過去のツアー等
04年11/711/24NY滞在/'04/10小林陽一ジャパンツアー'04/'04/5西日本ツアーwith椎名豊/'04/4CDモンクストリオ発売記念/
'04/3春の恒例西日本ツアー/'00/10NYツアー



★2014年7,8月GOOD FELLOWS USA AND JAPAN TOUR、約一ヶ月のツアーが無事に終わりました. 武蔵野市民文化会館では800人集客しました。つむぎのサウンドフェスタでも3,000人の観客が。秋田田沢湖ではエリックが20km走りました。百々18km、小林2km。入間市産業文化センター 初日のピットイン エリックとプリクラ友達になりました。


★13,7/5から7/18まで恒例の西日本ツアーに行って来ました。今回は2カ所程若干少ない所がありましたが、他12カ所はほぼ満杯に入りました。主催していただいたクラブオーナーの方々に感謝致します。CD「I miss You」もたくさん売れております. 博多バックステージは超満員。開演前にジャズ研の方々へのクリニックも行われました。今回が全9回目の公演になる山口長門市、この日はゲストに大野俊三Tpさんが 入りました。丸亀ブルースが生まれた場所でのD's Clubでの5人。 左から金森もとい、田窪寛之、原川誠司、谷殿明良,小林。.関門海峡でのメンバー左から原川、小林、金森、谷殿各氏。田窪氏は撮影 東広島ブラック&タンでは恒例のアフターアワーセッション。ドラマー5人にもレクチャー。益田市、マルフクでもアフターアワーセッションに俊三さんも参加。(詳細はFacebookで、Yoichi Kobayashiで詳しく載ってます)


★2013,5,16から9日間の北陸東海ツアー、大収穫で終えました。(Facebook参照)
浜松YAMAHAにて講師対象ライブ長野グルーヴィーにて大セッションの後のクリニックにて 7人のドラマー達と磐田市、風の家にて 浜松ビーフラットにてのJJMホストJAMサービスエリアで全員でダンスの練習山梨コットンクラブの後諏訪湖によりました。


★Monks Trio,13,4,5から15日間の西日本ツアーに行ってまいりました.大変盛況で楽しいツアーになりました。太宰府、JAZZ工房NISHIMURAにて,左から太田寛二(P)ゲスト市川ちあき(Vo)金森もとい(B)小林陽一(Ds)/

鹿児島にて打ち上げ、六白豚のしゃぶしゃぶ、最高でした.山に内さんありがとうございます。関門海峡の金森、太田、小林下関Band wagonの前打ち上げ、杉本さん、吉本さんありがとうございます。Band Wagonのアフターセッション宇部フォルクスワーゲンでの打ち上げ、増原さんありがとうございました。 波佐見ダグでのアフターセッション。立石さんありがとうございました。 鹿児島の元パノニカのマスター中山新一郎さんリハビリ中ですがとても 元気でした.がんばって!中山さん。ついに初めて行けた奈良。法隆寺を 観光しました.金森氏と。法隆寺五重塔福岡田川でのコンサートはお子さんからお年寄り、若ものまで 大変盛り上がりました.中野さんありがとうございます。


