ゴルフスイングの基本

ゴルフスイングの基本を
このサイトで真剣に学べば
確実にスコアアップにつながります。

ゴルフできちんと腕を振る方法

ゴルフできちんと腕を振る方法です。ゴルフスイングでは基本的に腕をしっかり振れば体がそれに反応して勝手に動き、理想のゴルフスイング、理想のインパクトができるのだと言う人もいます。

これと逆行するのは、いわゆる「手打ち」になるという意味になります。

ただし、この場合に注意しなければならないポイントがいくつかあります。ここでは、そのポイントのいくつかに関して説明しておきましょう。

バックスイングの注意点

ゴルフスイングでは基本的に腕をしっかり振れば体がそうれに反応して勝手に動き、理想のゴルフスイング、理想のインパクトができるのだと言う人もいます。

ただし、この場合に注意しなければならないポイントがいくつかあるのでそれを理解しておきましょう。

バックスイングでは野球のピッチャーがボールを投げるときの要領を意識して、ヒジを曲げながら引いていくことが必要になります。

絶対に手から先に上げるのは避けましょう。また右ヒザは動かさないよう注意が必要です。その理由をこれから説明しておきます。

ゴルフ5 ボールを投げる要領でヒジを引けば、右肩は自然と後方へ引いた状態となり胸が右を向くことになります。

また、右股関節も理想的な動きとなり自然に体重を受け止めるようになります。

これは、意識して体をターンさせたり、右股関節や右足で体重を受け止めたりすることを意識しないで良いということです。

腕を振り上げると、手と腕の重さのために慣性の力が働いて勝手に上半身と腰は回転運動を始めて、体重を受け止める姿勢が出来上がると言うことです。

ピッチャーのイメージがうまく浮かばないという人は、思い切って空手の瓦割りをイメージしても良いでしょう。

中腰になった状態で両腕をだらりと下して、軽くこぶしを握った姿勢をとります。

スポンサード リンク

このとき、手の甲は正面を向いていることになります。その姿勢から右手の拳を体に引きつけてみましょう。

この方法だと、必ず右ヒジを引いて、右の拳を体へ引きつけている状態ができます。

右手を引きつけたら右拳を見てみましょう。

腕を下げているときは手の甲が正面を向いていたのに、引きつけると手の甲は後方を向く状態になるでしょう。

これは、ヒジを引きつける動作のために右腕が自然に外旋することを意味しています。

引きつけたあとでも手の甲が正面を向いたままであれば、腕の力と全身の力を同時に使い、大きな力を込めて瓦を割ろうと意識していることになります。この状態では右腕は外旋しません。

素早いジャブをボクシングの選手が何発も繰り出すように腕を使う場合も、右手を引きつけたタイミングで必ず右腕は外旋し、右手の甲は後方を向きますので、ちょっと試してみてください。

