ゴルフスイングの基本

ゴルフスイングの基本を
このサイトで真剣に学べば
確実にスコアアップにつながります。

バックスイングの左脇の感覚をつかむ

ゴルフスイングの基本において、バックスイングのときに左脇が空いていると指摘される人も少なくないと思います。

この場合、自分でも左脇が空く感じがするケースが多いでしょう。

しかし、左脇を締めようと意識が働くと、スムーズなバックスイングができないこともあります。

左脇というのは、ゴルフスイングでは、締めなくてはいけないものなのかを考え直してみましょう。

左脇は締めるものではなく、自然に締まるもの

左脇を締めるということから意識することは、人によるでしょうがアドレスした際に左の上腕を体にしっかりとくっつけることだと考えている人が多いように思います。

しかし、左脇というのは意識的に締めるものではなく、ダウンスイングでは自然に意識せずとも締まるものだと考えてみてはどうでしょうか。

バックスイングからダウンスイングへの切り返しの瞬間、肩のラインと腰のラインにはギャップが生じます。左腕が体に近づいて左脇が締まるということはあくまで動きの中で自然に締まるのです。自分の意志で締める性質のものではないとも考えられるのです。

アドレスにおいては意図的に作るという感覚よりも自然に入るというイメージが正しいでしょうし、バックスイングは「意識して上げる」より「自然に上がる」という感覚の方が気持ちよく振りきれると思います。

できるだけ自然な動きをゴルフスイングに取り入れて、エネルギー効率に優れたゴルフスイングをして、気持ちよくスイングした際にボールが芯にうまく当たるようにすることを考えてみましょう。

そのためには、ゴルフスイングを能動態に行なうよりも受動態な気持ちで実行した方が良いと考えた方がうまくいくことが意外に多いのです。

左脇が空くというのは単純に説明できない

スポンサード リンク

ゴルフスイング中の左脇の感覚については、フィーリング的には「左右の脇が同じくらい適度に締まっている」といったところではどうでしょう。

おそらく、切り返した瞬間には左脇が締まっているはずですが、それを特に意識しなくてもできているでしょう。もちろん、バックスイングで左脇が空くという感覚もないとしてです。

プロゴルファーや上級者クラスのプレーヤーの中には、バックスイングで左脇が空く人も少なくないようです。

それでもこうしたゴルファーの場合、ダウンスイングでは左脇は締まるフォームであり、ゴルフスイングの全体としては問題なくできています。

しかし、その動き自体は決して単純なものとは言えません。単純でないということが意味するものは、ここ一番という大事な場面でメンタル面でプレッシャーのかかった状況などでボールが曲がるリスクがあるという意味です。

ゴルフ5そのため、アマチュアプレーヤーは、自分のフォームを見てバックスイングで左脇が空くという状態があると感じたら、修正した方が確実なことだと思います。

左手1本で素振り

そこで、どうしたら左脇に最適な締まり具合を持たせてスイングすることができるのかが問題になります。

一番大切なことは、腰や背中でゴルフクラブが持つ重さを感じることで、自然に脇が締まるような構えをするということになるでしょう。

ターゲット方向を見ながらクラブの重さを感じて、その重さを腰と背中で支えるイメージが大切です。そうすることで、脇は自然で無理のない締まりを持つことができるでしょう。

ゴルフ6 それに反して、上体でゴルフクラブを押さえつけるような構えになっていると、脇の自然でベストの締まり感が掴みにくいため注意しましょう。

何より、脇が空く感じがする場合、どうしても脇を締めようと意識してしまうことでしょうが、動きに問題の脇の部分だけを直接矯正しようとすると、その他の場所に問題が出やすくなくなるために注意する必要が出てきます。

