ゴルフスイングの基本

ゴルフスイングの基本を
このサイトで真剣に学べば
確実にスコアアップにつながります。

ボールポジションの基本

ボールポジションの簡単な説明

ボールに合わせて両足の位置をセットすることをボールポジションと呼びます。非常に簡単な説明を最初にしておきましょう。

ターゲットの方向を決めてから足の位置を決めるという手順になります。スタンスは肩幅があくまでもひとつの目安です。

もちろん、背の高さや手の長さにより多少個人差があるのは言うまでもありません。

スタンスが狭いと体勢が不安定になりやすく、広いと腰や肩の回転運動が難しくなります。また、クラブが長いとスタンスは広く、短いと狭くなるのが一般的です。

体の中心にボ一ルがくるように立つことが基本的なボールのセット位置になります。ゴルフ練習場で前方に鏡のある打席を利用すればボールと自分の位置関係がつかみやすいでしょう。

最初に右足をセットすることになりますが、両足を肩幅の広さに開いて、右足のつま先を真っすぐにするかもしくは右側に少し開くようにします。栂指球を中心にした体重配分が基本です。

次に、左足をセットすることになりますが、左足はつま先が真っすぐになるか、すこし左側に開きます。かかとが目標方向と平行になるスタンスはスクエアスタンスです。

上体を前傾させて腕を垂直に垂らして、正しいグリップで握ったゴルフクラブをボールにセットすることになりますが、このときボ一ルと足との距離を調節することになります。

ターゲットラインに対して、左足を右足より後ろに引いた状態にするのがオープンスタンスです。左足のつま先を左に向けることもありますし、アプローチショットなどでよく使用します。

クローズドスタンスは、ターゲットラインに対して、右足を左足より後ろに引いた状態にすることです。右足のつま先を右に向けることもあります。ドライバーショットなどで多用します。

ボールのセットポジションに関しては、以前に本能的に選ぶと説明したことがありますが、ベストポジションを見つけるのはなかなか難しいと思います。

スポンサード リンク

しかし、ゴルフスイングの基本をマスターする上では避けて通れない部分でもあります。

あるプロ選手の言葉を借りれば、「ラフに入ったボールが浮き上がってきて、クラブに近づいてくるように感じた」と言い表していました。

こんな感じが持てる場合は、ボールポジションが理想的な位置におさまっています。

ただし、プロゴルファーでも、そんな体験をいつでも出来るとは限らないでしょう。

ボールの位置を決める基準は

ボールの位置を決める基準に関しては、さまざまな人がさまざまな意見を述べています。どれも一理があるのですが、今回はその中のひとつの方法を紹介しておきます。

ゴルフ6 ポイントになるのはゴルフスイングの支点は左肩であり、ボールラインが左わきの下にくるのがベストだという考え方があります。

ボールの位置を決める基準はどこにおいたらよいのかは大変重要なポイントであることは確かでしょう。

まず、下半身に基準をおくか、上半身にきじゅんをおくかでも違ってきます。一般的には「左足のかかと線上」といった言い回しがされているため、下半身に基準があるように感じているゴルファーが多数派かもしれません。

しかし、上半身が基準となり左わきの位置で決めるという考え方もあります。スタンスは状況次第で大きく変わることは確かです。

そのため、実戦のゴルフコースではまともにスタンスがとれないことの方が多いのかもしれません。

そう考えると、どんなスタンスを取るにしても上半身を意識した方が決めやすいという考え方も成り立ちます。

その点から考えると、左わきを基準にすると分かりやすくなるという理屈も成り立ちます。

したがって、ボールのセット位置は左わきの下を基準にするわけです。

ボールを打つ際に、ダウンスイングは左下半身からスタートすることになります。

そのため、腰が回って正面から見ると少しオープン気味で斜め左を向く形になるでしょう。しかし、上半身は飛球線と平行に保つようにしておきます。

そうすれば左わきの正面にボールがあれば、一番打ちやすいと考えられます。

スポンサード リンク

スイングアークの支点となる場所は左肩のつけ根であり、左わきになるからです。

左わきの前より中に入ってしますと、ゴルフクラブのロフトどおりに打てなくなることが予想できます。

左わきの正面よりもスタンスの中心にボールがある場合、シャフトのしなりなども考慮すればクラブヘッドが戻りきらないうちにボールをとらえることが考えられ、球筋と弾道に齟齬をきたします。

フェースがオープン気味に当たるか、ロフトがかぶった状態で当たるかのどちらにせよロフトどおりのショットにはならなくなります。

ドライバーショットではボールをティアップする場合に、左わき正面より左にボールを置く人もいることは確かです。

この場合に適度なスタンス幅ですと、左わきの位置が左かかと内側にちょうど位置するため「ボールの位置は左足かかと内側線上」と一般的に言われていますが、ボールの位置を決める基準は、あくまでも左わきだと考えた方が確実な表現かもしれません。

