ゴルフスイングの基本

ゴルフスイングの基本を
このサイトで真剣に学べば
確実にスコアアップにつながります。

スイングの基本トレーニング

ゴルフスイング上達のスピードアップをしたい方は、こちらをクリック =======> 小原大二郎プロの教材

ゴルフ5 ゴルフスイングの基本トレーニングについて、順次説明させていただきます。

素振りによるトレーニングから始まり、ハーフショットやスライスの矯正、飛距離のアップとコントロールトレーニングなどゴルフスイングの基本を確立するのに有効な手段を述べていきます。

プロゴルファーが実践する「素振りとは」トレーニング

プロゴルファーはシーズンオフになると遊んでいるわけではありません。

次の1年間をフル出場するためには、基礎的な体力トレーニングが必要であり、トレーニングの日々を過ごしているそうです。

ボディーとテクニックを磨きなおす必要性を感じているようです。

その際の練習方法は、ゴルフのビギナーだけではなく、これからゴルフをやり直そうという決意を秘めたアマチュアゴルファーにとっても、大変参考になるでしょう。

そんな基礎トレーニングの中から初回は、「スロースイング」を取り上げてみます。

まず、これはプロゴルファーといえども、いえプロゴルファーだからこそ、「素振り」を徹底して実行していることを知っておいてください

ただし、間違った理解をするいけませんので、明確にしておきますが、「素振り」は単なる「空振り」とは全く違いものです。

素振りをするときに大切なのは、漫然とスイングすることは避けなければいけません。

目的を持たずにする素振りは、ここでは単なる「空振り」になります。素振りは、明確な目的意識を持ってスイングしなければ意味がありません。

バックスイングのトレーニング

スポンサード リンク

飛ばないバックスイングを改めるためには、個人個人の症状を直すために適したドリルを行う必要があります。

飛距離の伸びないバックスイングにはいくつかのパターンがあります。

左ひざ、右ひざ、左腰、右腰のどこか一か所が「ゆるむ」ことに起因するものです。つまり余計な動きをしてしまうことが原因にあります。

そこで、無駄な動きをしている部分を動かせないような状況を設定した上で、スイングのトレーニングをすればよいという発想が生まれます。

それぞれのパターンに対応したトレーニングを自分がどれに当てはまるかを見極めた上で行いましょう。

その際、多少窮屈に感じたり、ゴルフスイングに違和感を覚えたとしても、続けてトレーニングすることが大切になります。

左軸のゴルフスイングは、体を固定して使い、その上で体の右サイドのみを積極的に動かす理論ですので、最初は窮屈感や違和感を感じることも不思議ではありません。

その違和感が消えたときには、左軸のゴルフスイングがマスターできたときだということを覚えておきましょう。

ダウンスイングというのはバックスイングの結果にしかすぎず、オートマチックに起こるものです。

多くのゴルファーが、一瞬の隙間であるダウンスイングの時間に、曲がらないよう、飛ばせるようにと小細工を弄してしまいますが、そんな短い時間での動きを制御するのは非常に難しいことです。

実際には、バックスイングまでの動作を正しく行うことに集中したほうが、より実戦に近いトレーニングになります。

それだけに、バックスイングドリルは、しっかりと行ってほしいと思います。

そして、なんとなく違和感を感じていたドリルがスムーズにできるようになった時には、今まで想像もしなかった飛距離を出すために必要な準備はすべて完了したことになります。

プロゴルファーの「スロースイング」トレーニング

一言で「素振り」といっても、実は目的によって、いくつかの種類に分けられます。今回は、「スロースイング」について説明します。

次回は「2本素振り」を紹介することにしましょう。

この2つの素振りを最初のトレーニングに持ち出すのは、ゴルフスイングの基本を固める際に欠かせないトレーニングだからです。

スポンサード リンク

レッスンプロと契約しているプロゴルファー達も、日頃から繰り返して2つのトレーニングを実践しているそうです。

スロースイングというトレーニングは、その言葉通り、ゆっくりと行うスイングのことです。

スタートからフィニッシュまで、およそ20~30秒かけてスイングしますので「スロー」の意味がおわかりいただけるでしょう。

スロースイングのポイントとしては、スイングしている最中に静止した状態を作らないことです。

言葉を換えると、コマ送りのようなガクガクしたゴルフスイングではいけません。そして、スイングの途中で呼吸することは禁じ手です。

スロースイングを実践する場合、自分に何か目的となる課題をしっかりと意識しやることで、トレーニング効果は一層高まります。

プロゴルファーの伊沢利光選手の場合、テイクバックでクラブヘッドが内側に入らないよう注意しながらスロースイングします。

福嶋晃子プロは、リストを極力使わずに腕と胴を一体化してクラブを上げるといった具体的な課題をもって取り組んでいるそうです。

スライスを矯正したい場合は、クラブフェースを開かないように意識して、軌道がアウトサイドインを描かないように注意します。スライスの矯正方法に関しては、後日掲載します。

