ゴルフスイングの基本

ゴルフスイングの基本を
このサイトで真剣に学べば
確実にスコアアップにつながります。

正しいスイングプレーンをマスターする

スイングプレーンと言う言葉は、ゴルフスイングの理論を説明する際に頻繁に登場するもののひとつです。

スイングした際にクラブヘッドが描く仮想のフラットな円盤状の板と考えればよいでしょうか。

今回はスイングプレーンを意識したゴルフスイングの基本をマスターする方法について説明していきます。

基本になるのは小さいスイングを徹底的にトレーニングすることです。

ドライバーでもアイアンでも、グリップが腰の高さから下にあるときのスイング軌道にズレがなければ、ボールをクラブヘッドのスイートスポットでとらるのが容易になります。

スイートスポットを外れると、フェースがブレて、ストレートに飛ばすためには覚えなくてもよい余計なテクニックが必要になります。

正しいスイングプレーンの効果

スイートスポットに当たれば打感は軽いですし、必要以上に力を入れなくて済むので理想的なゴルフスイングの基本を作ることができます。

スイングプレーンが正しいものになるとミート率が向上し、ミート率が向上すると必ず余分なパワーが自然と抜けるからです。

ゴルフ5余分なパワーが抜けることで、スイングのリズム感がよくなり、バランス感覚も高まります。

こうした一連の相乗効果を生み出すのが正しいスイングプレーンなのです。結果的にゴルフスイング全体が好ましいものになります。

正しいスイングプレーンを身に付けるには

正しいスイングプレーンを身に付けるためには、小さいスイングを徹底して繰り返し練習することが必要になります。

小さいスイングの意味は、グリップの高さが腰から下で収まるゴルフスイングのことです。

スポンサード リンク

しかし、実際には大部分のアマチュアゴルファーは、真逆の練習をやっています。

最初にフルスイングである程度マスターできるようになってから、小さいスイングを練習するパターンなのです。

フルスイングはまずまずフォームもそこそこなのに、ハーフスイングやクォータースイングが上手くない理由はそこにあるのです。

練習では、誰しもフルスイングしたい気持ちはわかります。

けれども、最初は我慢して、小さなスイングでストレートに打つトレーニングを反復してください。これは、ゴルフスイングの基本を作るときの心得です。

ゴルフのビギナーはもちろん、スコアがなかなか縮まらないアベレージゴルファーの方の場合でも、小さいスイングで30~50ヤードくらいの距離をスイングするトレーニングを徹底して繰り返してみましょう。

これは重要なことなので、何度も説明することになると思いますが、どうか試してみてください。

最適なスイングプレーンに沿ってゴルフクラブを振れない原因の多くは、クラブフェースの方向の狂いにあります。

ゴルフ6 フェースの向きが狂うと、ゴルファーは本能的にスイング軌道で修正しよう試みてしまいます。

ハーフスイングをトレーニングするときは、特にフェースの方向に意識を集中してトライしてみることが重要です。

ゴルフクラブの設計は、ライ角どおりの角度でインパクトすればナイスショットになるようにできています。

ライ角を説明しますと、クラブのソール部を地面にぴたりとつけて構えたとき、地面とシャフトとの間にできる角度のことです。

つまり、ゴルフスイングの基本から考えるとダウンのスイングプレーンを、アドレスした際のシャフトの傾きに沿った面にできるだけ近づけることが大切なのです。両者が一致すれば理想のオンプレーン状態といえます。

これが理想とするスイングプレーンの意味です。それよりもアップライトやフラットだったりするものではありません。

プロの場合のアップライトやフラットの意味は、基本的にトップ・オブ・スイングの高さを変えていることだと理解しましょう。

アップライトにした場合は、トップの手の位置を高くすることで、フラットにしたというのは、手を低く抑えたトップにしていることです。

この場合、何を基準にしてアップライトか、フラットかという根本を知っておくことは悪くはありません。チェックポイントになるのはトップの左腕の位置です。多くのプロゴルファーのゴルフスイングを分析した人の話では次のようになります。

スポンサード リンク

後方からその人のゴルフスイングを見た場合に、トップ・オブ・スイングで左腕が右肩を横切る位置がちょうど中立な位置になります。

左腕の下に右肩が見える状態ならアップライト、左腕の上に右肩が見えるようならフラットと判断できるそうです。

トップの手の位置の上下が、ゴルフスイングにどのような影響を及ぼすのかに関しては、明確に説明しているゴルフ理論はほとんどりません。

つまり、誰かが、トップを高くすることでフックが直ったとしても、それはそのゴルファーだけに限った話で、全てのフッカーがトップを高くしてみても、フックが改善されるとは限りません。

