トップ > NPO法人紹介 

法人概要   活動紹介  沿革  お問い合わせ
活動動画ギャラリー  English/Animation Gallery


法人概要


法人名      特定非営利活動法人(NPO法人) BLACKSOX

理事長      西野耕太郎  プロテニスプレイヤー


【BLACKSOX】


全ての人の靴下が真っ黒になるまでテニスを楽しんでもらう


【NPO法人BLACKSOXはテニスによる新しいスポーツ文化を創造し定着させます】


テニスにより、全ての人の運動・交流・感動・笑顔を創り出します

テニスがうまくて、強い、思いやりのある【かっこいい】子供たちを育てます

永続的な社会的企業として雇用を生み出し、社会参加・生きがいを全ての人と分かち合います


すべてのひとのために

1 健康的な心身のための定期的な運動

2 スポーツによる交流から 友達作り・社会経験・地域交流・国際交流・コミュニティ形成

 1・2の機会とともにそこから生まれる
3 笑顔・喜び・思いやり・人とつながる感じ・やりがい・満足感・充実感・好奇心・興奮・挑戦心など他、多くの豊かな感情の実感・共有をひろめる。

4 障がい児者・元気老人・プロ選手のセカンドキャリアなどを含む新しい雇用の創出

地域のために

行政・企業・市民の垣根を越えた活動の提供のパートナーとして

行政には より効率的で地域の課題に密着したサービス提供

企業には 社会貢献活動・事業との連携

市民には 既存コミュニティ(テニスサークル、スクール・老人会・町内会など)との連携・補完

日本のために 世界のために

国際交流から生まれる日本の国際貢献の実践・イメージの向上の一端を担う

子供たちが日本を誇りに思えるようにする活動を行う

積極的に世界中で活動、発信し、運動・交流・笑顔を広める



活動の理念  BLACKSOXとは





設立年月日   法人設立(登記年月日) 2007年1月9日
前身任意団体 横浜市テニス協会登録団体BLACKSOX
1999年12月1日設立

特定非営利活動法人BLACKSOX定款

定款全文

  第2章 目的及び事業
(目的)
第3条 この法人は、子どもから大人、身体障害者の方々に対して、テニスの振興に関する事業を行い、テニスを通じてスポーツのすばらしさや楽しさ、子どもたちへの躾、差別のない社会作りを目標とし、健全で文化的な社会を作ることに寄与することを目的とする。
(特定非営利活動の種類)
第4条 この法人は、前条の目的を達成するため、次に掲げる種類の特定非営利活動を行う。
(1) 保健、医療又は福祉の増進を図る活動
(2) 学術、文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動
(3) 子どもの健全育成を図る活動
(事業)
第5条 この法人は、第3条の目的を達成するため、次の事業を行う。
(1) 特定非営利活動に係る事業
@テニスの普及に関する事業
Aテニスによる子どもの健全育成に関する事業
Bハンディキャップテニスの振興に関する事業
Cテニスの情報発信に関する事業
Dスポーツ施設の管理・運営に関する事業
Eテニス用品の販売・修理に関する事業

日本バリアフリーテニス協会
 このページ内の説明にリンクしています。
          
NPO法人BLACKSOXの「バリアフリーテニス活動」を広めるために
          法人内に設立した事業部


所属プロテニスプレイヤー  2人

賛助会員    57人
          1企業
 
          
          ジョンソン・エンド・ジョンソン社会貢献委員会


理事長プロフィール
設立趣旨書
BLACKSOX所属利用規約
個人情報保護方針



法人概要 活動紹介 沿革 お問い合わせ

このページのトップへ

活動紹介



活動動画ギャラリー  English/Animation Gallery






− ボールをつなぐ 何かがツナガル − 
【 つな・ツナ テニス プロジェクト 】
バリアフリーテニス
  誰でも簡単にテニスが楽しめるやり方
社会人テニス
子供テニス

・ 日本バリアフリーテニス協会
・ 国際関連事業部
・ コンディショニング事業部 (事業として2010年度より活動予定)


