ゴルフスイングの基本

ゴルフスイングの基本を
このサイトで真剣に学べば
確実にスコアアップにつながります。

ゴルフスイングの始動はこうする

アマチュアゴルファーは往々にして、アドレスに入ってからゴルフスイングを始める前に一度流れを止め、そこから新たに動きはじめようとする傾向があります。

この場合、ともすれば流れが崩れてしまいがちで、スムーズな始動ができません。

リズミカルに動き出す

ゴルフスイングの動き出しでは、基本的にリズム感を作るようにテンポをもつことを第一に考えるようにしましょう。

ゴルフクラブの動きで意識するのは、せいぜいバックスイングの方向だけに留めます。トップ・オブ・スイングのポジションやフォームなどは一旦忘れて、一連の流れの中で、リズムよく動きはじめるよう第一に意識することが必要です。

ゴルフ5リズムよく始動するためには、ポイントが二つあるといわれています。

一つ目は、できるだけ背中やお尻といった大きな筋肉を使って、体全体で動き始めることです。

背中やお尻ではなく腕や肩から始動すると、どうしても性急で大きな動きになりがちです。

腕や肩の筋肉は小さくて器用な筋肉なので、急な反応が現れて大きな動きとなりやすいのです。反対に、背中やお尻から動かすイメージを持てれば、動き出しは静かにスタートできます。

「バックスイングはどの力で上げるのか?」と悩んだ場合には、背中で上げてください。バックスイングという言葉通り、バック=背中で始動するのです。

グリップはゆるく握る

スポンサード リンク

二つ目のポイントは、グリップをできるだけゆるく握ることです。

クラブを動かすのではなく、「揺らす」感じでゴルフスイングをはじめるのです。「揺らす」には、力をあまり必要としません。

必要最小限のエネルギーだけを使い、あとはゴルフクラブの遠心力や重力によって自然に動いてくれるイメージを持つことです。

グリップにタオルを巻いてスイングするドリルをしてみると、グリップをソフトにゆるく感覚を養うにはもってこいです。ゴルフのグローブではなく、スキーのグローブをはめてスイングしてみても効果があるでしょう。

実際に試してみるとわかりますが、力が入らなくなります。

腕力ではなく、体全休で始動するイメージがつかめるはずです。

グリップを緩く握ることは、その後のゴルフスイングの基本にも有利に働きます。

飛距離を出そうと力んでスイングしても思い通りにはなりません。

ゴルフスイングは、できるだけ無意識で自分が何をやっているのかわからないままの動きの方が良い結果に結びつきます。余計なことは一切考えずに、流れに沿ったゴルフスイングの基本をしたいものです。

ゴルフ6リズムをもってスイングを始動するためには、下半身の構えも重要なポイントになります。姿勢よくスッとボールの前に立ったら、両足の親指の付け根(バランスポイント)に力が入るようにしましょう。

野球のプレーでも守備の際に、この構えができると、左右どちらにボールがきてもスムーズに動くことができます。

アドレスの向きに注意

ターゲットとした方向の左側へまっすぐ飛んでいったり、左へ出てからさらに左へ曲がるヒッカケのミスは、スコアメイクする上で非常にリスキーな球になります。

ヒッカケのミスショットが出始めたら、以下のようなポイントをチェックをしてみた方が良いでしょう。

そもそも、ヒッカケのミスの原因となるものは大きく3つあります。まずクラブが外、あるいはアップライトに下りてくる場合。

次に目標線よりも左を向いている場合。最後に目標よりも右方向を向きすぎて、左へ打っている場合などが考えられます。

最初の原因以外はアドレスにおけるミスと言えますが、これから始めにチェックしてみましょう。

スポンサード リンク

目標ラインに対して、スタンス、腰、肩がスクエアになる状態が正しいわけですから、そうなるように修正しましょう。

そしてクラブが外やアップライトに降りてくる動きを引き起こす一番大きな要因は、バックスイングからトップにおけるフェースオープンが考えられます。

スライスを防ごうと意識しすぎて、インパクトでフェースを閉じてしまうために生まれるものです。トップ・オブ・スイングまでのフェースオープンを修正しましよう。

さらに、ダウンスイングにおけるスライド不足が原因となるケースもあります。ダウンスイングからフォロースルーにかけて右足にウエートが残ると、ひっかけが出やすくなります。

そのため、体重移動が正しくできているかどうかチェックしてみる必要があります。

そこで、ダウンスイングにおけるシャフトの軌道を修正する目的でドリルも試してみましょう。これでヒッカケは出なくなるはずです。

ヒッカケの一番の原因はアドレスの向きですから、まずは自分がターゲットラインに対してスクエアに立ているかどうか確認しましょう。

この場合は必ず他の人に見てもらうことです。それが難しいならビデオ撮影してみましょう。スタンス、腰、肩のラインが目標線に対して平行になるように修正しましょう。

アプローチでのアドレス

基本的にグリーン周りからのチップショットを成功に導くには、軽いダウンブローで、ヘッドに加わる重力を活かして、ボールにしっかりと体重を乗せた状態を作り、自分のリズムで打つことがポイントになります。

