ゴルフスイングの基本

ゴルフスイングの基本を
このサイトで真剣に学べば
確実にスコアアップにつながります。

フェアウェイバンカー対策・ショートウッド

ショートウッドでのフェアウェイバンカー対策としてクラブを短か目に握って、フルショットしないゴルフスイングが大切であることをお伝えしました。

そのため、クラブは普段よりも大きめの番手をセレクトする必要があります。

一般的なライの状況下であれば120ヤードを8番アイアンで打っているプレーヤーなら、7番アイアンを選ぶというわけです。

アゴの高さをクリアできて、求められる距離を出せることが、フェアウェイバンカーでのゴルフクラブを選択する条件になります。

ゴルフ5同じ距離を打つのであれば、ショートウッドを選択するほうがロングアイアンよりやさしいと感じる人が多いのではないでしょうか。

ショートウッドは刃先が前に突き出ている関係上、ロングアイアンよりも早くボールを拾ってくれるます。打ち出し角も高くなる点も有利な条件だと言えるでしょう。

ショートウッドは有利になった

少し以前のゴルフの世界では、トラブルショットでウッドを使うことは、利口者のすることではないといわれてきました。

フェアウェイウッドをロングアイアンと比べてみるとソールの面積がはるかに大きく設計されているので、ダフリのミスショットになったときの摩擦が大きくなり、ヘッドスピードが急激に落ちてしまうからです。

これが原因で、ショートウッドでミスショットしてしまうと、ほとんどボールが前方に飛んでくいれない状態がよく起きました。

けれども、現在は話が違ってきています。最近のショートウッドはソールが滑るように設計されているので、少々のダフリならば極端なミスにはつながりません。

ショートウッドのゴルフスイング

スポンサード リンク

そのため、たとえトップ気味にヒットしてしまってもボールが上がりやすいショートウッドを好んで使うほうが、メリットが大きいという考え方ができるようになりました。

3番アイアンと7番ウッド、4番アイアンと9番ウッドはほとんど同じロフト角になっています。

しかし、まったくと言って良いほど球筋は違ってきます。

ショートウッドならば途中からグングンとボール高く舞い上がっていくのに対して、ロングアイアンではライナー気味に低弾道を描いて飛んでいきます。

ゴルフ6 フェアウェイバンカーからのゴルフスイングではそもそもボールが上がりにくい状況なにですから、どちらを選ぶのが賢いのからは迷うことはないでしょう。

肘は柔らかい状態を保つ

ガードバンカーならば、意図的にダフらせるのでできるだけ柔らかくグリップしますが、フェアウェイバンカーではダフリは禁物なので、ややしっかりと握るべきでしょう。

気を付けるべき点は、肘は柔らかい状態を保つようすることです。それができないと、クラブヘッドが走らないのでボールがうまく浮いてくれません。

フェアウェーバンカーからボールだけをクリーンにヒットするポイントをまとめておきましょう。これはフェアウェーウッドに限らず、ゴルフスイングにおけるヘッドコントロールでいちばん大事なことになります。

それは、左の前腕とシャフトの角度をゴルフスイング中キープして、広がらないように気を付けておくことです。

ゴルフクラブを正面の胸の高さまで持ち上げた状態かアドレスした状態のどちらかで、まずは左前腕とシャフトの角度を150度にする必要があります。

この角度を作る際に失敗するやり方には、左手グリップの正しい握り方をマスターできていないケースが多く見られます。

クラブヘッドを地面にソールした形を作って、左手の小指、薬指、中指の3本の指の付け根にグリップをあてがい、そのグリップを小指丘で押さえつけるよう握ってみることから確認しておきましょう。

そのまま軽くクラブヘッドを浮かしてみるとよくわかると思いますが、直角に持ち上げようと考えても、クラブヘッドの重みのせいで、左前腕とシャフトのあいだにある角度ができると思います。

この角度はおよそ150度位になるのが普通です。そこから先はこの150度をずっと維持したまま右手を添えて両手でグリップして、腰を中心に上体を折り曲げてもう一度ヘッドを地面にソールするとゴルフクラブの基本となる正しい前傾姿勢が出来上がります。

スポンサード リンク

この形が無意識のうちにできるようになれば、クラブヘッドと両手の位置関係は自然に落ち着くようになります。

そして、ゴルフスイングの最中でも、この角度をキープして振ることを意識すれば、インパクトでは構えたポジションにヘッドが下りてきて、ダフリやトップになることは驚くほど少なくないでしょう。