★2012,11,16から4日間の北陸東海ミニツアー、メイン会場の福井ハイディングプレイスは盛況でした. 帰りの富士サービスエリアにて富士山が最高でした。誠司マンと。
★今回4年目の東北北海道ツアー17日間終了.宇都宮、近代人からスタートし仙台、田沢湖、仁賀保市、青森、別海町、標茶、千歳、苫小牧、小樽、札幌、函館、盛岡市、秋田市、鹿角市、福島市と続きました。走る事3500km。すべての.主催者の方々ありがとうございました。来年も又呼んでください.何と言ってもツアーの良さは奇麗な景色や食べ物に触れる事が出きる事もありますが、何よりもバンドサウンドがまとまる事です.11月にはこのメンバーでレコーディングに入るので大変楽しみです.ご期待ください(4発売予定)。
最終日、福島市、ライブウオークラリーにて急遽他のイベントにJJMを紹介され登場するJJMの5人、金森氏はなんとエレキベースです。メインステージエリア559で釧路周辺で別海町のコンサートにて、別海町周辺の牧場にて、2回目標茶にて山崎さんと、初日の宇都宮、近代人にて このお店は開店52年だそうです。マスターいつまでもお元気で、岩手山をバックに、秋田県にしかない ババヘラを皆で!!, 、田沢湖にて、青森市でドラマーになりきる純ちゃん鹿角市での打ち上げ、 鹿角市でのすごーーく古い酒蔵でのコンサート,盛り上がりました.ドラムのクリニックに36人も来てくれました.又来年も是非!!
★日米混合グッドフェローズfea,EricAlexander/Vincent Herring "KIZUNA"ジャパンツアー2012大成功に終える。
83年頃NYCストリート時代から長い付き合いのビンセントへリングを呼ぶ事9回目。今回の"KIZUNA"ツアーは今迄にない長くて充実して実りのあるものになりました。ビンセントは酒、タバコをやらず奥さんを大事にするとてもまじめなミュージシャンで音楽に対してもいつもどん欲にマンレリしないように演奏します。エリックアレキサンダーは今回始めてツアーに参加してもらった訳ですが、予想とは別に凄く気さくで冗談ばかり言って周りを終止和ませてくて大変助かりました。プレイもそれは凄いクリエイティブ感が深くすばらしかったです。本場で鍛えられたしたたかさ、リズムの安定感、メロディーの歌心等など僕は大好きです。も一人のニューヨーカー百々徹(P)氏の凄さにも圧倒させられました。実はこのツアーが始まる前日に百々さんのトリオグループをピットインで聞きました。それは僕らのやり方とはまったく違うといってもいい程に超コンテンポラリーなサウンドでいわゆる演奏するのは難しいのにそれを感じさせないすばらしいはじけ方をしながらのグルーブでした。片や 我々GFはおもいっきりバップスタイルのバンドですが全く問題無くバンドにとけ込み むしろ二人の正統派(フロント)のプレイの後に百々さんのプレイが対照的にコンテンポラリーなのがたまらなく面白いバランスでスリルがありまさにジャズの王道という 感じでほんとにすばらしかったです。金森もとい(B)君には今回高道(B)氏の件もあり 大変な助っ人として急遽活躍していただいてとても感謝しております。金森君の様な 若い日本のミュージシャンに今回の様なNYの本場のミュージシャン達とのセッションをどんどん経験していただきたいと思います。エリックもおセイジだとは思うが、僕のプレイを褒めてくれ次回のツアーはいつやる?と聞いてくれました。僕は今年58歳になるが今回の24本のツアーで今迄発見出来なかった事を確認したり彼らの勢いに乗せられ更に飛躍出来た様な気がしています。ジャズはほんとに面白いですね。!!!!!(百々徹ブログ参照/http://dodotoru.blogspot.jp/金森もといブログ参照/http://ameblo.jp/mottoi-bass/page-4.html#main)
入間市サマージャズ、1部のJJM
入間市でのコンサート,日本人のJJMも 参加 谷殿良(Tp),原川誠司(As)熊谷泰昌(P)/スペシャルゲストに大野俊三(TP)さんが参加。 今回の主要メンバー左から小林ds、エリックアレキサンダーTs、金森もといb、ビンセントヘリングas、百々徹PNHKでの公開録音にて(放送日は9/16,夜11:00)
サービスエリアで、新宿ピットインにて電車内で
モントルージャズフェス 能登ゲストの森山良子さんと打ち上げで仲良くなりました。石川県で放送されたTV,森山良子さんと守屋純子オケで共演の小林軽井沢ジャズフェスにて最終日の香取ジャズフェス赤坂ビーフラットにて日本人のフェローズがゲスト出演、山田穣、松島啓之、岡淳他






★JJM春の西日本ツアー3週間無事終了しました.
岡山バードにて地元ジャズ研の方々とのセッション。福岡バックステージにて谷殿、原川。満員御礼。
田川市での1回目のライブ打ち上げ。永野さんありがとうございます。志布志でのコンサート、今年で10年目、田崎さん,黒石さん大変ありがとうございます。
鹿児島、桜島をバックに5人鹿児島、キャパルボホールでの全員集合、土田さんありがとうございます。 田川市での2回目のライブ打ち上げにて、中野さんありがとうございます。 原川氏の地元おくらでのライブ満員御礼、原川さんありがとう。 ボーカルの久門真理子さん主催のコンサートで250人動員されました。久門さん大変ありがとうございます。 東広島ブラックアンドタンでの地元ミュージシャンとのせっしょん。 岡山の長瀬さん、涼子さんの強いプッシュで実った津山市でのライブ、邪美館。レトロで素敵なお店でした。長瀬さんありがとうございます。 最終日、豊中市の桜の庄兵衛で大盛況の打ち上げにて 毎年恒例の下関唐戸市場にて只今移動中です.やっと行けた出雲大社/TD>
★JJM秋の東北、北海道ツアー2週間無事終了しました.
屈斜路湖、標茶の大自然
石狩市のサーモンジャズと福島高校ジャズ研のクリニック
秋田、能代市での貴重なコンサート、田村さんありがとう!!青森子ども劇場コンサート、仙台ennでのライブのアフターアワーズ大学生さんとのセッション。
旭川で安全地帯の元ベーシスト宮下さんの店で、標茶の高級レストランで/TD>標茶の景色、札幌の夕焼け 旭山動物園、空を飛ぶペンギン、綱渡りのチンパンジン