右ヒザが伸びてしまう状態だと、股関節はうまく使えず、ただ移動しているだけの動きになります。

胸を正面に向けた状態で右ヒジを引いて、腕を振り上げるようにしましょう。

胸の向きを変えなければ、自然に右股関節が正しく動いて移動してきた体重をきっちりと受け止めることでしょう。ここが大きなポイントになります。

自然に右股関節が体重を受け止めるということが意味する事は、胸を正面に向けたまま右ヒジを引いて腕を振り上げるバックスイングになります。

そうすれば、右足へのウエートシフトも自然に行われるということになります。

腕の引き方が間違っていなくても、体を回転させてしまうと右股関節は正しく動かないで、ウエートが右足へ移動せずに左足に残った状態になります。

この状態は「リバースピボット」と呼ばれるものです。

ダウンスイングからフォロースルーの注意点

ダウンスイングで腕を振り下ろす場合には、特に意識すべきことはありません。ボールを思いきり引っぱたくようにして、力一杯腕を振って下ろせばいいだけです。

これで、振り下ろしのスタート時より振り下ろし終わった時点のほうが力が入ります。表現をければインパクトに向かって徐々に力が入ることと考えて良いでしょう。

これがマスターできればバックスイングでこれまで曲がっていたヒジが伸びて、その動きに連動して外旋していた右腕が内旋するようになります。

スポンサード リンク

すると、クラブフェースはインパクトゾーンで閉じる方向へターンするので、フェースの開閉を使った理想のインパクトに近づきます。

インパクト後のフォローを意識する必要はまったくありません。

フォロースルーからフィニッシュにかけては、腕を振ることで発生する慣性で自然と収まる位置に収まると考えて構いません。

乱暴な表現をすれば、最初のうちはボールを力一杯パチンと引っぱたいたらそれで終わりという意識でも構いません。

注意点をあえて挙げれば、まずはヘッドを最初に下ろさないことです。

ヘッドを最初に下ろす動きだと、その途端にフェースがシャットになってしまいインパクトゾーンでフェースの開閉をうまく使うことが難しくなります。

また、バックスイングで外旋するのと同時に曲がっていたヒジが早く伸びきってしまうので、インパクトゾーンでは内旋が起こりません。

これらを防ぐ対策としてはグリップを右足のやや外か、真上に下ろすイメージをもつゴルフスイングをするのが良いと思います。

ただしこのイメージでゴルフスイングすると、バックスイングからダウンスイングヘの切り返しのタイミングで、一瞬動きが止まることがあります。

そうなると、ゴルフクラブが外から下りやすい傾向がツよう真理ます。

そこでピッチャーがボールを投げるときの要領を思い出して動きを止めずに、連続した動作で下ろすことを意識してみましょう。

ゴルフ6 そうすればダウンスイングで両腕が理想的な方向へ旋回して、自然にフェースターンになります。

フェースが開いたままインパクトするイメージでも場合によっては構わないでしょう。

他に注意することは、体を左方向へターンさせないことです。ターンさせてしまうと体が開いてしまい、手が遅れて下りてて振り遅れになります。

体を横にターンさせないようにするには、バックスイングのときと同じ要領で、空手の瓦割りをイメージしても良いでしょう。

瓦を割る場合、引きつけた手を瓦のある真下に向けて真っすぐ振り下ろします。これを真似して腕を振れば、体が横にまわることもありません。

さらに胸が正面を向いた状態でインパクトを迎えられるようにするには、体幹部に力をグッと入れて踏ん張りを効かせるイメージをもつとより正しいゴルフクラブの基本になるでしょう。

上半身と下半身に捻転差

スポンサード リンク

地面に置いてあるボールに対して渾身の力を籠めて引っぱたく。

このときの腕の振り方が、アームスイングの腕の振り方の基本と考えれば良いでしょう。

人間の体幹部に関しては、身体構造から考えると実は回転することはできないものです。

そのため、下半身を固定して上半身を回転させ、捻転差を作れというゴルフスイング理論の説明だけでは実は不十分なのです。

プロゴルファーのトップを観察すると体がねじれているように感じるでしょう、これは腕でゴルフクラブを上げると自然に右股関節に動きが生まれて、そこに体重が来るためです。

ダウンスイングからフィニッシュにかけても腕を振ることによって左股関節が動くために、そこに体重が乗ることになります。

これが体重移動が発生するため体が回転しているように見えるだけなのが実際のところです。

つまり、腕や股関節が動くのでゴルフスイングの最中に体がねじれたり、回転しているように見えるわけです。

ゴルフ5 しかし、アマチュアゴルファーは、体を回転させたりねじったりすることで腕や股関節が動くと間違って理解しているように思えます。

プロゴルファーのようなインパクトをマスターしたいと考えるのであれば、まずはゴルフスイングに対するこの大きな勘違いを見直す意識を持つ必要があります。

この部分が改善されれば、ゴルフスイングは飛躍的に上達する可能性が生まれてくることでしょう。

腕の振りの方向

ゴルフスイングは「縦振り」なのか「横振り」なのかについて正解はあるのでしょうか。

この点に関しては普段考えているよりもずっと横振りの傾向が強いと意識した方がよさそうです。

本当のところは、縦とか横とか明確な角度ではなく、クラブのライ角に従ったスイングプレーンに沿った動きが正解です。

しかし、多くのゴルファーに共通する問題点として縦方向に腕を振りすぎている傾向が挙げられるでしょう。

仮に、上体を前に傾けないまま真っすぐに立った状態で、手元とクラブヘッドが胸の前にあるアドレスから体を左右に回してみて水平に素振りしてみましょう。

スポンサード リンク

そしてその動作を、今度は上体を前傾させてやってみましょう。

本来であれば、これがスイングプレーンに沿った正しいゴルフクラブの動きにもっとも近いと言えます。

しかし、この動きを実際にやってみると、多くの方は横振りの状態だと感じるケースが多いようです。

普段は、この状態よりも縦方向に振っている感覚の人は、おそらくはスイング中に手を使いすぎていて、クラブを上下に振り回している可能性が高いでしょう。

基本となるゴルフスイングは、それ以上に横振りに近いと考えた方が正しい道を歩めるでしょう。

ゴルフできちんと腕を振る方法を御理解いただけたでしょうか。以下の関連ページも参考にしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