1982初版、良、小口シミ カバーイラスト吉原澄悦/デザイン池田雄一、解説おかだえみこ  300
ib 荒木一郎 シャワールームの女 徳間文庫1、251p. 1986初版、良、経年変化 カバーイラスト峰岸達/デザイン秋山法子、解説辻真先 100
初庫090627ib 生出寿 特攻長官 大西瀧治郎 徳間文庫お13-10、286p.、帯 1993初版、優 カバーイラスト中川恵司/デザイン池田雄一、まえがき、あとがき、参考文献、解説妹尾太男 500
初庫060523fb 大薮春彦 黒豹の鎮魂歌(一) 復讐のヨーロッパ 徳間文庫302-1、205p. 1983.7刷、良上、経年変化 カバーイラスト横山彰/デザイン秋山法子、年譜 100
初庫060523fb 大薮春彦 黒豹の鎮魂歌(三) 死闘への驀進 徳間文庫302-3、280p. 1982.10刷、良上、経年変化 カバーイラスト横山彰/デザイン秋山法子、解説室伏哲郎 100
初庫060523fb 菊村到 殺意は海鳴りのように 徳間文庫118-1、249p.、帯 1981初版、良、ヨレ、帯傷み(補修) カバーデザイン池田雄一、解説武蔵野次郎 100
初庫060523fb 河野典生・山下洋輔 インド即興旅行 徳間文庫217-2、342p.、帯 1983初版、良上、ヤケ カバー写真田村仁/デザイン池田雄一、付記、解説かんべむさし 300
☆旅行者・語り手:河野典生・山下洋輔、録音操作・採譜:山下洋輔、写真撮影・アレンジメント:河野典生
売切070130ib 今東光 蒼き蝦夷の血(一) 藤原四代 清衡の巻 徳間文庫15、412p. 1993.3刷、優 カバーイラスト・デザイン秋山法子 分売不可(400)
☆初代清衡は波瀾の人であった。藤原秀郷の血を引く父・経清は、蝦夷の娘を娶り、清衡を生した。だが前九年ノ役に義兄安部貞任と結んだ父は敗死、母は敵方の清原氏に再嫁した。清衡は父の仇を養父としたことになる。 続く後三年ノ役。清原氏に仇を報いた清衡は、藤原氏に復帰し、父、養父双方の遺領をその支配下に置いた。奥州藤原王朝の草創であった。 巨匠独走の史観で描く歴史巨編。
売切070130ib 今東光 蒼き蝦夷の血(二) 藤原四代 基衡の巻 徳間文庫16、340p. 1993.3刷、優、美本 カバーイラスト・デザイン秋山法子 分売不可(400)
☆藤原王朝の礎を据えた波瀾の人・清衡にたいして、二代基衡は重厚の人であった。父の遺業継ぐ三十余年の治世は、王朝隆盛と重なる磐石を誇った。荒む京を逃れ、陸奥に下向した貴顕を迎えて、政体は整い、軍備は拡充された。蝦夷に胚胎する内乱の兆しも間髪をおかず潰された。一丸の奥州王朝に、もはや朝廷からの容喙の余地はなかった。仏国土建設の父の遺志を体現すべく、基衡は仏閣建立に邁進した。歴史巨編。
売切070130ib 今東光 蒼き蝦夷の血(三) 藤原四代 秀衡の巻(上) 徳間文庫17、461p. 1993初版、優 カバーイラスト・デザイン秋山法子 分売不可(600)
☆三十有余年に亘る基衡の治世をついだ三代秀衡は、朝廷より鎮守府将軍を拝命し、名実ともに北方の王者として奥州に君臨した。"一丸の蝦夷"こそが清衡以来の陸奥経営の根幹であり、仏国土の建設にその理想郷を追う秀衡であった。 都は公家、武家が相争う権謀術数の坩堝と化し、平氏政権の黄金期を迎えていた。だが秀衡は商人吉次を使い、鞍馬に在った源義朝の遺児牛若丸に触手を伸ばした。歴史巨編。
売切070130ib 今東光 蒼き蝦夷の血(四) 藤原四代 秀衡の巻(下) 徳間文庫18、446p.、帯 1993初版、良上、経年変化 カバーイラスト・デザイン秋山法子、解説磯貝勝太郎 分売不可(800)
