ゴルフスイングの基本

ゴルフスイングの基本を
このサイトで真剣に学べば
確実にスコアアップにつながります。

ゴルフスイングと左足つま先の向き

ゴルフスイングで構えたとき、具体的につま先の向きの違いで、球筋はどんな影響を受けるのでしょうか。

最初に結論を述べておきます。左足のつま先を開いたゴルフスイングでは球筋は低くなり、逆に閉じるとフォームにすると球筋は高く上がります。

ゴルフスイングの基本に関する専門的な説明になりますが、理由を簡単に書いておきます。

左足のつま先を開くことによってフォロースルーで腰の回転が大きくなり、腰が左右にスライドすることが難しくなります。

その一方で、つま先をクローズにしてやると腰の回転が小さくなり、腰がスライドしやすい状態になります。

ゴルフ5腰の動きが変わることで影響を受けるのは、上半身です。腰の回転が大きいほど、肩の回転は水平方向になります。

肩が水平に回転すると、ボールは低く飛ぶのは、タテ方向の回転よりヨコ方向の回転に主体になるためです。

それとは逆に、腰の回転運動が小さい範囲ならば、目標方向に対して腰が大きくスライドしやすくなります。そして、右肩が下がり気味になって上半身は飛球線後方に傾きます。これで、タテ方向の動きが大きくなるため、ボールは高い弾道を描くことになるのです。

シチュエーションに応じた対応

このように、つま先の向きをどちらに向けるかによって、基本的なゴルフスイングに対していろいろな影響を与えることをぜひ理解しておいてください。

つま先の向きどちらに向けるかによって自分のゴルフスイングがどう影響されるかがわかったら、その場のシチュエーションに応じた対応ができるようになります。

スポンサード リンク

ボールを高く上げて転がさずに止めたいなら左足のつま先を閉じ気味にすれば良いのですし、反対に、低い弾道のボールを打ちたい場合には少し開き気味に構えればいいということです。

ゴルフスイングでは、構える時の体の向きは飛球線に対して平行というのが基本です。

これは、肩、腰、膝、爪先のおのおののラインをターゲット方向でなく飛球線と線路のレールのように平行にセットすることによって狙ったターゲットに対してボールを飛ばすことにつながるという意味です。

爪先の向きに関しては、左の爪先を外側に向けて構えると爪先と腫のどちらを結ぶラインを飛球線と平行にするのかという疑問を感じるでしょう。

しかし、この問題はじつにわずか角度の違いにすぎず自分自身が構えやすいほうを選択しても問題ありません。ただし、どちらを平行にするのかはしっかりと決めておく必要があります。

ついでに、両肩のラインですが左肩と右肩の先端部同士を結ぶラインを飛球線に平行にセットすると理解しておけばよいでしょう。

逆K字型のアドレス姿勢の場合、左腕の付け根と左胸の間に僅かな窪みが形成されるので両肩と胸のラインをすべて飛球線に平行にする状態は作れません。

さらに、両目のラインに関して説明すればスイング中の回転運動を円滑に行うためには飛球線と平行にセットすることが望ましいと言えます。

こうした一方で、それぞれのラインは構えたときのクラブフェースの向きに大きく影響されるため、この向きが正しくないと体の各部の向きも狂ってきてしまいます。

フェースの向きはリーディングエッジが飛球線に対して直角ということは理解しているでしょうが、直角のラインを実際に引いて構えてみると意外と直角にできていないケースも少なくありません。

アドレスの復習

ここでアドレスの入り方を復習しておきましょう。

ティ・アップから入り、ボールの後方からの目標の確認して、そしてその目標に対してクラブフェイスを正しくセットし、グリップとスタンスを作っていくという順序はプロのゴルファーでも全てがやっていることです。

このリズムは、いつも一定していて狂いがありません。それがゴルフスイングの基本を作り出して、ショットを良いものにしているのです。

スポンサード リンク

「プロだから一定のリズムが保てる」というのではなく、自分たちもアドレスの段階でそのリズムを早く身につけるよう一打ごとに気を配ることが必要となります。

アドレスの入り方を順序だてて説明すると長い時間かかるようですが、決してそうではありません。

時計を見ていれば、一分とかからずにできるはずです。

ゴルフのスイング中は、どの部分、どの過程においても力みがあってはいけません。

特に、最初のアドレスでは力むことは絶対に避けなければなりません。

そして、以前に説明してきたように一定のリズムを保ってアドレスに入れる人は、アドレスでの力みも感じられないはずです。

しかし、ただ打つことのみに気持ちがいってしまってリズムの欠ける人には力みが必ず出るものです。

ここでもう一度復習しておきましょう。

1・スタンス

スタンスにはオープン・スタンス、スクウェア・スタンス、クローズド・スタンスの三種類があります。しかし、採用するのはスクウェア・スタンスが良いでしょう。

そして、クラブが短くなるにしたがってスタンスの幅が肩幅より次第に狭くなり、左足が右足より下がったオープン・スタンスになるというふうに理解してください。

ドライバーやスプーンのショットでは肩幅の広さでも、9番アイアンになれば、それより狭くなるのは当然です。

スタンスで問題なのは右足です。飛球線に対して直角に置くことを心がけて、開くにしても、ほんの少しにとどめることが大切です。

こうすればバックスイングで右ひざが外側に流れることもなくなります。反面、左足のつま先は逆ハの字型にやや開いて、こちらはフォロースルーがとりやすいようにしてやるのが良いでしょう。

