ゴルフスイングの基本

ゴルフスイングの基本を
このサイトで真剣に学べば
確実にスコアアップにつながります。

正しいバックスイング理論

ゴルフスイング理論の中には、引き伸ばされた筋肉が、元の状態まで縮む勢いでスイングするという考え方があります。

この中でバックスイングは「筋肉を引き伸ばす」部分に相当します。

ほとんどのゴルファーは、バックスイング、トップ、ダウンスイングをひとつずつ分解して考えているでしょう。

たとえば、上半身をねじってバックスイングに入り、左手のリードで切り返して、腰の回転でダウンスイングするといった具合です。

しかし、飛距離が伸びるゴルフスイングの基本はバックスイングの反動で切り返しが自然の流れの中で起こり、その勢いでダウンスイングに進んでいくといったイメージが理想的と言えるでしょう。

そして、そのためには左脚、左わきを固定して、左脚を軸に体を引き伸ばしていくというのがバックスイングの目的と考えるのが左軸スイングです。

では、どうすればそのようにバックスイングになるのかですが、アドレスの場合と同様に、ミスの傾向がどんなものかを分類し、説明しておきましょう。

前提となるのは力の入れ具合です。単純に説明すれば、ほとんどのアベレージゴルファーは、力の入れ方、抜き方に関して間違った考え方をしています。

力を抜くようにとレッスンの現場ではごく当たり前のように言われている言葉ですし、多くの人は、これまでも力を抜くことを意識しているという人は少なくないでしょう。

ゴルフ6しかし、実際のアマチュアのゴルフスイングに見られるのは、「力を抜く」と「ゆるめる」を混同しているケースがよくあります。

体のターンを活かさずに、手でクラブを上げてしまうタイプのゴルファーは、力を抜けといわれても、よくわからずにグリップしている指の力をゆるめてしまいます。

一番多いのは、「手の力を抜いてください」といわれてしまうと、指の力を抜いてしまうケースです。

スポンサード リンク

これでは、ゴルフスイングの最中にフェースの向きが不安定になり、球筋もバラバラになってしまうはずです。

逆に、力を入れすぎてグリッププしている人も多くいます。

グリッププレッシャーが強いゴルファーは、できるだけフェース面を固定しようという意識が強く働くのですが、強く握りしめた状態ではクラブを振ることができません。

そこで、トップで一瞬だけ力を抜いてから、そのあともう一度しっかりと力んで振り下ろすゴルフスイングが目立ちます。

この方法では、ゆるんだタイミングや、もしくはもう一度力を入れ直したタイミングでフェース面にズレが生じて、ミスを生み出します。

たとえば、バックスイングで体が伸び上がり、オーバースイングになってしまう人の場合を考えてみましょう。

オーバースイングになるゴルファーはバックスイングで体が伸び上がる傾向が強いようです。

しかし、体が伸び上がったタイミングで筋肉のゴムはゆるんでしまいます。

ゴムが一旦ゆるんでしまうと、伸ばされたものが縮む力も当然働きませんから、手の力で打ちにいくことになります。

これでは、正確性も飛距離も満足できる結果にはなりません。ここで、本人の意識としては手の力で打ちにいったのですから、手に力が入りすぎたと認識してしまいます。

しかし、これは大きな間違いで実際は、「伸び上がった瞬間にゴムが伸び縮みするエネルギーを消失して、手に力を入れるしかなくなった」のが飛ばない原因なのです。

本当の問題は手に力が入ったことにあるのではなく、体が伸び上がってしまうことであり、そこで力が抜けることにあります。

ゴルフ5 ゴルフスイングの基本とは「左脚を軸に体をターンさせ、筋肉が引き伸ばされた反動を利用して縮む作用で振る」というのが左軸のセオリーです。

バックスイングの役割は、ゴムを限界まで引き伸ばすことにあります。

しかし、途中で筋肉がゆるんでしまっては、縮む作用が働かなくなる代わりに手の力で振ることしかできなくなってしまいます。

グリップのポイント

ここで肝心なポイントは、極端に強く握りしめるのでない限り、グリップには適度な力感で握っても構いません。

大切なのは、ゴルフスイング中その強さをずっと維持することであって、途中で力を抜くことではありません。

スポンサード リンク

適度な力感を保ったままであれば、最初に構えたときのグリップの形もそのまま保たれて、フェース面がとんでもない方向を向くリスクを減らせます。

極端な例としては、下りスロープのピンに向かって、グリーン奥から1ヤードだけキャリーさせたいような状況には、グリップはガチガチに固めるのが正しい場合もあります。

基本的に、グリップを固めれば固めるほどクラブヘッドは走らず、体の動きは制限されて、飛ばなくなるわけです。