スロースイングが便利なのはストレッチ運動として良いですし、筋カアップにもつながる点です。

体力も技術もアップして短期間でゴルフの実力も上がり、ゴルフスイングの基本をマスターするには頼りになるトレーニング方法です。

ゴルフ6まずは、ご自分でチャレンジしてみてください。

10回分もスイングすれば、ヘトヘトに疲れ果ててしまうのではないでしょうか。

どう見ても地味なトレーニング方法と言えますが、根気よく反復トレーニングを繰り返すことで、効果が上がることは間違いありません。

長い棒をゆっくり振ってみよう

長いゴルフクラブに苦手な気持ちがある人、フィニッシュまでしっかりと振り切れない場合には、長い棒を振るドリルも効果があります。

スポンサード リンク

長さが180センチくらいの棒を用意して始めてみましょう。

このドリルの効果は、スイングプレーン、フットワーク、バランスに効いてきますし、しなりや重力を感じることができるでしょうし、振り遅れも減って、エネルギー効率がアップします。

実際に体験してみると、アベレージクラスのゴルファーの場合、長い棒をバランスを保ちながら最後まで振り切るのは少し難しいと感じるでしょう。

初めはダフリになることもあるでしょうが、それに負けずに続けてみることが大切です。

二の腕返し

トップ・オブ・スイングからインパクトにかけて体勢が崩れるアマチュアに比較して、プロゴルファーはしっかりと打てる状態を作っています。

トップから左サイドのリードで降りてきたクラブはインパクトからフォローにかけてサッと振り抜ける状態です。

このとき、二の腕返しが行なわれれば、クラブヘッドの走りは一層スムーズになるでしょう。

クラフヘッドがインパクトから二の腕返しによって歯切れよく振り抜ける様子が想像できるでしょうか。

ゴルフスイングの際にこの感じをイメージとしてしっかりと描けば、二の腕返しを行なうことはそう難しいことではありません。

スムーズかつスピーディにクラブヘッドを走らせるにはこの体勢を作ることが最大の条件で、そのためにはアドレスやバックスイングで力まないことが必要になります。

クラブヘッドが二の腕返しによって、インパクトからフォロスルーにかけてスパッと抜けると、下半身(たとえばひざ)もそれに従ってついて来ます。ボールを打たなくとも、素振りを何回もやってこの感じをつかみましょう。

ところで方法は理解できたとしていざゴルフ練習場でやってみても、どうもうまくいかないといった場合どうするべきでしょうか。

一度や二度の、あるいは二百発や三百発ぐらいのトレーニングであきらめるなどということはせずに大いに頑張ってもらいたいのが第一のポイントです。

第二は、軸がずれていないかをチェックしていただきたいものです。主には、軸が左にずれるケースが多いものです。

ダウンスイングで上体が突っ込んでくるのがその典型です。この場合にはインパクトがつまってクラブが振り抜けない状態です。

スポンサード リンク

抜けていないところを手で、力づくで何とか抜こうとするとスライスはするわ、引っかけるわでショットは一打一打バラバラになってきます。

二の腕返しなど、とてもではありませんが出来るものではないのです。

こういう場合はボールを全力で打つのを止めて軽いスイングに切りかえて、軸がきちんとしているかどうかをチェックするべきでしょう。ゴルフスイングの基本が出来ているか確認するのです。

ボールは打たないほうがいいのです。ドライバーの練習用のゴムのティをボールに見たててスイングチェックしてみましょう。

チェックするポイントはダウンスイングで頭をボールの右側(後方)に保ち、右肩を前に出さないようにすることです。

インパクトでも頭はその位置から動かさずに左手を止めるようにします。

そしてクラブヘッドが「二の腕返し」によってインサイドに抜けるのを確認しましょう。

ボールを打ったのではこうした点をチェックすることはできません。ボールを打たずに軽くクラブを振って実際にクラブがインサイドに抜けていくところを確かめるのです。「ここへ抜けていくんだ」というポイントをはっきりとつかむのです。

頭がボールの左側(飛球方向)にずれるとインパクトは詰まります。

つまり、クラブヘッドが抜ける道はないのです。頭をボールの右側(後方)に保ち、インパクトでも右かかとをあげないべ夕足打法を忘れなければ二の腕返しも出来て、クラブヘッドはきれいにインサイドに抜けていくことでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