ゴルフスイングの基本

ゴルフスイングの基本を
このサイトで真剣に学べば
確実にスコアアップにつながります。

つま先上がりとつま先下がりのトゥダウン

つま先上がりとつま先下がりのゴルフスイングでは、どの程度トゥダウンを考慮に入れればいいのか考えてみましょう。

ボールを地面から15センチぐらいの高さまで大きくティアップすれば、つま先上がりと同じ状況を作り出すことができます。この状況でドライバーで試しに打ってみましょう。

結果は、たぶん空振りに終わるか、ボールに当たってもテンプラが良いところではありませんでしたか?

こうしたティアップの状態からのゴルフスイングでは、ヘッド2~3個分はボールの下を通過すると思います。

つま先上がりの傾斜地で、ダフリのミスが出やすくなる理由のひとつはここにあります。

シャンクのミスショット

ゴルフ5つま先上がりの傾斜では、ボールが15センチ高くなることによってヘッドにして半個から1個分、トゥダウンしてしまいます。

そのため、少しトップ気味の感覚でボールの上を打つと、ちょうど芯に当たる確率は高まります。

極端なつま先上がりの傾斜ならば、ボール1個分くらい上を振るほうがジャストミートできるでしょう。

逆に、つま先下がりではトゥダウンが小さくなることになりますので、いつもの感覚で打つとフェースのヒール側にボールが当たります。

つまり、シャンクのミスショットが多発することになります。

シャンクという現象は、フェースの内側(ヒール側)にある膨らんだ部分にボールが当たり、右方向に飛び出してしまうミスです。

これはこれで厄介なミスですから、別な機会にでも改めて説明しましょう。

感覚のズレを修正

スポンサード リンク

シャンクは、インパクトが指の幅ほど芯からヒール側にズレただけでも起こります。

つま先下がりでは、フェースのトゥ側にボールをセットしないと、ジャストミートは難しくなります。

つま先上がり、つま先下がりの傾斜では、ゴルフスイングの基本の芯でボールをとらえるという行為が難しいのです。

フラットなライで芯に当たらないのは練習が足りなく技術も不足していると切って捨てることもできます。

しかし、フラットなライでボールをスイートスポットでしっかりととらえられるゴルファーならば、話は違います。

トゥダウンによる感覚のズレを自分なりに修正をかけることで、つま先上がり、つま先下がりの傾斜に対する苦手意識を克服することは夢ではありません。

打ちたい打点のポイントと実際の当たりとのズレを修正し、ボールのない所を真剣に振ることで芯でとらえる感覚を養いましょう。これで、傾斜地に対する苦手意識もなくなるでしょう。

つま先下がりの傾斜では目標に対してオープンスタンスぎみに構えて、意図的にスライスを打つテクニックもあります。

オープンスタンスにするメリットは、左足上がりの要素が加わるためボールをとらえやすくなることにあるのです。

ただし、飛距離は大幅に落ちるので、その点は注意が必要です。飛距離が落ちる分、番手選びを考慮するということになるでしょう。

傾斜地の問題

本番のゴルフコースと練習場を比較していちばん違う点というのは、人によってさまざまでしょうが足元のライに注目する人も多いようです。

ゴルフ6 一見フラットのような感覚になるティグラウンドを見ても、よくよく観察すると微妙に中央がセンター付近が盛り上がって、傾斜がついていることも珍しくありません。

傾斜はスロープとも表現されますが、実際には、つま先上がり、つま先下がり、打ち上げ(左足上がり)、打ち下ろし(左足下がり)とそれぞれのゴルフスイングの基本を区別して説明することが多いものです。

この傾斜がゴルフを難しくしている要因の一つであることに間違いはありません。足元に傾斜があると、どうしてもゴルフスイング中にバランスを崩す可能性が出てくるからです。