では逆に、飛距離を出したいドライバーショットの場合はグリッププレッシャーを弱めたほうがいいのかといえば、必ずしもそうも言い切れません。

グリップを握る強さを弱くするほど、切り返しでリストに角度がつき、タメができるように感じますが、それはリストがゆるんでいるだけで、振り遅れになり飛びません。

この場合に最適な力加減というものは、イメージ的にはパッティングのときの力加減と同じです。フェース面を安定させるためにリストの角度を維持するときの力加減と同じ感覚と考えてください。

パターを持って、50ヤードを打つイメージで素振りしてみると、そのイメージをつかめるでしょう。

いずれにせよ、いろいろなグリッププレッシャーを試してみて、最適な力加減を見つけ出すことが大切です。

その際、単純に力を抜く方がいいという間違った考えを捨て去り、リストを弾性の高いゴムのイメージで捉えて、適度に伸び縮みできるような力加減を見つけましょう。

ハーフウエーバックでのリーディングエッジ

ハーフウエーバックでは、リーディングエッジは背骨と平行になるのが正しい状態です。ゴルフクラブはその構造上どうしても開きやすい設計上の問題を抱えています。

そのため、安易にバックスイングをしてしまうとクラブフェースは自然に開いていってしまうことになります。

ハーフウエーバックのポジションにおいて、飛球線の後方から見てリーディングエッジと背骨が平行になるのが正しいスクエアポジションだと理解しましょう。

しかしながら、多くのゴルファーは、このポジションでリーディングエッジは地面とほぼ垂直になっているか、もしくはそれ以上になっているようです。

明らかにオープンフェースになっていいるのです。バーフウエーバックのポジションは目視がやりやすいポジションです。

そこで、ハーフウエーバックで1度ゴルフスイングを中断し、正しいフェースの向きを目視で確認してみましょう。

自分のゴルフスイングを飛球線の後方側からビデオ撮影などしてみて、ハーフウェーバックでフェースがどこを向いているかをチェックするのも悪くありません。

右股関節と右栂指球に体重を乗せていく

スポンサード リンク

スクエアポジションにクラブヘッドを上げていくという目標のためには、脚を使ってテークバックに入る必要があります。

手でゴルフクラブを上げていくイメージは持たないようにしましょう。

手でゴルフクラブを上げたほうがフェース面を正しく調整できるのではと感じている方も少なくないでしょうが、手でコントロールしようとするとさまざまなデメリットが生じます。

手は前進の中で一番器用な部分とも言えますから、器用であるゆえにどうしても使いすぎる傾向になり、フェースの向きが不安定になる原因となります。

そして、手を使うことでウエートシフトもスムーズにできなくなります。

積極的に脚を使い、その動きに手を連動させる方法をとった方が、いつも同じポジションにクラブヘッドが上がり、ウエートシフトもスムーズにできるでしょう。

脚を使ってテークバックする時には、右股関節と右栂指球、そして右太モモ内側に意識を集めるようにします。

右太モモで体重をしかkりと受け止めて右ヒザが外にスエーしないようにして、右股関節と右栂指球の両方にしっかりウエートを乗せていく要領をつかみましょう。

その動きに連動して、手と上体が自然に回転し始めると、脚を使ったバックスイングが出来上がることでしょう。

バックスイングのポイント

バックスイングで大切なことは、腰がスエーするのを防止してスイングアークも大きくすることです。

ゴルフスインブの最中に腰やヒザが左右に流れてしまうスエーという現象は、飛距離が伸びない要因のひとつですから無視するわけにはいきません。

スエーは、パックスイングでカラダか右に流れると、ダウンスイングでも左に流れやすくなる傾向があるのでバックスイングの時点できちんと対処しておくべきなのです。

右へのスエーを防ぐポイントになるのは、右サイドで体重をしっかり受け止めることを意識して行うことです。

ウエートは右足だけで受け止める性質のものではなく右腰でも受け止めることが必要です。

このときに右腰は手元との間の距離をできるだけ遠ざけるようにすることがカギになります。

腰を止めないことには手元と右腰との距離を遠ざけることはできませんから、自然に腰がスエーするのを防ぐことが可能になります。

スポンサード リンク

こうすることで、スイングアークも必然的に大きくなるので、遠心力やヘッドスピードをアップした大きなスイングが可能になります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