  
バリアフリーテニスとは 動画

バリアフリーテニスとは


BLACKSOXが独自に進めてきた

コミュニケーション × テニス = 笑顔

・地域の子供たち・学生・社会人
・障がい児者・高齢者・国際間・親子間・世代間
・初めて会った人同士
・スポーツに自信のない人
など

難しくない簡単なやり方

【 バリアフリーテニス 】
を導入に使い

共にテニスを楽しみながら

【バリア】を超え

スポーツによる楽しい時間を共有し
すべての人と すべての人が つながる


− ボールをつなぐ 何かがツナガル −
【 つな・ツナ テニス プロジェクト 】


日本バリアフリーテニス協会

横浜国際バリアフリーテニス大会
日曜テニス
訪問テニス

海外バリアフリーテニス
日本に住む外国籍の方とのバリアフリーテニス

親子バリアフリーテニス

高齢者バリアフリーテニス

出張バリアフリーテニス
「横浜ライフデザインフェア」出展
バリアフリーテニス研修
コーチのテニスを見てみよう
障がい児者の引率者、保護者へのリラクゼーション

活動動画ギャラリー  English/Animation Gallery



社会人テニス

子供テニス
・ 社会人、子供テニス
テニスチームBLACKSOXテニス練習会

このページのトップへ



《日本バリアフリーテニス協会》
BLACKSOXが始めた「バリアフリーテニス」を外部に広めるための
事業部として2009年設立。
《出張バリアフリーテニス》などの広報活動などを行う。
《国際関連事業部》とともに、「バリアフリーテニス」による国際交流を図るための《海外バリアフリーテニス》の準備など、《大会》《日曜テニス》に海外国籍の障がい児者の参加を促す。

『日本バリアフリーテニス協会』のページへ



《横浜国際バリアフリーテニス大会》
《日曜テニス》などの日ごろの練習発表の場として、そして活動をより広めるため
2008年より始める。年2回の開催。
日本に住んでいる海外国籍の障がい児者にも参加を促している。


『横浜国際バリアフリーテニス大会』のページへ



《日曜テニス》
障がい児者に学校、作業所施設以外(横浜ラポールなど)に休日に来てもらい、定期的な運動の機会とともにテニスによる子供たち、社会人との社会経験、地域交流を図る。

日曜テニスのページへ



訪問テニス》
障がい者作業所などを回り、障がいのある方にスポーツ、テニスの楽しさを体験してもらい《横浜国際バリアフリーテニス大会》《日曜テニス》に参加を促し、テニスによる交流、社会参加の機会を周知する。


『訪問テニス』のページへ

お問い合わせ



《海外バリアフリーテニス》
海外にて障がい児とバリアフリーテニス活動を行う

ITF世界ベテランテニス選手権大会開催地においてバリアフリーテニス活動実施。
2008年 トルコ、アンタレヤの障がい児学校で実施
2009年 スペイン マヨルカ島 (豚インフルエンザのため現地で中止決定)
次回の大会から現地の日本人学校、日本人会の子供たちの参加を促し国際交流を図る機会ともする。

バリアフリーテニスでの子供たちの国際交流

2010年 スタッフ 健太 が学校の春休みを使い、ドイツ・フランスの健常者学校で様々な言語の多国籍の子供たちと、バリアフリーテニスでみんなと遊んでくる。


【ケンタ’s バリアフリーテニス修行】
ドイツ・フランス編


 こちらから 


『海外および外国籍の方へのバリアフリーテニス活動』のPDFへ



《日本に住む外国籍の方とのバリアフリーテニス》
日本に住む海外国籍の障がいのある方を
「バリアフリーテニス」に誘うために《訪問テニス》を行う。
参加者の名前を覚えながらコミュニケーションをとり、
ラリーの数を1から10まで相手の母国語で数えるなど、
言語の異なる者同士でもが簡単に楽しめるように、工夫する。
日本にある国際交流センター、海外籍企業、外国人地域コミュニティなどに活動を紹介している。

