メールはこちらへ

埼玉県さいたま市見沼区大和田町1−1095−2−103
電話0467−47−5676
心理カウンセラー 行政書士 近藤敏広



調査ファイル 1の2



某月某日。調査当日

朝6時の窓の外には誰もいない。ベッドタウンの真中だ見慣れない人間がいればすぐに解ってしまう。

私はマンションの前の自動販売機まで缶コーヒーを買いにいった。

遠くの公衆電話で若い男が受話器をもってたっている。

高感度集音マイクのスイッチを入れるが何も話し声は聞こえない。もしかして彼が調査員だろうか。

1時間程してから自転車で週末恒例のサイクリングにでかける事にする。

いつものサイクリングと違うのは受令機のイヤホンを耳に突っ込んで彼らの交信を傍受しながらと言うことだ。

きのうはいわゆる「ママチャリ」で出かけたから彼らはそれが私の自転車と思っているだろうが、今日はマウンテンバイクに乗る。

私はゆっくりとペダルを漕ぎ始めた。

うしろから先ほどの男が自転車に乗ってついてくる。

もし彼が調査員ならシメたものだ。

2キロ程走ったところに休憩所がある。そこで休むフリをしていると調査員らしき男が通りすぎた。

先を行くというのは尾行の初歩の初歩だ。だが乗っている自転車が折りたたみというのは考えものだ。

なぜなら私は自転車の走れるような道を走る予定はないからだ。

たぶん仲間が車で付いて来ているのだろうからトランクに載せるには折りたたみというのを普通は考えるのだろうが。

私は男の姿が見えなくなるのを確認してゆっくりと進みはじめた。

この先で道は2本に別れている。右はサイクリングロード、左はダートコースだ。多分そのあたりで待っているだろう。

道の先のほうに男の載った自転車がはしっている。私はそれを追い越してダートコースへ突っ込んで行った。

ダートコースと言っても入り口付近は落ち葉の積もった遊歩道と変わりはない。さて彼はついて来れるか。

しばらく進むと岩だらけの坂道になる。散歩するには最高の道なんだけれどね。

1時間程すると草原にでる。ここは茶畑や葡萄棚のある農園の近くだ。

ここはダートコースと県道が交差していて誰でも来ることができる。

ダートコースを選んでもサイクリングロードでも県道を行ってもここで交差する。

つまり私は何れかの方法でかれらにここまで追いついて欲しいと思ったからだ。

私の本当のねらいはこの先にある。

農園で働いている人の顔はみんな知っている。今日いるのは私と、いるとすれば探偵だけである。

ダートコースからは誰も出てこない。と言うことは折りたたみ自転車は車の中と言うことになる。

しばらく草の上で休んでいると先ほどの男が近くを歩いている。(近すぎるよ。と私は思った。)

自転車での追跡は、結局あきらめて車で来きたらしい。

ここから先は道幅4メートルもある林道だ。地図だけみて車で来たらしい。大きな間違いだ。

私はゆっくりと自転車で走りだした。県道は県境まではアスファルトで舗装されている。だが一歩県外へでるとダートである。

始めはただの田舎道ではあるが途中からダートになる。けっこう若い連中はここの道で車を走らせるのが好きだ。

マウンテンバイクで走ると道のデコボコのせいで2メートルくらい跳ね上がったりするので今日のように乗用車で来ることはお勧めしたくない。

しばらくゆっくり走っていると車が付けて来た。(私は若い男が降りてきた車をモノキュラーで確認しておいた)

そしてダートに差し掛かった。(もう戻れないよなあ。それともJAFでも頼む気かな。でもここは携帯の圏外...。)

とりあえず、ダートを抜けて県道沿いの公園で待つことにした。ここはコンビニやトイレもあってサイクラーが多い場所だ。

こんどは林道から例の折りたたみ自転車がやって来た。車は諦めたらしい。

男を休ませておくわけには行かない。

私は猛ダッシュで自転車をこぎはじめた。(明日の彼は筋肉痛で病院行きかな。)

そのあと私は自転車道を走りだした。この自転車専用道トンネルはもうすぐ閉まる。

友達なら教えてあげるんだけれど.....。ここ携帯電話の圏外だからね。

迷っても人家ないから。

ゆっくり走っていると後ろから彼がついてきた。暗くなってきたから良い子は家に帰ろうね。

私は猛ダッシュで坂道を上り家の近くの公園の緑地で彼を待っていた。

だが来たのはさっきの車だった。自転車の彼はやっぱり明日は病院だな。かわいそうに...。

最後に私の写真を撮らないと報告書にならないもんな。

私は緑地に自転車を置いたまま緑地の反対側にあるコンビニにはいってサンドイッチとコーヒを買った。

家の前の緑地にしばらく居ると彼の載っていた車が止まってた。最後に私の写真を撮らないと格好がつかないもんな。

とちゅうで見失いましたなんて探偵にしてみれば恥ずかしいものね。

この続きは調査リスト1の3に書いた。是非ともよんでほしい。⇒⇒⇒⇒⇒調査リスト1の3へ

[トップページへ戻る] 調査リスト1の1へ 調査リスト1の2へ 調査リスト1の3へ 調査リスト1の4へ