行政書士 近藤行政書士事務所

さいたま市見沼区大和田町1−1095−2−103 電話048−68−0425

離婚内縁  遺言相続  内容証明  悩み事相談 

心理カウンセラー行政書士近藤敏広
  私が仕事をしている民事法務というのはお客さんを守るしごとです。

  お客さんの代わりに市役所や警察、公証役場にかけあったり、場合によっては

  お客さんの代わりに相手方に怒鳴り込まれることも、ありました。

  お客の住所が相手にわからないように事務所名義で内容証明を書くこともあります。

  この業界にいて60歳近くにもなれば、たいていの事を経験します。

  そうは言っても私は心理カウンセラーしていますので安心してお話しください。








私が、サラリーマンを止めて行政書士になろうと思ったのは、身近な会社、近隣、で不条理な出来事

にあって泣いている人がいることでした。

そんな時、ある講習会で田島隆先生(カバチタレ原作者)のお話を聞く機会があったのです。

この仕事ならば、人の助けも出来るし、第一に自分を世の中から守れると信じたからです。

実際に行政書士の知識を使って、一番始めに救ったのは自分でした。


会社の不条理な扱いから抜け出して、ある程度の時間とお金(退職後2年間の生活費と一時金)

を得ることが出来ました。

こんな話をするともともと心臓の強い人のように思う人も多いでしょう。

今は人とお話する仕事をしていますが、子供の頃は虚弱で、言葉も話せないくらいでした。

イジメ、誘拐にまで会い、大人になってからも会社の倒産や不条理な離婚などの相談で受けるお話の半分以上は

自分で経験した事と重なります。


まだ、私がどんな人なのか不安ですよね?それなのでもう少しお話を聞いてください。

私の仕事は契約書や遺言書、離婚協議書の作成が主な仕事です。

人の一生を左右するかもしれない相談や書類を書かせて頂くのですから、時間をかけてお話をうかがいます。

ちょっとした時間でも、(あなたがこのホームページをご覧になっている時間でも)あなたは自分の人生の

時間、大げさに聞こえるかもしれませんが命を使われています。(それなので私も報酬を頂いています)

ですから来て頂いた方のお話は大切にうかがいます。みんな大切な命です。そのように思うとご飯を作って

くれる人や車を運転してくれる人、まわりの人達や物が大切な存在に見えてきます。いつもそう思って人に

接しています。


私は大学を出るまで横浜市で育ちました。日立国際電気を退職後、行政書士を登録し鎌倉市に事務所を

開き、その後大宮に事務所を移転して現在に至っています。

現在 埼玉県行政書士会会員 行政書士 財団法人JADP認定心理カウンセラー

趣味 アンティーク収集 

   クラッシク音楽を聴くこと 

   詩を書くこと (元季刊「栞」「銀紗」編集同人)「栞」「銀紗」の関係者のかた連絡頂けると幸いです。

メールはこちらへお願いします。

事務所の所在地

さいたま市見沼区大和田町1−1095−2−103
電話048−689−0425
近藤行政書士事務所まで


トップページへ  離婚協議書  遺言書  慰謝料請求  内容証明  カウンセリング    ブログ  休日の私