ボールポジションを決める具体的な方法

ゴルフ5そこで、ボールポジションを決める具体的な方法を説明してみます。まず最初に、目を塞いで素振りをしてみるところから始めます。

最初は地面から15㎝程度上の高さでヘッドを通すことからスタートします。その高さを1イン程度ずつ徐々に下げていき、5回目ぐらいで地面に当てるように試みます。

一連のセットを実行したあと、先ほどクラブヘッドが当たった地点にボールをもう一度置いてやってみます。

こうすることで、ボールに対してゴルフスイングを合わせるのではなく、スイングの軌道上にボールを置く要領がつかめます。

このセットを何度か繰り返して実行すれば、ベストボールポジションが自然に決まります。

ゴルフ初心者が、これと同じ練習をするのは難易度が高いかもしれません。

そこで、正しいボールポジションを簡単にチェックする方法を次に紹介します。

ティアップしたボールを目をつぶって打ってみることです。

スポンサード リンク

当たらなかったらボールポジションが悪いということになります。

目を開けているときだけにヒットできるのは、スイング軌道上にボールがあるのではなく、ゴルフスイングをボールの高さに合わせているケースがほとんどだからです。

目を閉じていても打てる場所にボールを置くことが正しいボールポジションを知るために効果的なのです。

歩きながらボールを打つ

自分にとってのベストポジションを知るためには、まず、この練習を繰り返してやってみると良いでしょう。他にも、歩きながらボールを打つドリルも効果があります。

歩きながらボールを打つ場合は、左足を踏み込んだ位置で、ストレート、ドロー、フェードを打ち分けます。

そして、このドリルを実行するときの左足とボールとの位置関係が、実は自分にとって自然なボールポジションになります。

時間の取れるときに、ぜひ試してみていただきたいことです。ゴルフスイングの基本がまたひとつ手に入ります。

ドローボールのボールポジション

これまでのゴルフスイングのセオリーとしては、ドローボールを打つ場合には、インパクトで手を返せとか、インサイドアウトの軌道にするとする説明が多くありました。

しかし、ゴルフスイングを変えてドローボールを打つテクニックは、どの程度曲がるかの見極めが難しいので大きなミスにつながる危険性が高まります。

また、セカンドショットで通常のゴルフスイングに戻そうと考えても、ゴルフスイングはそんなに都合よく変更がきくとは限りません。

ドローやフェードはあくまでアドレスを変更することで打ち分けるほうが有利であって、ゴルフスイング自体はなるべく変えないことが望ましいわけです。

ルーティンの時点で、ストレートボールを打つことを前提としている場合は、肩、腰、スタンスの向き、更にクラブフェースの向きは、基本的にターゲットラインに対してスクエアをキープすることとなります。

これに対して、ドローボールを狙う場合のアドレスに関しては、クラブフェースの向きだけを目標ラインに対してスクエアにセットします。

そして、肩、腰、スタンスのラインはボールが打ち出される方向、つまりターゲットの右サイドとして、これはドローボールのカーブの頂点になるように合わせます。

スポンサード リンク

エイムラインという言葉がありますが、このボールを打ち出していくラインのことを意味しています。

このとき、重要なのはボールポジションです。スクエアラインに対して15~30度程度になる打ち出していく角度は、これが大きくなるほど体は右を向くことになります。

それによって、結果としてボールは内側(右寄り)に入ったように感じますが、ボールの位置はあくまでも通常のゴルフスイングと違いはありません。

ターゲットラインとボールとの関係は違ってきても、体とボールとの関係は変化しません。

つまり、ボールを打ち出していくエイムラインに対して平行に構える必要があるというのが結論になります。

例外的に上級者の中には、ボールを右寄せに置いたり、体とボールとの距離を普段より少し離して構えるタイプの人もいることは確かです。

その理由は、ボールが体から遠くなるとヘッド軌道がフラットになりやすく、ドローボールを打ちやすいためと考えられます。

アドレスに入ったら、視界の中の左側の景色はできるだけ目にしないように心がけることが必要です。あくまでも視線はボールの打ち出されるエイムラインに向けることです。

ドローボールを狙う場合は、クラブフェースだけをターゲットラインに対してスクエアになるように構えて、ひざ、腰、肩が作るラインはターゲットの右に向けます。

関連ページ

ボールのセット位置 |

関連用語

ゴルフスイング,ボールポジション,基本

サブコンテンツ

このページの先頭へ