ゴルフスイングの基本

ゴルフスイングの基本を
このサイトで真剣に学べば
確実にスコアアップにつながります。

スイートスポットでボールを捉える

ゴルフスイングの基本の一つとして、以前にクラブフェースのスイートスポットでボールを捉えるということをお話しました。

では、具体的にどうスイングすれば、ボールをフェースのスイートスポットで捉えることが実現できるのでしょうか。

これを実現するためには、余分なエネルギーやパワーを使わないことがポイントです。

もっと言えば、グリップを強く握らないでスイングすることがゴルフスイングの基本です。これについては、以前にも述べていましたね。

クラブフェースがボールに接触した瞬間の「歪みとひずみ」を、ショットした時に感じとれるようになることが大切です。

ボールをショットした瞬間にクラブフェースのどこにボールが当たったのか、感じることが必要なのです。

それが、ヒール寄りなのかトゥ寄りなのか、もしくは、フラット面の上なのか下なのかという具合です。

グリップは柔らかくソフトに握る

ゴルフ5大部分のアマチュアゴルファーは、グリップが固くしすぎです。もっとソフトに握ることで、腕のパワーを使わずクラブヘッドの重さを利用して打つのがゴルフスイングの基本なのです。

ボールがクラブフェースのどの部分に当たるかによって、インパクトの際の打感や音に違いがあるはずです。クラブを手にして軽くスイングしながら、感触を確かめるトレーニングを繰り返してみましょう。

スポンサード リンク

繰り返しトレーニングするうちに、スイートスポットでボールをとらえたときち、ヒール寄りやトゥ寄りなどの場合との違いが実感できるようになるでしょう。

ゴルフクラブの性能を最大限に発揮するためには、ボールを芯で捉えることができなけければなりません。

道具であるクラブやボールがどんなに進化したところで影響を受けない「ゴルフスイングの基本」なのです。

最高の打感を覚える

ゴルファーも上級者になるとボールの勢いを意識的に殺すために、スイートスポットをわざと外してスイングするテクニックを身に着けていますが、普通のショットの場合は、ゴルファーなら誰しもが真芯でボールを打とうと本能的にしています。

その理由は、ゴルフクラブのスイートスポットでボールをとらえたときが、最高の感触の打感を感じることが出来るからです。

基本がストレートボールのゴルファーでも、フェードボールを得意とするゴルファーでも、あるいはドローボールを基本のゴルフスイングにするゴルファーでも、大前提としてスイートスポットでボールをとらえることが課せられているのです。

スイートスポットでボールを打つことは、ゴルフスイングの基本における永遠のテーマなのかもしれません。

以上のように「スイートスポットに当てること」は非常に重要なポイントなのですが、絶対に意識してボールに当てようとしてはいけません。

目標とするのは、何の意識が無くても自然とスイートスポットに当たるゴルフスイングを作り上げることです。そのために最初にすることが、スイートスポットに当たったときの良い感触を、しっかりと把んでおくことです。

繰り返しになりますが、ストレートにボールを飛ばしたいならヘッドの重心で捉えることが必要です。

ゴルフ6 ナイスショットに要求される条件のひとつはスイートエリアで打つことです。

これは当たり前のことと感じるかもしれませんが、クラブの性能を最大限に発揮させるためには、ボールはヘッドの芯で捉えることがゴルフスイングの基本になります。

具体的に、芯で打つためにすべきことを考えてみましょう。クラブでボールを打とうとするとき、フェースのセンターにボールを当てようとするのがゴルファーの本能的な部分です。