トッププロがインタビューで「アップライトにして飛ぶようになった」とか「フラットにしてストレートボールになる」と答えていたとしても、それを自分で真似ても、効果があるとは限りません。

確かにトップ・オブ・スイングはダウンスイングの前段階ですからここを修正することで、軌道が変化する可能性は否定できません。

但し、トップの高さを変える意味は、あくまでもダウンスイングの軌道をオンプレーンにすることが目的ですから、軌道を修正したい場合はトップの位置を変えるのも悪くはないかもしれません。

しかし、この行為は、トップの高さを変更することで軌道がどうなるのかを、確認しながら進めることが必要です。

高くする方がオンプレーンに近づくのか、低くする方がそうなのかをチェックしながらゴルフスイングの改造をするようにしてください。

ゴルフスイングのレッスン書において「スイングプレーン」という言葉が、具体的に何を意味するのか明確に書かれているものはあまりありません。

ゴルフのスイング時に、クラブが作る仮想上の面であることは説明されています。

しかし、それがクラブヘッドが描く軌道面を意味するのか、シャフトが描く軌道面なのか、ゴルフスイングの基本について書かれているレッスン書の著者によってイメージにバラつきがあるようです。

ライ角とスイングプレーン

ゴルフ5ここでは、ライ角が作る面のことを、スイングプレーンの正しい定義として話を進めます。

ライ角が何かというのは、シャフトとクラブフェイスの一番下のラインであるリーディングエッジが作る角度を意味します。

このライ角に合わせて地面にクラブをセットしてから、ターゲットラインに向かってゴルフクラブを平行に動かしてスイングしたときにできる面を、「正しいスイングプレーン」と定義します。

スポンサード リンク

簡単に言えば、クラブの設計通りにスイングしたときにできる面ということになります。

スイングプレーンはゴルフクラブの設計上、シャフトが長いクラブほどライ角は小さくなり、反対に短いクラブほど大きくなります。

ドライバーと7番アイアンでは7番アイアンのライ角が大きいため、スイングプレーンは地面に対してより垂直に近い面になります。アップライトになるという言い方も出来ます。

ゴルフスイングの基本に忠実になるには、始動からフィニッシュまでの一連の動作の中で、ゴルフクラブは、いつもスイングプレーンの上にあるという誤解があります。

けれども、そうではありません。ゴルフクラブがスイングプレーンに沿って動くのは、グリップが腰の高さから下の位置にある場合に限定されます。

いつもスイングプレーンにある訳ではない

つまり、バックスイングに入ってグリップが腰の高さあたりまで上がったタイミングで一旦外れて、ダウンスイングで腰の高さに戻ってきたとき、再びスイングプレーンに戻ってくるのです。

本来意味するスイングプレーンは、腰から下の位置にだけ存在します。

このことは、グリップが腰より上の高さにある場合には、ゴルフクラブの動きは自由で問題ないという意味に解釈されます。

実際、世界のトッププロを見てもゴルフスイングには非常に個性的なスタイルをとっており、アウトサイドに引くゴルファーもいれば極端にインサイドに引くゴルファーもいます。

スイングフォームを比較

ゴルフ6この2つのスイングフォームを比較してみると、おそらくクラブヘッドの位置は1メートル以上も違ったものになっています。

こうしたスイングの違いはあっても、どちらもグリップが腰から下の位置にある場合は正しいスイングプレーンになっています。

その一方で、アマチュアゴルファーの大半はゴルフスイングの基本ができておらず、腰から下のスイング軌道が一定でないため、球筋が不安定になるのです。

スイングプレーンに関しては、まだ書き足りないところもありますので次回以降で説明します。

ニュートラルポジション

スポンサード リンク

ニュートラルポジションについて考えてみましょう。理想的なオンプレーンのゴルフスイングをするために一番バランスがとれてスタンダードと考えられる体やクラブのポジションのことです。

ゴルフスイングが、このニュートラルポジションから、大きく外れてしまっているとしたら、それは赤信号が灯った状態です。

すぐにビデオ撮影で確認するか、仲間に見てもらい修正を加えなければいけません。

ダウンスイングとフォロースルーがオンプレーンならば、バックスイングなどは多少ニュートラルポジションから外れていても大きな問題ではありません。

しかし、ダウンスイングとフォロースルーがそうでない場合は、それ以前のステップであるトップ・オブ・スイングやテークバックに問題がある可能性が高いでしょう。

この場合は、それがミスショットの原因になっていると考えられるので、なるべく早く修正する必要があるわけです。

各ポジションにおけるニュートラルポジションについてですが、これを知っていれば、自分の調子が悪くなりスランプに陥ってもゴルフスイングの修正が比較的容易になります。

関連ページ

関連用語

スイングプレーン,ハーフスイング,ゴルフスイング,基本

サブコンテンツ

このページの先頭へ