スポンサード リンク

うまくアドレスで両脇が締まる感じを体得できるようになったら、左手1本を使ったスイングのトレーニングをしてみることをおすすめします。

右手は左の上腕を押さえながら、番手はミドルアイアンくらいで素振りをしてみましょう。

この際に、ゴルフスイング中の感覚に関しては、脇の締まり具合が一定になるようにすることが肝心なところです。

とりわけ、バックスイングでの際に手や腕の上半身を使いすぎる傾向の強い人は、手が体から離れやすく、どうしても脇が空きやすくなるため気を付ける必要があります。

意識の上では、両腕を脱力して下に垂らして、腕とクラブはウエートシフトや、脚の動きの影響で左右に揺らす程度の感じが掴めれば成功だと思います。

この左手1本でスイングするドリルでは、切り返したタイミングで左脇が締まる感覚があるかどうかを確かめてみるようにしましょう。

さらに、その締まり具合をインパクトまで保つことができれば合格です。

そして、実際にラウンドする場合には左脇などを特別に意識しなくてもナチュラルなゴルフスイングがきるようになっているのが理想的です。

もう一度繰り返しておきますが、左脇は締める意識をもつことではなく、自然に締まることが重要なポイントだと理解してください。

ゴルフスイングの相談室

バックスイングの左脇の感覚についてゴルフ初心者がどうしても解決できない疑問をもってしまった場合、ゴルフ相談室で相談してみるのも一つの方法です。

インターネットが発達してネットを利用した無料の相談室がその気になって探せばいくつも見つかるでしょう。

たとえ自分で相談しなくても、他の誰かが同じ悩みを既に相談して解決しているかも知れません。

検索するだけで容易に貴重なゴルフ情報を初心者でもゴルフのバックスイングに関して入手することが可能です。

ゴルフ初心者の場合、バックスイングについてもよくわからないことが多いものですから周囲の人に尋ねてみるのが恥ずかしいと感じる人が多いようです。

ゴルフスイングの基本と言われていることは思っているほど多岐にわかれるわけではありません。共通する悩みを皆が持っているのです。

スポンサード リンク

相談室の情報でバックスイングの基本さえマスターできれば、ゴルフスイングの上達の近道になるはずです。

けれど、実際には簡単にゴルフがうまくなる人は少ないのです。この理由はどこにあるのでしょうか。

その理由がわからなければ相談ばかりしていてもゴルフが上達することはないでしょう。

ゴルフスイングの基本として、グリップ、アドレス、バックスイング、ダウンスイング、インパクト、フォロースルーがフィニッシュあります。

そのどれもが大切なことばかりなのはもちろんもうおわかりでしょう。ただし、共通して言えることはスムーズにクラブが振り抜ける感じを一番優先して見つけることが大切です。

上級者のバックスイングを真似しているだけでは満足なバックスイングはできません。ゴルフスイングで悪い例として、まず、猫背になっている人がいます。

クラブを手にしていますから、胸を張れないのは当前ですが、必要以上に猫背にならないように注意しましょう。

上半身が前傾しないままでスイングしている人も見受けられます。前傾姿勢をしっかりと維持するようにしましょう。ぎこちない構えではうまくヒットすることは難しいのです。

ウエートシフトもゴルフ初心者にはなかなかスムーズに行うのは難しいところです。相団室で悩みを解決して、頭では理解していても実際に身体を思い通りに動かすのは難しいところです。

スイングの基本形を確認する

ずっと昔から変わらないゴルフスイングの原理原則がどんなものかを理解するには、腰の高さの振り幅でクラブを振る練習を繰り返すのが一番効果があります。

アドレスの姿勢から上体を真っ直ぐ立てて、クラブを体の真正面で持つ形を最初に作りましょう。両腕は自然に伸ばして、両ヒジを下に向けておくようにします。

そして、両ヒザをできるだけ真正面に向けた状態を作って胸を右に回してみましょう。体幹部の捻りを意識して上体と下半身を捻るように体を回す動きを実際に試してみるわけです。

ダウンスイング以降では胸がターゲット方向を指すまで体幹部を左に捻りながら体をフルターンさせてみましょう。

腰の高さの振り幅でも、体の回転量はフルスイングとほとんど違いはありません。腰の高さの振り幅をハーフスイングと呼ばれます。

スポンサード リンク

これはアプローチショットの基本形です。また、ゴルフスイングの原点としても意味のあるものなのです。

ハーフスイングから手首のコッキングをさらに加えて、ゴルフクラブを縦方向に上げてトップ・オブ・スイングやフィニッシュのポジションをつくるのがフルスイングです。

スイングの基本動作を覚えるにはハーフスイングの反復練習をすることが一番です。

上級者たちはその重要性を十分に理解しているので、日頃からハーフショットの練習を多めに取り入れていると言われています。

また、少し調子がおかしいなと感じるとハーフスイングの基礎練習に立ち帰ってスイングチェツクするべきです。

このトレーニングでポイントになるのは両ヒジを下に向けたままで体を左右に回転することにあります。

アドレスの両ヒジの間隔を維持したまま、スイング中に両腕を捻らないようにすべきです。自分から見ればリーディングエッジがずっと垂直に見えるように体を回す要領です。

胸を右に回したところで腰や両足を胸と同じ方向に向け直せば、最初の姿勢に戻るはずです。

フォロースルーで胸を目標に向けた時でも同様に腰と両足をターゲット方向に真っ直ぐ向ければ、やはりニュートラルな元のの形に戻るはずです。

両ヒジを真下に向けたままで体を回転していれば、姿勢が崩れる心配はないということです。

関連ページ

バックスイングと切り返しの要領 | ゴルフスイングの切り返し |

関連用語

ゴルフスイング,バックスイング,左脇

サブコンテンツ

このページの先頭へ