ゴルフスイングの基本

ゴルフスイングの基本を
このサイトで真剣に学べば
確実にスコアアップにつながります。

シャンク対策

シャンクとは

シャンクとは極端に右サイドにボールが飛んでしまうミスショットです。

シャンクの場合、飛距離も伸びず、OBになることもしばしばあって、最悪のシナリオを招くミスショットの一つと言えるでしょう。

シャンクが嫌われるもうひとつの理由は、一度発生すると二度三度と連続して起こることも挙げられます。

この厄介なミスショットである「シャンク」を克服するためのアドバイスをいくつかしようと思います。

具体的にシャンクは、ゴルフクラブのヘッドとシャフトをつなぐ「ネック」の部分にボールが当たることで発生します。

アマチュアゴルファーでは、稀にある例はフェースの先端にボールが当たって起こるケースもあります。

ゴルフ5この場合、極端な手打ちになっていることが原因です。

ラウンド中に応急処置としての対策はできませんので、初心に帰って、ゴルフスイングの基本作りからやり直す必要があると認識すべきでしょう。

シャンクは、アプローチショットのような振り幅の小さなゴルフスイングほど目立って出やすい傾向があるようです。

ターゲットが近い場合、どうしても、安易に腕の振りだけのスイングになってしまいがちだからでしょう。

フルスイングでのシャンク

かといって、フルスイングでは、シャンクが出ないとは限りません。

フルスイングでシャンクするのには、ゴルフスイングの変更・矯正をしている場合や、スイングの技術が向上してきた場合や、しばらくゴルフから遠ざかっていた場合にも発生しやすいです。

スポンサード リンク

どのケースでも、ボールの位置が原因となっているのが大半です。

スイングを変えたり上達したりすると、クラブヘッドのスイングプレーンが変わります。

けれども、アドレス時のボールの位置が以前と同じですと、クラブフェースのヒール側にボールが当たってしまうわけです。

また、しばらくぶりのゴルフプレーでは感覚が鈍ってしまっていて、ボールの位置が微妙にズレす場合があります。

こうしたシャンクならば、クラブフェースの真ん中にボールが当たるようにボールの位置を修正するだけで、比較的簡単に修正がききます。

アプローチショットでのシャンク対策については、別の項に説明を譲ります。

シャンクの原因と対策

不快な音とともに、思いもしない方向へ飛んでいくシャンクには、苦手意識を感じるゴルファーは少なくないようです。

その上シャンクは、一度だけでなく何度も連続して発生するミスショットですから何ともやりきれません。

根本的な原因を見つけ出して、早い段階で矯正することが望ましいでしょう。

シャンクになる原因には、大きく2種類のタイプが思いつきます。第一ポジショニングのミスです。

アドレス時に球と体との距離が近すぎるか離れすぎている。もしくは、手が体に近過ぎる場合や遠過ぎる場合などがこれにあたります。

第2に、体の動きに問題があるケースでダウンスイングで体がボールに近づいたり、離れたりする動作がこれに相当します。

ゴルフ6 もしくは下半身を必要以上に使いすぎる場合などにミスを生み出します。この場合も、ゴルフスイングの途中でボールとに距離が変わるためです。

シャンクが出始め時点では、最初にアドレスを決め、以下のような体の動きをしていないかどうかを確認してみましょう。

バックスイングをインサイドに引きすぎている状態ではないか。もしくはフェースが開き過ぎになっていないか。

右膝が不安定でボールに近づく動きになっていないかといったところにも注意してみる必要があるでしょう。

こうした動きは、どれもシャンクを誘発する悪い動きだと考えるべきものだと言えるでしょう。

スポンサード リンク

シャンクが出始めた時点で、悪い動きがないかチェックしてドリルで修正するよう心掛ける必要があります。

とくに、ボールが体に近い、手が体に近い場合にはシャンクが出やすいので十分に気をつけましょう。

正しい手のポジションは腕を下にまっすぐ下ろしたときよりほんのわずかに前に出るくらいがひとつの目安になるでしょう。

ボールから離れて立たないこと

どうして腕の長さと軌道が狂ってしまうのかについてですが、まず、注意が必要なのはアドレスなのは間違いありません。

とりわけにボールと体の距離には注意を向けることが大切です。

総体的に見て、アベレージゴルファーのほとんどは、ボールと体の距離が離れすぎている傾向が見られます。

ボールと体との距離が遠く離れていると、スイングプレーンは不安定になります。

スイングプレーンが安定しないと、腕の長さに狂いが出てきて、それがシャンクの原因になることが多いという事実に目を瞑ることはできません。

アプローチシャンクが不得意なゴルファーは、最初に、ボールと体との距離をチェックしてみた方が良いと思われます。

グリーン周りのアプローチのアドレスでは、右足とボールとの距離はおおよそ靴1足ぶん程度にします。また、右ひじと体が離れていないようにすることも大切なので注意してください。