2・ボールの位置

ボールの位置はドライバーからショートアイアンまで左かかとの線上に置きましょう。

ドライバーやスプーンのショットでは、このことはゴルファーの頭の中にはっきりと描かれているはずです。

スポンサード リンク

しかし、アイアンの5番以下6、7、8番となるとボールを右足に近づけなくてはいけないと思っている人が多く見られます。

何となくボールの位置に対する感覚があやふやになっているのです。

碓かにアイアンの番号が大きくなるにつれてボールは右足に近づいてきます。

ただし、これはクラブが短くなるにつれてスタンスの幅が狭くなり、同時に左足が右足よりやや下がったオープンスタンスになるため、ボールを左足かかとの線上に置いても自然に右足に近づいてしまうのです。

早い話30メートルぐらいのアプローチではスタンスは極端に狭くなりますし、左足かかとの線上にボールを置いても、右足かかとの線上にあるように見えるものです。

ともあれ、ボールの位置は左足かかとの線上と整理して覚えておけば混乱も起こらないでしょう。

ゴルフスイング理論の裏づけ

こうした理論の裏づけが理解できると、ゴルフの楽しみ方に対する考えも今まで以上に深くなり、ゴルフプレーが待ち遠しい気持ちにもなるでしょう。

左足つま先の向きはゴルフスイングのタイプを決定する大きな要因になります。

ゴルフ6 左足つま先を開いて構えるプレーヤーは右脇が締まったフラットなゴルフスイングを、閉じて構える人は右ヒジを高く構えたアップライトなスイングを目指すと良いでしょう。

これを逆にやってしまうと、タイミングが狂ってくるはずです。

レディースの選手がコーチを受ける場合には、「ガニ股にしろ」とよく指導されます。

女子の場合、男子と比較して体が柔らかいケースが多く、つま先を閉じてエネルギーを溜め込もうとしがちです。

エネルギーを溜めるために、ヒザのラインよりもつま先を内側に向かせる人が多いのです。

それよりも、堂々と自然体に構えて、違う筋肉を鍛えて使うほうがゴルフスイングの基本によくマッチするものだと考えられているせいです。

スポンサード リンク

プロゴルファーのゴルフスイングを見る場合、最初に両足の向きをチェックするように習慣づけると良いでしょう。

その訳は、この両足の向きが、そのプレーヤーがこれからどんなゴルフスイングをして、球筋の狙いはどんなものかが予想できるものだからです。

この足の向きを調べるときは、かかとから親指を結んだラインを中心に観察しましょう。

そして目標線に対してスクエアにしたときを0度として、目標線と平行であれば90度とします。90°では、左足は左開き、右足は右開きになるわけです。

通常のゴルフスイングの場合、右足は0~25度、左足は15~30度の範囲に開く状態がひとつの目安となってきます。これはアベレージゴルファーでも上級者でも一緒です。

標準的なゴルフスイングの場合、右足のつま先を開く程度の意味合いは、左足ほど大きなものではありません。

各人の体の柔軟性にマッチするように、身体の硬いゴルファーはこころもち開き気味、柔らかいゴルファーはスクエアに近くするのが一般的です。

さらに、狙いの球筋によってドローの場合は開いて、フェード狙いなら閉じ気味にするといった具合に、若干修正するくらいです。

その一方で、左足の役割りは右足よりも重要です。ダウンスイング~インパクト、そしてフォロースルーに達するまで、左足が上体の動きをコントロールする働きをします。

これは、ショートアイアンで顕著であり、試してみるとすぐにわかることです。

左つま先をスクエアか少し閉じ気味にしてスイングしてみると、腰は左ヘスライドしますが、回転は少なくなります。

反対に左つま先を開くようにすると、腰はスライドしにくい状態になりますが腰や肩は鋭い回転ができるようになります。

この状態は、広くスタンスをとっても、ドライバーなどの長いクラブでも同じです。

つま先をスクエアにして構えると、スライドした分、フォロースルーで体の回転が難しくなるので、クラブヘッドはアウトサイドに抜けやすくアッパーな軌道になりやすいものです。

反対に、つま先を開いた状態でスイングすると体の回転が容易になる分、クラブが低く抜けやすい傾向が強くなります。

プロゴルファーの中には、この特性を活用して、左つま先をスクエアに近くして高い弾道を狙い、左つま先を開くことで低い弾道にするという具合いに使い分けている人も少なくありません。

ダウンでの体の開きについて

スポンサード リンク

ゴルフスイングの切り返し以降、上半身が開いてしまうのが悩みだと言うアマチュアゴルファーは少なくないようです。

背中が目標を向いた状態でインパクトするようなイメージがあっても、実際には上半身の開きを抑えられず、アウトサイドインの軌道で、引っかけやスライスが出てしまう状態になります。

どのようなイメージを持ったゴルフスイングをすればよいのか、また、どのようなトレーニングを積めば矯正できるのを知りたい人も多いでしょう。

自分のゴルフスイングの欠点や症状を把握しているということは、ゴルフ上達を目指す人にとっては非常に重要で欠かせないことです。

ゴルフスイングの傾向が掴めると、有効な対策も打てることになるのです。

自分のことを正確に理解しているゴルファーは、それがわかっていない人と比較すれば上手くなる可能性はずっと高いといっていいでしょう。

とはいえ、欠点がどこになるのかを理解していても、それを直す方法がわからない人も少なくないでしょう。

しかし、もし欠点や症状がわかっているのに、それを直せないとしたら、それは工夫が足りないといわざる得ません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