『English』のページへ


『海外および外国籍の方へのバリアフリーテニス活動』のPDFへ



《親子バリアフリーテニス》
・ 学生時代からテニスが得意なお父さんとテニスが初めての子供
・ テニスを習っている子供と運動不足のお父さん
・ 二人とも運動をしていない親子
・ 自分の美容のためだけの理由では家を空けられないお母さんと連れてこられた子供
様々なパターンの親子にバリアフリーテニスによる運動とコミュニケーションの機会を作っている。



《高齢者バリアフリーテニス》
特別養護老人ホームなどにおいて高齢の方とのテニスによる子供たち、社会人、地域社会との交流を図るバリアフリーテニス活動実施



《出張バリアフリーテニス》
他団体の主催事業に出張し、バリアフリーテニス活動を実施する。
他団体の「バリアフリーテニス」同様の活動のサポートをする

出張バリアフリーテニスのページへ

お問い合わせ



《「横浜ライフデザインフェア」出展》
団塊の世代に当法人のバリアフリーテニス活動への参加を呼びかける。
横浜市主催 団塊の世代・前後の世代を主な対象とする生活提案イベント
『横浜ライフデザインフェア』出展  
子供たち、障がい者とともに体験会を実施。
(2008年以降 毎年出展)

2009年11月1日のライフデザインフェアでのバリアフリーテニス活動

2008年ライフデザインフェア横浜市ホームページ

2009年ライフデザインフェア横浜市ホームページ



《バリアフリーテニス研修》
ホスト(招待側)、ボランティアのテニス技術、知識が低ければ、ボールのやり取りを楽しむことは難しいので研修、講習などでのホスト側のバリアフリーテニス技術の向上を図る。



《コーチのテニスを見てみよう》
《大会》《日曜テニス》の際に行い、スポーツ観戦の楽しさ、応援することの楽しさを体験してもらう。



《障がい児者の引率者、保護者へのリラクゼーション》
《大会》など活動中の障がい児者の引率者、保護者へのマッサージなどで日頃の疲れを解消してもらう。

このページのトップへ





社会人テニス

子供テニス

《テニスチームBLACKSOXテニス練習会》
横浜市テニス協会登録団体社会人テニスチームBLACKSOXの
テニス練習会を実施
バリアフリーテニスへのボランティアの育成、募集などを図る
ボランティア参加者に対する、テニスによるお礼の機会
社会人、子供たちの定期的な運動の機会の提供

社会人テニスのページへ


PDF 活動概要
新ウィンドウで開きます



法人概要 活動紹介 沿革 お問い合わせ

このページのトップへ

沿革


1999年
 
・ 横浜市テニス協会登録団体社会人テニスチームBLACKSOX発足
主に社会人を対象とした活動を始める

2002年
・ バリアフリーテニス開始
障がい者作業所においての障がいのある方とBLACKSOX会員の、スポンジボールのテニスによる交流『日曜テニス』を始める

2003年
  ・ 横浜市民大会 男子団体戦優勝
BLACKSOX会員12名で参加

2007年 
・ それまでの活動が特定非営利活動法人としての認証を受ける

・ 障がいのある方の作業所などへ伺いバリアフリーテニスを体験してもらう
『伺います』、他『コーチのテニスを見てみよう』開始


・ バリアフリーテニス機会を広げるため、横浜市社会福祉関係団体ブラックソックス設立

・ 特別養護老人ホームにおいて高齢の方とのバリアフリーテニス活動開始
   『高齢者バリアフリーテニス』

・ 横浜市磯子区の高齢者特別養護老人ホームにて
  入居中の高齢者の方とのテニスによる交流を目的とした
子供テニス練習会を定期的に実施(2008年10月まで)

・ バリアフリーテニスホスト側のバリアフリーテニス技術、知識の向上を図る
『バリアフリーテニス研修』開始

2008年 
・ バリアフリーテニス事業が独立行政法人福祉医療機構平成20年度助成事業となる

・ 横浜市主催 団塊の世代・前後の世代を主な対象とする生活提案イベント
『横浜ライフデザインフェア2008』出展  パシフィコ横浜 
団塊の世代にバリアフリーテニス活動への参加を呼びかける
(2009年以降も継続)