☆磐石の平泉政権にも、時代の波浪は及んだ。栄華を謳う平氏に反旗を翻す策動が各地に胚胎、頼朝決起の報を受けるや、秀衡の諌を振り切って義経は鎌倉へ馳せ上った。源平いずれか、蝦夷政権の存亡を賭けた選択は目睫に迫っていた。 一ノ谷、屋島と、義経の迅雷の機略の前に、平氏は西海へ逃走した。だがこの時すでに、義経は平泉にあった義経ではなく、また兄頼朝の疑念も深まりつつあった。巨匠の未完の絶筆。
売切070130ib □今東光 蒼き蝦夷の血 藤原四代 全4巻揃い 徳間文庫 2,200
ib 斉藤栄 イエス・キリストの謎 徳間文庫1、314p. 1980初版、良、カバー背褪せ、経年変化 カバーイラスト野中昇/デザイン矢島高光、解説影山荘一 100
初庫070808fb 笹沢左保 沈黙の追跡者 徳間文庫101-2、248p. 1980,2刷、優 カバーイラスト深井国/デザイン秋山法子、解説赤川次郎 300
売切089722mb 高橋克彦 東北歴史推理行(みちのく) 徳間文庫た33-1、314p.、帯 1993初版、優 カバーイラストボッシュ/デザイン秋山法子、資料提供・協力者、文庫版あとがき、東北関連年表 100
売切050803ib 田村隆一 殺人は面白い 僕のミステリ・マップ 徳間文庫4、379p. 1991初版、優、美本 カバーデザイン池田雄一、解説小池滋 800
☆"ミステリは、深刻このうえない殺人の話を、楽しみながら読めるものにしなければならない。洗練されたユーモア感覚とウィットという知的活力がそれを可能にする"という著者が、クリスティからシムノン、アイリッシュ、マクベイン、ル・カレまで縦横に論じる当代一流の欧米ミステリ論。日本のミステリの夜明けから付き合ってきた詩人にして初めて成るミステリ・マップにファンからマニアまで脱帽。決定版。
ib 筒井康隆 トーク8<エイト> 筒井康隆対談集 徳間文庫8、286p. 1984初版、良上、扉シミ カバーイラストボッシュ/デザイン矢島高光、解説新戸雅章   100
ib 奈良本辰也・駒敏郎/中村昭夫 写真 写真紀行 平家絵巻 徳間文庫3、189p.、写真版 1985初版、優 カバー「源平合戦図屏風」/デザイン秋山法子、年表・地図 800
☆『祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響あり』平家物語の書出しはあまりにも有名。栄耀栄華を誇りながら、きらびやかな赤い旗差物とともに壇の浦に消えた平家一門。 『海の底にも都はさぶろう』と安徳天皇をかき抱いて散った一族の悲劇的な最期に思いを馳せながら、平家ゆかりの寺社、墓碑をたずね、移ろう四季のなかにひっそりと今に伝わる栄華の残り香をエッセイと写真でたどる歴史紀行、旅の書。
初庫060714mb 南原幹雄 伊達藩征服 徳間文庫な13-1、282p. 1989初版、優 カバーイラスト村上豊/デザイン池田雄一、解説菊池仁 500
☆10歳で丁稚奉公に出た小右衛門、学問好きが災いして店を追い出され、途方に暮れているところを大坂・船場の両替商・升屋の二代目に拾われた。そして十余年の後。失意の底で逝った二代目に、升屋の後事を託された小右衛門は、お店の苦境脱出に米どころ奥州・仙台に着眼、だが伊達藩は上方商人の嫌われ者で、小右衛門の苦闘が始まった…。大坂屈指の豪商にのし上った男の生涯を活写する傑作時代長篇。
ib 日本推理作家協会編 殺人カセット最新版 日本ミステリー傑作選1 徳間文庫1、285p.、帯 1981初版、良、背ムラ カバーイラスト小山愛人/デザイン秋山法子、序三好徹、「アンソロジー今昔」中島河太郎 300