ダフリのミスショットは、ダウンスイング中に左手のリストが伸びて、150°の角度が崩れることが原因で引き起こされるものです。

飛距離を伸ばそうと意識すると、ダウンスイングで左手のリストや腕が伸びることがよくあるので、飛ばそうとは意識しないようにすることが大切です。

フェアウェーウッドは、飛ばそうと思わなくても、しっかりと芯でボールをとらえることができさえすればボールを遠くに飛ばしてくれるゴルフクラブであることを理解しておきましょう。

アプローチショットなどでダフリの多いタイプのゴルファーも、この角度を維持するようにしましょう。ボールだけをクリーンにヒットできるようになり、思い通りのゴルフスイングに近づきます。

初心者にとってのフェアウェイバンカー対策

初心者にとってのフェアウェイバンカー対策としては、長い番手を使おうとしても難しいところがあるでしょう。

距離がまだ残っていてもここは我慢して9番アイアンくらいが妥当かもしれません。

フェアウェイバンカーは、グリーンから離れたところに設けられているバンカーです。そこで、どうしてもボールを飛ばしたくなる気持ちになるのはわかります。

しかし、これがミスの原因にもつながってきます。フェアウェイバンカーから距離を出すというのは難しい技術が必要だと考えておきましょう。

ほとんどの初心者は長いクラブを手にすると、ミスが出やすくなるものです。

たとえボールが沈んでいない状況であっても、9番アイアンが限界と気持ちを抑えます。それ以上長いクラブを使うのはあきらめてしまいましょう。

ポイントになるのは、やはりボールを右足寄りにセットしてダイレクトにボールを打つようにすることです。

手にするゴルフクラブは9番アイアンだとしても、フェアウェイバンカーからはできるだけ距離を稼ぎたいところでしょう。

そのためには、できるだけ砂の抵抗を受けないような打ち方が適当でしょう。ボールのセット位置は右足寄りにするのが基本です。

スポンサード リンク

ボールだけをクリーンにヒットするイメージではなく、少しトップ目にダイレクトにボールを打つイメージで打つことを考えます。

ボールが沈んでいる状況ならば、とにかく脱出を優先します。通常のバンカーからとこの点は共通しますが、出すことに専念します。

飛距離がどうしても必要と考えるなら、アプローチウェッジなど長いクラブかピッチングウェッジを使うという方法も残されています。

初心者ほどダフリに注意する

フェアウェイバンカーでは打ち方も大切ですが、やはりクラブの番手の選び方をどうするのかが重要になってきます。

脱出することが最優先事項となるので、一番最初に考えなくてはならないのはバンカーの土手に当てない程度の番手を選ぶことでしょうがそれがどのクラブなのか迷うのが初心者です。

ボールのセンターの少し下を狙って薄めの当たりを狙うこと、つまりトップ目なのですが、ミスヒットする可能性も当然ありますから、土手を拉えるギリギリの番手は避けた方が間違いは少ないでしょう。

ボールを上げにいく場合は大きめの番手を選んで意図的なスライスを打つ方法もあります。

最適なロフトのクラブをしっかり打つことと比較して、それほど難しいわけではないので、より安全性の高い攻め方とも言えるでしょう。肝心なのは絶対に土手に当てない番手選びです。

コンパクトなゴルフスイング

ショートウッドでゴルフスイングをコンパクトにしようとする場合、ゴルフクラブを手で上げてしまって小さなトップの形をつくるケースが少なくありません。

しかし、身体をしっかりとターンさせないコンパクトなフォームでは手打ちと同じことを意味します。

回転胸に関しては、トップ・オブ・スイングまでには右とし、フォロースルーでは左を向くまでカラダをきちんと回転させる必要があるのは言うまでもありません。

フィニッシュではおへそをターゲットに向ける意識を持てば振りが鋭くなってそれなりの飛距離が出せるはずです。

コンパクトなフォームでもゴルフスイングのリズムに違いはありません。

ゴルフクラブを通常よりも振り上げない手のポジションが低いままのトップ・オブ・スイングでは、切り返すタイミングが早くなりがちです。

スポンサード リンク

けれども、打ち急いで早くクラブを下ろしてしまうようではミスを招くリスクが高まります。

小さなトップ・オブ・スイングから慌てずにゆっくりと切り返して、インパクトに向かって徐々に加速させていくイメージでスイングすることがショートとウッドでは大切です。

関連ページ

バンカーショットの打ち方 | バンカーから距離を打ち分ける二つの方法 | バンカーショット対策 | バンカーショットの間違い |

関連用語

フェアウェイバンカー,ゴルフスイング,ショートウッド

サブコンテンツ

このページの先頭へ