去る8月22日(日)秋田県大潟村「ホテルサンルーラル大潟」にて長年の計画だった 秋田県出身のジャズミュージシャンだけによるコンサートがついに開催されました。 出演者:小林陽一(Ds)大坂昌彦(Ds)土濃塚隆一郎(Tp)菊池康正(Ts)納谷嘉彦(P)河野ミキ(P)河上修(B)/ 演奏曲目:河野のジャズアレンジ浜辺の歌をトリオで始まり納谷のI'm Getting sentimental over you,菊池のI hear a rhapsody, 土濃塚のオリジナルName of Lyra,小林のオリジナルAKITA RAP,大坂のオリジナル This Summerを各一曲ずつフュチャ。2部には河上のBluse for sarka,小林、大坂のキュートでのドラム合戦。 最後にはA night In Tunisiaで大変盛り上がりました。会場の大潟村という周りは田園だらけの大地なのにかかわらず約300人のジャズファン達は豪華オールスターのそろいぶみに惜しみ無い拍手を送っていました。 河上さんがスキャットで唄い出す小林、大坂ご両人 打ち上げにて左から納谷と彼のおとうさん、河野さん,地元のエンジニアの 河内さん


2010,7/8から8/7までブルーノートアーティスト、ジョージブレイスのジャパンツアーが一ヶ月にわたり続き無事大成功におわりました。清水、ケルンにて左から河合代介,ジョージ,中島秀乃,小林モーションブルーにて左から岡安芳明,小林,ジョージ,諸岡大也入間市でのコンサート、JJMとも共演左から三木成能, 小林,高道晴久,アンドレア,菅野義孝,浜崎航,金子雄太,松島啓之 吉祥寺、サムタイムにて名古屋の友人,東崎さん日高市での打ち上げにて東北ツアー移動中 世界に一つだけの楽器、ブレイスホーン --------------------- 入間市でのRH風景 入間市でのコンサート クレモナのメンバーと
★小林陽一MONKS TRIO featuring Ron Carter,Stephen Scott Japan tour04

10月3日からStephen Scottが先に来日しツアーが始まり、1315日の三日間はRon Carterさんが入り
華々しくコンサートが行われ大盛況に終えました。
CDも入間市で89枚、秋田で49枚、浜松で29枚売れました。皆様ほんとに御声援ありがとうございました。






プログラム挨拶文より:
オリンピックで大変盛り上がった今年の夏、夢を現実に叶えた選手が印象的でした。そして先日テレビで見て
ポールマッカートニーが昨年ロシアの赤の広場でのコンサートの模様に大感激しました。冷戦時代では
ビートルズのレコードすら買う事も出来なかった国にも実は彼等の隠れファンが大勢いた。でも到底不可能
とされていたそのポールが現実に赤の広場でコンサートが行なわれた奇跡とはいったいなんでしょう。まさ
に不可能という言葉はないという事でしょう。
 私がプロ入りする約2年前尚美音学院の学生だった頃(1974年)、毎日の様にベースのロン・カーターと一
緒に演奏してました。うっそーって? もちろん本人とではありません。マイルス・デイビスクインテットで演
奏しているレコードのロンさんと一緒に練習していたのです。それから30年たった今まさか本人とレコー
ディング出来るなんて夢にも思っていませんでした。僕にとってロンさんは雲の上の人でありヒーローで
す。そんなロンさんと今回僕の16枚目になるアルバム、モンクストリオの製作、それにジャパンツアーまで
実現する事が出来てほんとに幸せを感じています。でもこれで終わりではなく、まだまだこれからも僕の夢
を現実にしていくためにがんばりたいと思ってます。
 本日はごゆっくりリラックスしてニューヨークサウンドを楽しんで下さい。
 本日のコンサートを行なうにあたって御協力していただいた入間市産業文化センタ、スイングジャーナ
ル社、広告協賛各社、スタッフの方々、そしてお客様に心からお礼を申し上げます。
                                    ミュージシャン代表 小林陽一










★04年4/21(水)CDモンクストリオ発売記念コンサート
文京区シビック小ホール、大盛況に終える。


今回は日本人のピアニスト4人が二台のピアノを所狭しと大活躍、小林のコンサートを盛り上げ、小林の最初の
ブラッシワークソロから全員でのモーニンのセッションまで目が離せないあっという間の楽しいコンサートに。