スポンサード リンク

さて、足元に傾斜が入ったライの状況のうちで一番ゴルファーが悩んでしまうのは、つま先上がりとつま先下がりのライのようです。

日本で造成されたコースはその多くが丘陵地や山岳を切り開いて作っている関係上、フェアウエーを外せば、ほとんどがつま先上がりかつま先下がりのライに直面します。

これに対処するだけの技術力を身につけなければ、本番では役に立たないということになります。

そのため、スコアメイクを考える場合には、そういう場所からのゴルフスイングの基本をマスターしておかなければ勝負になりません。そのポイントをもう一度考えてみましょう。

多少のラウンド経験のあるゴルファーなら、つま先上がりのライからのゴルフスイングでは左に引っかけがでやすく、つま先下がりからは右に曲がるボールが出やすいことはすでにおわかりでしょう。

つま先上がりのライ

つま先上がりのライからのゴルフスイングから考えてみましょう。

つま先上がりのライでは、ボールが足元より高いポジションにあります。クラブをセットアップしたとき、ヘッドのトウ側が上がった状態になるわけです。

その状態では、ロフトがある分だけフェースが左方向を示しています。つまり、そのフォームでボールを当てると左に飛ぶというわけです。

それを知っている場合は、インパクトのタイミングでリストを返さないようにいつの間にかしてしまうので、右方向へのプッシュアウトも出ることもあります。これら念頭に置いて対策を考えるようにしましょう。

原因はトウアップすることにありますから、リーディングエッジが斜面と無関係にレベルになるようにすれば良いのです。

クラブは短くグリップして、ハンドアップの状態でアドレスをとりましょう。ハンドアップするとヘッドのヒール側が浮く状態となり、斜面に無関係にゴルフクラブのソールはレベルになります。

ライの状況でも多少違ってきますがラフにわずかにボールが浮いている状態なら、ストレートに打つことも可能です。

つま先上がりは自然にフェースが左を向く傾向があるため、ヒッカケが出やすいのですが、ハンドアップすることでフェース面をターゲットに向かって真っすぐにセットすることができます。

それと同時にハンドアップするとリストターンがある程度抑えられる効果もあるため、フック系のボールや左に引っ掛かるボールが出にくくなるメリットも考えられます。

つま先下がりでもクラブのソールが水平になるように構える

スポンサード リンク

つま先下がりのライからのゴルフスイングの基本は、つま先上がりとは逆の現象が出がちな点を考慮する必要があります。

つま先下がりからは右に出やすいと説明しました。

右にボールが出やすいかという理由は、ヘッドのソール部分をつま先下がりの傾斜と平行に接地させているためです。

これは平地でいえば、ヘッドのヒール側を浮かした、ヒールアップのアドレスをとっているのと同じ状態と言えるでしょう。

さらに、ライ角をフラットに調整したアイアンと同じことになります。

ロフトの分だけフェースは右方向を示しているので、ボールはスライス回転して右に曲がることが多くなります。

つま先下がりからストレートに打つ方法としてはどんなことが考えられるかについて説明しておきましょう。

具体的にはフラットなライを人工的に作ってやることを考えます。

つま先下がりの傾斜とは無関係に、クラブのソールが水平になるようなアドレス姿勢をとります。

両膝はいつもより深く曲げて、下半身を安定させるためにどっしり構えたら、斜面に逆らってトウ側を浮かせてセットアップしてみましょう。

つま先下がりのスロープでは、自分の足元が高くなっている関係上、ハンドダウンになりやすいものです。

それならば、ここでもストレートに狙って打っていけます。ものは考えようという意味になります。

斜面からのアプローチショット

斜面からのショットは傾斜に逆らわず重力に逆らってアドレスするのが最も重要なことになります。

言うまでもなく、グリーン周りを含めてコース内はは常に平坦だとは限りません、

砲台グリーンもありますし、グリーンの横に山肌が邪魔していたりして、斜面からのアプローチをどうしても避けられない状況にに遭遇することもよくあることです。

ただし斜面からのショットは、傾斜がよほどきつくない限り通常の打ち方で構いません。

グリーン周りの斜面の場合は、左足下がりと左足上がり、つまり打ち下ろしと打ち上げが、状況としては多いといえます。

スポンサード リンク

逆に、つま先下がりとつま先上がりの状況はそれほど多くはないでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