☆収録作品:有馬頼義「金庫」、海渡英祐「謀略の背景」、樹下太郎「おれの血の色」、邦光史郎「送り屋」、小松左京「宗国屋敷」、佐野洋「仁の罠」、曾野綾子「死者の手袋」、多岐川恭「ペテン師の空」、三好徹「底のない運河」
ib 日本推理作家協会編 犯罪オートクチュール 日本ミステリー傑作選2 徳間文庫2、271p.、帯 1981初版、良上、背ムラ カバーイラスト小山愛人/デザイン秋山法子、「短編ミステリーの変った楽しみ方」佐野洋 300
☆収録作品:梶山季之「失脚のカルテ」、黒岩重吾「氷った果実」、河野典生「ガラスの街」、島田一男「館山寺の女」、土屋隆夫「潜在証拠」、戸板康二「L夫人像」、南條範夫「柳沢殿の内意」、仁木悦子「遠い絵図」
ib 日本推理作家協会編 殺人宣言都市 日本ミステリー傑作選3 徳間文庫3、270p.、帯 1981初版、良上、背ムラ カバーイラスト小山愛人/デザイン秋山法子、序三好徹、「'65-'68推理界展望」石川喬司 1000
☆収録作品:梶山季之「海底の賭」、笹沢佐歩「餌」、高橋泰邦「死の山のバラード」、陳舜臣「紅蓮亭の狂女」、筒井康隆「脱出」、戸川晶子「基地の女」、山村正夫「断頭台」
ib 日本推理作家協会編 犯罪専用航路 日本ミステリー傑作選4 徳間文庫4、283p. 1981初版、良、背褪せ カバーイラスト小山愛人/デザイン秋山法子、「その後の名探偵」中島河太郎 300
ib 徳間文庫4、283p.、帯 1981初版、優 300
☆収録作品:鮎川哲也「北の女」、生島治郎「牝犬の子」、五木寛之「天使の墓場」、菊村到「螺旋階段」、佐賀潜「黒い罠」、新章文子「孤独なエレベーター」、高木彬光「ミイラ志願」、天藤真「重ねて四つ」、星新一「ねむりウサギ」
長谷川伸 徳間文庫 長谷川伸作品
初庫050810ib 日影丈吉 非常階段 徳間文庫1、215p. 1981初版、優 カバーイラスト日向山寿十郎/デザイン秋山法子、解説金井美恵子 800
☆日進海運人事課は、兼任絹子を入社させるつもりはなかった。美人で成績も抜群なのだが、父親がいなかったからだ。そうとは知らず、彼女は期待を胸に最終面接にのぞむのだったが……それはまた、本社ビルの非常階段を舞台にした、奇怪な殺人事件の幕開けでもあった。 ねばりを身上とする捜査陣と敏腕記者が事件解明に乗り出すが、なぞは謎を呼んで……。 推理界のベテランが密室に挑む長篇作。
ib 柳原良平 船旅絵日記 柳原良平船の本1 徳間文庫495-2、333p. 1986初版、優、美本 カバーイラスト著者/デザイン秋山法子、カラー口絵14p.、解説斉藤茂太 1,200
ib 柳原良平 船図鑑 柳原良平船の本3 徳間文庫495-4、389p.、帯 1988初版、良、ヤケ カバーイラスト著者/デザイン秋山法子、カラー口絵14p.、解説阿川弘之 1,000
初庫060311ib 柳原良平 船旅絵日記 柳原良平船の本1 徳間文庫495-2、333p. 1986初版、優、美本 カバーイラスト著者/デザイン秋山法子、カラー口絵14p.、解説斉藤茂太 分売不可(1200)
☆船のたびに目的地はない。港から港へと発着の場所はあっても、目的は港ではない。洋上で見る海と空、のんびりとした毎日、パーテイーやゲーム……船旅の目的は船そのものなのだ。 船上での過ごし方、パーテイーのマナーから乗船客とのつき合い、クルーズ船の選び方のノウハウまで、船キチを自認する著者が豊富な体験をもとに、素敵な絵とエッセイで綴った旅情溢れる船旅のすすめ。