スポンサード リンク

それを実現するには、クラブを自在に使いこなすテクニックが必要になります。

具体的に表現すればグリップ、シャフトを通じてヘッドの重心が感じられ、フェースの向きを制御してインパクトを迎えることです。

ここで気を配るべきポイントは、クラブヘッドの重心はグリップやシャフトの延長線上にはないということです。

テニスや卓球のラケットとは異なり、グリップの延長線上に重心がないので、ヘッドの重心位置を感じ、フェースを制御することが難しいのです。

第一に、シャフトとグリップを通じてヘッドの重心位置を感じながらゴルフスイングすることが大切です。

第二に、スイングプレーンに対して思いどおりのフェース向きをコントロールすることを心がけてみましょう。

このふたつのポイントが、ゴルフゴルフスイングにおける最重要課題であり、基本といえるでしょう。

これがマスターできてこそ、ボールをスイートエリアで打つことができるわけです。

プロのレベルになるとクラブのトウ寄り、ヒール寄り、重心の上下でボールを打ち分ける人もいます。

ゴルフ5 また、クラブの形状の影響で、どこでヒットしたくなるかは違ってくるものですが、これは求める球筋次第にプレーヤーが選択)すべきことです。

たとえば、パーシモンヘッドのドライバーの時代には、インテンショナルにフェースのトウ寄り上部で打つ人もいました。

これは、ボールにかかるスピン量を軽減することが目的でした。これによってバックスピンが少ないボールになると、向かい風にも強く十分な飛距離が出せるためです。

こうしたゴルフテクニックは、基本ができて初めてこなせる非常に特殊なハイレベルの応用だと認識しておきましょう。

ゴルフクラブを替える際は目的を明確に

ゴルフを始めるにはゴルフクラブが必要になります。

最初のころは、ゴルフクラブの選び方もよくわからないでしょうから周囲の人の意見も参考にしながら選ぶのがゴルフスイングの基本としては準備段階で必要です。

スポンサード リンク

ゴルフクラブの選びをいいかげんにしていたら、どれだけ練習してもゴルフの上達は期待できません。

プロゴルファーの域に達しても、ゴルフクラブが合うか、合わないかで大会での成績が大きく変わってしまうことはよくあります。

例えば、金子柱憲プロなどが賞金王レースで争ったときは、ドライバーが非常にフィットした感覚があったと言われています。

ゴルフクラブの選び方はそれほど重要なことのに、多くのアマチュアゴルファーはあまりにも安易にクラブを選びすぎる傾向があります。

また、始終ゴルフクラブを取り替えるゴルファーもいますが、取り替える目的がはっきりしていなければそうする意味もありません。

片山晋呉プロの場合

ゴルフのクラブ選びは、替える理由があって、はじめてすることなのです。例えば、プロゴルファーが使っているゴルフクラブと同じスペックのものを、HC(ハンデ)18のアマチュアゴルファーが使おうとしたら、それは無理な話なのです。

プロゴルファーがゴルフクラブを替えるときは、必ず何か目的をもっています。ただ単に流行を追って選ぶことは決してありません。

以前、片山晋呉選手は、現在のクラブとは全然異なるタイプのゴルフクラブを使っていました。ドライバーもアイアンも、クラブヘッドが非常に小さく、いかにもプロ仕様の難易度の高いクラブを使っていたそうです。

ゴルフ6しかし、成績をもっと良くしたいがために、最先端だったキャロウェイのゴルフクラブに変更しました。

いわゆる「デカヘッド」タイプのクラブで、「アマチュアゴルファーにもやさしく打てる」というのが謳い文句のクラブでした。

けれども、やさしいクラブを使って、安易にスコアアップを目指したわけではありません。

世界レベルのゴルフに挑戦するための、第一歩としてのクラブ選びだったそうです。

ヘッドが小さく、重心距離の短いゴルフクラブの特徴は、操作性が高いという点で優れています。

つまり、プロゴルファーレベルですと、クラブヘッドが小さいクラブのほうが球筋をコントロールすることがたやすいのです。

スポンサード リンク

一方、ヘッドが大きい、重心距離の長いタイプのゴルフを使うと、いやに重く感じたり、タイミングが以前とは違って合わなることもあります。

片山プロを例に出しましたが、ゴルフスイングの基本を大胆に変えようとしたために、あえてキャロウェイのクラブを使うことにしたそうです。

それだけ片山プロのゴルフスイングには、癖の多いものでした。癖をなくし、かつ正確にショットすることを目標にするのには、当時、一番適したクラブがキャロウェイだったと考えたそうです。

ゴルフクラブの選び方は、いろいろと奥が深いものですので、これからも順次お話させていただきます。正しいゴルフスイングの基本をマスターするには、正しいゴルフクラブの選び方あるというのが今回のお話でした。