オープニングに小林のスネアドラムだけのソロ、海野雅威 (P)のトリオでキュートで始まり、一人2曲ずつで
椎名豊(P)、太田寛二(P)と続く。

第2部ではグッドフェローズの岡崎好朗(Tp)、太田剣(As)のクインテットで3曲。メッセンジャーズの「In Case you missed it」
「Sweet Cliforf」等を威勢よく聞かせ、エンディングでは全員でモーニンTommorow is the date?で盛り上がった。
入場者、約300人の満員御礼に、朝日、読売新聞の招待希望のはがきは1200通も集まり人気振りを表したコンサートになりました。


副題としてPeace of Earthとして地球の看板も大好評でした。看板制作は「かねながアート」さんでした。御注文はTel:0467-75-8861まで。




★04年3月恒例のグッドフェローズ春の西日本ツアー

今回は久しぶりに松島啓之(Tp)が参加。他に太田剣(As)新人売れっ子ピアニストの海野雅威(P)、嶋友之(B)で
10日間のツアーを無事終えました。









★00年ニューヨークツアー報告

第二回グッドフェローズと行こうニューヨーク!!JAZZツアー大成功に終える!


神風のはちまきに新撰組のはっぴ姿で登場した小林。
両手を高く上に上げ和太鼓風に一つ打ちをしだいに早めていきラップビートに持っていくイントロ。
日本人6人のサウンドがNYハーレムにこだました。(アートブレイキーのドラムセットを叩きまくる小林)


フェリーからマンハッタンバックのアングルの小林
■アートブレイキーレガシーコンサート

10月27日(金)NYハーレム、アロンデイビスホールにて

7:30pmから始まったコンサートは1部の最後に本家のジャズメッセンジャーズが(ドナルドハリソンAs,バレリー
パノマレフTp,ベニーグリーンP,チャールスファンブローB,ジミーコブDs)JMの懐かしいナンバー、ワンバイワン、
モー二ンなどで盛り上げた。

そしてなんと我らグッドフェローズはわざわざ日本から来てくれたと大歓迎してくれプログラムのもあるように
コンサートの最後(トリ)を飾らせてもらいました。今回は3年前のバードランドライブと同じく再度東洋のジャズに
重点を置き小林のオリジナル「秋田ラップ」を小林がはっぴに神風のはちまきでスタートし、ゲストに邦楽界の
若手スター合田真貴子(琴)さんを迎え、リーモーガンの東洋的な「YAMA」と7/8拍子にアレンジした「月の砂漠」を
絶妙に演奏し、日本人をアッピールした熱演に大声援が巻き起こった。エンデイングではブレイキーの長女エブリン
ブレイキー(Vo)が加わり名曲「いんげん豆ブルース」のシャッフルで会場全体で盛り上がり終演が12:00amを回っていた。





プラザホテルの前で!

レコーデイングも10/28に無事終え皆でピース!
■ツアー参加者25名

*自由時間が多くいろいろ行けたのとか、1日市内観光とかよかったです。
特にレガシーコンサートでアートブレイキーの娘さんやお琴のジャズが見れた事がとても心に残りました。
山口に帰ってからポルシェで「ブルースマーチ」を毎日かけています。NYという町が好きになりました。
山口市 在住 学生 元山睦

*今回は2000年最後の海外旅行となるのでどうしても行きたいと思っておりました。
成田でヒッチコックのマスターと再会をしお互い白髪が増えているのを見て3年の歳月を感じました。
今回は琴が演奏に加わると言うので興味がありました。演奏が始まると琴の音のすばらしさにすごく感動いたしました。
今回のNYツアーを企画してくださった小林さんにとても感謝しております。
朝霞市 在住 古屋誠

*初めての海外旅行で子供といい思いでができました。
毎日のライブ、セッションと日本で体験できないスリルがありました。もっと聞きたかったので又企画してください。
是非また行きたいです。小林さんありがとうございました。
熊野ジャズクラブ 石田史郎

*初めてのNYとあって期待と不安に満ちた日々でしたが文字どうり"Autumn in New York""を満喫する事ができました。
参加させていただきありがとうございました。
茅ヶ崎ジャズクラブ 熊沢実

*今回で3回目のNYでしたが初めてハーレムに行きました。
135th ST、にあるHarlem's Principal Center for the Performing ArtsであるAaron Davis Hallで
レセプションより参加させていただきました。バリーハリスとも再会できました。
私はアマチュアドラマーですが以前よりキースジャレット、チックコリア、ケ二バロンなどのピアノトリオが
好きでしたが、三管入ったアートブレイキースタイルも久々に感動させられました。
1981年にグラミー賞をとったこのスタイルは永久に不滅だと感じました。
又プログラムに解説のあったアートブレイキースクール卒業者のビッグネームにブレイキーの人望の厚さを感じました。
防府市 在住 匿名


最終日マンハッタン56th street パークセントラル前で全員30名のショット!!中央が小林


■HOME