初庫060311ib 柳原良平 船キチの記 柳原良平船の本2 徳間文庫495-3、301p.  1987初版、優 カバーイラスト著者/デザイン秋山法子、カラー口絵14p.、解説開高健 分売不可(800)
☆船旅を楽しむだけでは船キチとしては半人前。船の資料を読み漁り、絵葉書を集め、模型を作り、絵も描いてしまう。船の事なら何でもござれというのが船キチの真骨頂。自他共に認める船キチである著者が,少年時代のエピソードから、港の見える横浜に居を構えた話、未来の夢の船、海洋国ニッポンのありうべき船の役割など、ユニークな絵とエッセイで綴った、1冊まるごと船の本。描き下し、カラー口絵。
初庫060311ib 柳原良平 船図鑑 柳原良平船の本3 徳間文庫495-4、389p. 1988初版、良、ヤケ カバーイラスト著者/デザイン秋山法子、カラー口絵14p.、解説阿川弘之 分売不可(800)
☆船旅を楽しむには、まず船を知ること。丸木船から葦船、帆船、蒸気船へと、船の移り変りを眺め、船の構造と船の現在を知る。船旅は船の知識あってこそ面白い。船のことなら何でもござれの著者が、古今東西の船の歴史から、わが国の船舶史、世界の帆船、はては航海術、船の信号、船乗りの制服、ロープの結び方まで、ユニークな絵とエッセイで綴ったウンチク満載の船図鑑。口絵、好評カラーイラスト。
初庫060311ib □柳原良平 柳原良平船の本全3巻揃い 徳間文庫 2,800
重庫050605ib 柳原良平 良平のヨコハマ案内 徳間文庫495-5、219p.、文庫オリジナル版 1989初版、優 カバーイラスト著者/デザイン秋山法子、カラー口絵8p.著者、解説青木雨彦 800
☆一九八九年、横浜は開港百三十周年、市政百年を迎え、大規模な「みなとみらい21」プロジェクトを筆頭に大きく変わろうとしている。壊される建物、美しくなる街並、埋立てられて遠くなる海……。"三日住めばハマッ子"と言われるこの土地に移り住んで二十五年。船を愛し、港を愛する著者が見守ってきた、懐かしい横浜、イラストと文章で綴る「良平流ヨコハマ案内」。書下し。
売切070225ib 山田風太郎 人間臨終図巻1 十五歳-五十五歳で死んだ人々 徳間文庫や4-4、525p.、カバー 2001初版、優 カバーデザイン東京図鑑 300
☆荘厳・華麗・悲惨・無意味…あらゆる死がここにある!十五歳から五十五歳までの様々な死に方。
売切070225ib 山田風太郎 人間臨終図巻2 五十六歳-七十二歳で死んだ人々 徳間文庫や4-5、533p.、カバー 2001初版、優 カバーデザイン東京図鑑 300
☆ダンテ、明智光秀、ニーチェ、越路吹雪、シーザー等々―人生のすべてが凝縮されている“その瞬間”のドラマ。56歳から72歳で死んだ人々。
売切030510 山田風太郎 人間臨終図巻3 七十三歳-百二十一歳で死んだ人々 徳間文庫や4-6、553p.、カバー 2001初版、優、美本 カバーデザイン東京図鑑、解説平岡正明、索引 300
重庫070314ib 徳間文庫や4-6、553p.、カバー、帯 2001初版、優、折れ 500
☆カザノヴァ、川端康成、徳川家康など、73歳から121歳で死んだ人々をとり上げる。
ib 渡辺貞夫/岩浪洋三編 ぼく自身のためのジャズ 徳間文庫1、253p. 1985初版、良、経年変化 カバー写真操上和美/デザイン矢島高光、口絵6p.、あとがき編者 300
★黒文字:在庫☆グレー文字:売切
070130改訂、070513改訂、070927改訂、140421改訂、201226改訂
Copyright (C) 2013澤田 諭 All Rights Reserved.