そして、毎回同じ当たりができるようにするには、アドレスの時点でインパクトの状態を作っておいた方が楽にスイングできます。インパクトの状態で左軸で左足体重として肩はスクエアにして、ハンドファーストということを意味します。

また、プロゴルファーのインパクトの瞬間をよく観察すると、腰の部分は開いていることがわかるでしょう。腰の開いた、左足体重の状態で構えるためには、オープンスタンスで構えるということが必要です。

つまり、アプローチショットでオープンスタンスに構える意味は、インパクトに近い形をアドレスの時点で既に作っておくためと言えるのです。

フルスイングするとき、腰をスクエアにしたままインパクトに入れば、ボールは左に引っかかることになります。これは、アプローチショットでも言えることで、スクエアスタンスだと、どうしてもヒッカケのミスが出やすいものです。

スポンサード リンク

そのため、チップショットする場合は、どちらかというと、プッシュショットに近いイメージになります。

そのためにはスタンスはオープンに構えた方が好都合と言えるのです。

再現性が高く、正確に球をとらえやすく、プッシュショットに向いているという理由で、アプローチショットにはオープンスタンスが向いているのです。

当然、左足下がりのライからボールを上げたい場合にはクローズスタンスにすることもあります。これは、ダウンスウイングで右足がどうしても邪魔になるのが原因です。

他にも、リストの動きを使わずに、ゴルフクラブを吊るようにしてパッティング感覚でアプローチするケースなどの場合は、スクエアスタンスにすることはあります。しかし、基本的なチップショットはオープンスタンスが良いでしょう。

テークバックのスタート

ゴルフスイングにおいてアドレスは「静」の状態です。ゴルフ初心者にとっては、そこから、テークバックを始動していくためのきっかけとなるタイミングをつかむことは意外に難しいと感じることがあるかもしれません。

身体のどこ部分からゴルフスイングを始動していくかは、意見の分かれるところのようです。

ここでは、どこから始動するという観点ではなく、あくまでも体全体を動かしていく意識を持つことが重要なところです。

ゴルフ初心者も目にしたことのあるいろいろなゴルフ理論では、左肩、左ひざ、クラブヘッド、胸を同時に回すとかいうふうに説明しているものもあります。

しかし、ゴルフスイングは体全体を使って行う動作ですから、スイングの始動もその例外にはなりません。

アドレスした段階で気持ちをボールに集中できた時点で、身体の特定の部分から動かすという意識を捨てて、あくまで体全体をリズミカルに動かしていくことを重要視することが大切です。

「静」から「動」へ移行するタイミングがつかみにくいと感じているゴルフ初心者は、フォワードプレスの動きをゴルフスイングの中に導入することで、比較的、簡単にスイングの始動ができるようになる例もよくあるようです。

フォワードプレスは難しい動きではありませんので試してみる価値は十分にあります。

フォワードプレスとは、アドレスしてから、本格的にスイングの動作を始める前にいったん左サイドの側に右膝と手首を押し込む動きのことを意味します。

スポンサード リンク

体全体を引き締める効果も期待できる動作ともいえるものです。

ゴルフ初心者の方は、一度このフォワードプレスをゴルフスイングに取り入れてみましょう。いったん左サイドへ押す動きをしてから引くことです。

極端に押してしまうとアドレスの姿勢を崩すことになって好ましくありませんが、わずかに左へ押す程度にとどめることによって、ある程度の反動をつけるような形になって、始動のきっかけがうまくつかめるようになるでしょう。

ゴルフスイングにおいて、もっとも難しい動きのひとつとして皆が取り上げることにテークバックの始動があります。

誰に促されるわけでもなく静から動に移行する自発的なアクションである始動に関しては、多くのゴルファーが悩み、それぞれが独自の動き出しのポイントを持とうとしています。

動きのきっかけとして、ひざや手元を一旦ターゲット方向に押し込むフォワードプレスを行って、その反動で始動するとゴルファーも多いでしょう。また、そういった他人の動きを見て真似してみるのも悪くないでしょう。

始動のやり方として「こうすべきである」「こうせべきではない」という明確な決まりごとはありません。だから皆が迷う部分でもあるわけですが、人それぞれで構いません。

とは言っても、あえて付け加えるとすれば、手首のコッキングを始動のきっかけにするのはよくありません。

その理由は、手首や手先から始動してしまえば、身体の末端部分の動きが優先されることになり、体の回転が不足しがちにあんる傾向があるためです。

心がけた方がよいのは、やはり肩や腰のような体幹に近い部分で大きな筋肉を使って始動するということでしょう。

そのほうが、体をスムーズに回転させやすいメリットがあり、リズミカルにスイングしやすいということはいえるでしょう。

関連ページ

ゴルフスイングの始動はこうする |

関連用語

ゴルフスイングの始動,ゴルフスイング,始動,グリップ

スポンサード リンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