・ トルコ、アンタレヤの障害児学校において、『海外バリアフリーテニス』活動実施

・ 第1回 横浜国際バリアフリーテニス大会 
英名Yokohama International Barrier-Free-Tennis Festival 2008
    2008年12月23日横浜ラポールにて開催 (以後 年2回開催)

・ tvk(テレビ神奈川) 「Hi!横濱編集局」の番組メインコーナー『週刊「見・聞・録」』の取材を受ける。
2008年9月13日(土)18時〜18時30分放映

・ ジョンソン・エンド・ジョンソン
コントリビューションウィークで活動発表を行う

2009年
  ・ 「バリアフリーテニス」による国際交流を図るため『海外バリアフリーテニス』の準備、『大会』『日曜テニス』に海外国籍の障がい児者の参加を促す『国際関連事業部』を設立 
スペイン バルセロナでの『海外バリアフリーテニス』活動準備
(豚インフルエンザのためスペイン現地にて中止決定)

  ・ よりバリアフリーテニス活動を外部に広めるためにNPO法人BLACKSOX内の事業部として『日本バリアフリーテニス協会』を設立

  ・ テニススクール、クラブなど他団体主催のイベントなどへの『出張バリアフリーテニス』を始める

  ・ 横浜ライフデザインフェア2009出展
横浜市主催 団塊の世代・前後の世代を主な対象とする生活提案イベント
団塊の世代に当法人のバリアフリーテニス活動への参加を呼びかける。
みなとみらいクイーンズスクエア横浜 クイーンズサークルにて子供たち、障がい者とともに体験会を実施。

          第3回 横浜国際バリアフリーテニス大会 tvk(テレビ神奈川)取材受け、夜のニュースで大会の様子を放映される

2010年
  ・ 2010年8月より清水ヶ丘地域ケアプラザで地域の知的障がいのある子供たち・その兄弟児を対象にバリアフリーテニス講座を担当する

          第4回 横浜国際バリアフリーテニス大会 tvk(テレビ神奈川)取材受け、夜のニュースで大会の様子を放映される  
  
  ・ よこはま国際フェスタ2010」出展 2010年10月16・17日開催
フェスタ来場の子供たちにバリアフリーテニスによる国際交流を体験してもらう会場 象の鼻パーク 54,000人来場

・ 地域デビュー応援フェア2010」出展 2010年11月28日開催
横浜市主催 若い世代を主な対象とする市民活動や地域活動へ参加するきっかけづくりのイベント
若い世代に当法人のバリアフリーテニス活動への参加を呼びかける。

みなとみらいクイーンズスクエア横浜 クイーンズサークルにて子供たち、障がい者スタッフとともに体験会を実施

2011年
  ・ 2011年より、障がい児者のみならず、海外国籍者・一般こどもたち大人に広く参加を呼びかける【つな・ツナ テニス プロジェクト】開始

  ・ 2011年4月より株式会社メガロスよりテニススクール運営業務(テニス指導・広告宣伝・特別プログラム・運営)を受託


法人概要  活動紹介  沿革  お問い合わせ



このページのトップへ

お問い合わせ


NPO法人BLACKSOX   (エヌピーオーホウジン ブラックソックス)

ホームページアドレス   www.blacksox.jp
メールアドレス        mail@blacksox.jp
FAX 045-423-0977


BLACKSOX(NPO)

URL: www.blacksox.jp
Contact: mail@blacksox.jp
          [ Please enter “BLACKSOX” on the top of a subject ]
Fax: +81(0)45-423-0977

Address: #302, 1-63 Urasimagaoka, Kanagawa-ku,
Yokohama-shi, Kanagawa 221-0062 JAPAN


法人概要  活動紹介  沿革  お問い合わせ

このページのトップへ


NPO法人
BLACKSOX
トップページへ