片手打ちの練習でボディでゴルフクラブを動かす感覚をつかむ

アドレスがシャンクが出にくい状態になっていても、手先でクラブをコントロールしてゴルフスイングでは、腕の長さが不安定になります。

そのため、ゴルフクラブを身体全体でコントロールする感覚を掴むことが大切です。

そのためドリルとしては、右手1本、次に左手1本でボールを打ってみる方法があります。

通常自分がアプローチショットでよく使うクラブで5~20ヤードを打つ要領です。

試してみると、左右どちらかが「打ちにくい」と感じるでしょう。人の身体は必ずしも左右同じ動きにはならないはずです。

この場合、「打ちにくい」と感じる側が、腕の長さが変わっている方です。つまり、これはシャンクにつながる原因と言えるでしょう。

左右どちらも同じようにスイングできるようになれば、格段にシャンクというミスショットの数は減らすことが可能です。

つま先下がりからのシャンクを防ぐ方法

スポンサード リンク

つま先下がりのライは他の傾斜と比較して、もっとも難しいものだという点は皆さんが日頃から感じていることではないでしょうか。

ほんのわずかの手先や体の動きが変わることで、ゴルフクラブがボールにまで正しく届かなくなる危険性があるからです。

このような悪い状況を考えた場合、どうしてもスイングする際にボールの行方が気になる気持ちは理解できます。

しかし、フィニッシュになるまで上体を起こさないで、低い姿勢をキープする意識が欠かせません。

そうした観点から考えると、体勢を維持するためにボールの行方を打ち終わってもすぐには追わないだけの自制心が必要です。

つま先下がりの状況で、もっとも陥りやすいミスとしては、腰を祈り曲げただけの状態で両腕を伸ばして、ボールにクラブの位置を合わせてしまった構えをとることです。

こうするとスイングしている間に上体がどうしても起きやすくなって、ゴルフクラブにボールが届かなくなりやすい傾向が強まることになりシャンクの原因になります。

まず、アドレスの姿勢の取り方ですが、少し高い椅子に腰かける場合のイメージで腰を真下に落とす姿勢をつくるところから始まります。

背すじは張りを持たせた状態を作り、上半身でゴルフクラブを吊るようなイメージで構えてみることがシャンクを防止する有効な方法です。

腕の伸縮だけ頼ってクラブヘッドの位置をボールに合わせようとすることは避けて、腰を落とし気味して両ひざを曲げた状態を確保してからボールにクラブをセットしましょう。

両足に関してはゴルフスイングしている間も踏ん張れるようにガニ股に構えてみてはどうでしょうか。

しっかりと振り切るまで、常にこのガニ股の体勢をキープしておいて、ひざの高さを一定に保つことが大きなポイントと言えるでしょう。

全体的に言えることは、体重移動はしないことです。あくまでもその場でコンパクトにスイングする心構えを持つことがシャンク対策になります。

フィニッシュに至るまでボールが最初にあった位置を見続けるようにして、それ以上大きなスイングは避けるべきです。

シャンクを矯正する

シャンクを矯正するにはインパクトを意識しないで素振り感覚で振り切ることを試してみてください。絶好調で満足しているときに、突然に襲ってくるのがシャンク病です。

スポンサード リンク

本当に嫌になる位、一度出ると立て続けに出る傾向があることは疎ましい限りです。

自分ではうまく打ったつもりなのが、右に大きくそれるシャンクとなる場合もあります。

この原因はおそらくは手打ちになっていることです。

方向性を出そうとして手で合わせにいくゴルフスイングになると、手が伸び過ぎてネック部分にボールが当たってしまうという結果につながるというわけなのです。

こんな状況になったら第一にインパクトを意識しないで、振り切るように意識していくしかないでしょう。

インパクトで手を止めるようにして合わせることは止めにして、フィニッシュまで一気に振っていくようにするのです。

ボールを打つということを一旦忘れて、ゴルフクラブを振ったらたまたまボールがそこにあったという感じにするわけです。

一番簡単な表現としては素振り感覚ということです。ゴルフスイングの途中でテンポを変えないで、一定のリズムで最後まで振り切っていくことが解決の糸口になります。

へたに調整しようとするから、逆に芯を外してシャンクになる確率が上がっていることを考えてみてください。

シャンクが出たら、すぐその場で何回も素振りをしてみて、とにかく振り切っていく感じをイメージできるようにしましょう。

他にもシャンクする原因はあります。それが、「ヘッドアップ」です。とくにグリーン周りからのアプローチショットなどで、顔を上げるタイミングが早くなりすぎると、フェースの根元に当たることになり「シャンク」するわけなのです。

このようなときには打った後でも、ターフを(たぶん)軽く削り取った跡を、しばらく見つめるように工夫すればヘッドアップを防げるようになるでしょう。

すぐに顔を上げてボールの行方を追わないことが必要なのです。

関連ページ

アプローチでのシャンク |

関連用語

ミスショット,シャンク対策,ゴルフスイング,基本

サブコンテンツ

このページの先頭へ