ゴルフクラブの進化は材質の進化

ゴルフクラブの進化は材質の進化でもあります。ドライバーを例にあげれば、「長・軽・大」を目指して、パーシモンからメタル、今ではチタンが全盛となっています。

重量だけに目をやっても、チタン+カーボンシャフトが普通となった現在では、パーシモン+スチールシャフトの時と比較して50g以上も軽くなっています。

パーシモン+スチールの時には、その重さが災いしてドライバーを気持ちよく振り切れるゴルファーは一部の上級者に限られていました。

けれども、チタン+カーボンが主流になった時点で、シャフトの軽量化とヘッドの大型化、スウィートスポットの拡大のおかげで、ドライバーは誰にでもゴルフスイングが格段にやさしくなりました。

このクラブの進化に呼応して、ゴルフスイングも大きく変化してきました。パーシモンの時には、フットワークを大きく使ってウエートシフトするゴルフスイングが主流でした。

ところが今では、フットワークを抑えて、ウエートシフトをあまりしないボディスイングを用いる選手が増加していいます。

前者の代表選手は、J・ニクラスやJ・ミラー、T・ワトソン、後者のそれはA・エルスやN・ファルドといったところでしょう。

2つのタイプのゴルフスイングを見比べてみると、その違いに気づくことができるかもしれません。

クラブフェースの真ん中でボールをとらえる意味

スポンサード リンク

ゴルフクラブの進化にともなって大きく変わった要素としては、打点があります。

とくにドライバーショットの場合、低スピン・高弾道の球筋で飛ばすには、フェースの上側、つまりスイートスポットよりも少し上側でボールをとらえることがよいという考え方もたしかにありました。

スイートスポットよりも少し上側が打点になると、インパクトの瞬間にボールとクラブヘッドが衝突する衝撃の影響でクラブフェースがわずかに上を向いて、それによって打ち出し角が高くなります。

そればかりではなく、バックスピンが減るといういわゆる「ギヤ効果」という現象を考慮した場合この考え方は正しいと言えるでしょう。

しかし、この考え方、非常に速いヘッドスピードでインパクトを迎えるとバックスピンが増え過ぎてしまうというゴルフクラブとボールの問題を解決するための苦渋の選択とも言えます。

現代のドライバーは、いちちそんなことを考慮せずともバックスピンの少ない球を容易に打てるようにってきましたし、ロフトを増やすことで打ち出し角を稼ぐことも可能です。

そう考えると、クラブフェース面の反発力が最も高い、フェースのど真ん中にあるスイートスポットでしっかりボールをとらえたほうが飛ばせるのは当然の話です。

むしろ、ドライバーとボールの進化によって低スピン化が進んだ状況では、必要以上にスピンを減らそうとする工夫は、球が浮いてこなくなってドロップして飛距離のダウンを招きかねないというリスクが高イとも言えるでしょう。

アイアンに関しても考え方の変化が起きています。昔は主流だったマッスルバックやセミキャビティのアイアンクラブは、現代のアイアンクラブと比較して重心位置が高いものでした。

そのため、芝の上にある球をその重心でとらえるためには、上からボールを潰すようなインパクトが求められました。 また、鋭角的に打ち込んでバックスピンを増やすことで、球を浮かせる効果を生み出して、球が上がりにくい状況を改善しようとしてきました。

これは「アイアンのスイングはダウンブローに打て」といわれてきた本当の理由でした。

しかし現代のアイアンクラブは、一部のマッスルバックは例外としてもほとんどのモデルが低重心化を実現し、それほど上からボールをとらえなくても芯に当てることが可能になりました。

そして、球も上がりやすくなっていることは既にみなさんも感じていることかもしれません。

スポンサード リンク

アイアンクラブを眺めてみると、ソールが幅広で、バックフェースが深くえぐれた構造だったり、タングステンなどのウエートが埋め込まれていることに気づくかもしれません。

このように高機能化を果たしたアイアンクラブを、昔のようにわざわざ難しいゴルフスイングで行う必要性は存在しなくなったともいえるのです。 やはり、大切なのはスイートスポットでボールをとらえることであり、芯が広くなった現代のクラブにおいても、飛んで曲がらない球を打つための絶対的な条件がこれだと言えるのです。

関連ページ

ゴルフスイングの快感 | アマチュアゴルファーの基本のゴルフスイング |

関連用語

ゴルフスイング,基本,スイートスポット,フェードボール,ドローボール

サブコンテンツ

このページの先頭へ