ロゴ

掌の小説・掌のアート展

川 端康成の「掌の小説」の世界を製本、陶、版画、短歌などの作品にしました。川端康成ゆかりの地、茨木市で2015年7月に第1回目を開催、その後、川端康 成生誕 の地である大阪天満宮近くのギャラリーびー玉でも開催しました。第3回目になる2016年12月「掌の小説・掌のアート」展では、「掌の小説」の朗読会を しました。100以上の短編から「雪」「百合」「ざくろ」「笑わぬ男」などを8人が朗読。父の娘の気持ちの揺れ動き、戦時下の少女の気持ち、妻と夫、家庭 と仕事。いくつものドラマがゆらゆらと立ち上りました。珈琲の香り、耳にとどく言葉の余韻、唇に触れる陶のぬくもり・・・。なんともぜいたくな時間でし た。展示された作品の解説も、それぞれの作家から伺うこともできました。

会期 12月16日(金)から24日(土)
    12:00〜19:00
    土日は17:00まで 19日(月)休み

出展者 (陶)岡野里香 
     (コースター)アトリエmaru家次久仁子
     (平面) 大場康弘 スイアンリ
     (版画) えがわ陽子 桐山暁 ハセガワアキコ
     (製本) 上山榮子 さはらあこ
     (短歌) 上畑ナオミ

朗読会 17日(土)18日(日)の14:00から17:00まで


     
写真

写真
       ギャラリーびー玉の地図はこちらをクリック     


  




ロゴ
530-0038大阪市北区紅梅町2-6
昭和ビル206
電話06-6881-2818

○ホーム

○ギャラリーびー玉 ご利用案内

○ギャラリーびー玉案内地図

○参加者募集

○ワークショップ    
    
ブログ:びー玉ころころ日記   
今までの展覧会の様子を綴っています。
見逃した展覧会はこちらをチェック!
    
photo
  
photo
        
photo
     
photo