第7回おぐに古楽音楽祭 記録
 
1996年8月30日〜9月1日
 

 この回は「ルネッサンスからバロックまでの踊り・歌・器楽」というテーマで、カラヴァジェスキのルネッサンス音楽、有田氏らのバロック室内楽、それにフィナーレ・コンサートは古賀穂南美氏らの舞踏を加えて、ルネッサンスからバロックまでの音楽を3部に分けて演奏しました。交歓パーティは会長の中里氏にも手伝ってもらって、「隆太窯風」にいたしました。
 また、協会の事務局にマッキントッシュのコンピューターが導入され、パンフレット・プログラムともA4の大判になりました。このときのプログラムのあとがきに「事務局にも最近はやりのパーソナル・コンピューターが導入され、印刷物の版下が全部それで作られるようになりました。その結果、紙面のデザインが自由にできるようになり、印刷コストの低減にも貢献しています。そのうちに、事務局にもホームページを開設して、おぐに古楽音楽祭の様子も、インターネットを通じて世界に発信したいという夢も持っています」と書いてあります。しかし、協会のホームページができたのは1999年2月で、残念ながらおぐに古楽音楽祭には間に合いませんでした。

 

ルネッサンス音楽「情愛と悪意」
 
8月30日 17:00より  ASO音楽ホール
  Caravaggeschi(カラヴァッジェスキ)
   向江昭雅(リコーダー)  濱田芳道(コルネット)
   永田平八(リュート)   石川かおり(ヴィオロ・ダ・ガンバ)
   西山まりえ(チェンバロ)

ファルコニエーリ:「悪魔の娘婿バラバーゾの戦い」
ウッチェッリーニ:アリア第11番 「シモン隊長」
メルラ:ソナータ「ラ・カッタリーナ」
ピッチーニ:トッカータ
ウッチェッリーニ:シンフォニ-ア第1番「アマリッリ」
デ・セルマ:スザンナ・パッセッジャータ
フレスコバルディ:カンツォーナ「ラ・ベルナルディーナ」
ウッチェリーニ:アリア第13番「この美しいシレーナ」
ヴィルジリアーノ:リチェルカータ
メルラ:ソナータ「ラ・ルッジェーラ」
サルヴァトーレ:トッカータ 第1番
カステッロ:ソナータ 第1番
ファルコニエーリ:パッサカッレ
フォンターナ:ソナータ 第2番
メルラ:ソナータ「キャコーナ」


バロック室内楽の競演」
 
8月31日 20:30より  家畜市場
  フラウト・トラヴェルソ:有田正広  リコーダー:山岡重治
  バロック・オーボエ:本間正史    ヴィオラ・ダ・ガンバ:中野哲也
  チェンバロ:有田千代子

L.A.ドルネル:四重奏によるソナタ ニ短調
G.Ph.テレマン:リコーダーとガンバのためのコンチェルト イ短調
A.コレッリ:フルートと通奏低音のためのソナタ ト長調 作品5-11
G.Ph.テレマン:フルート、オーボエのためのトリオ・ソナタ ホ短調
          (「ターフェル・ムジーク」より)
G.F.ヘンデル:オーボエと通奏低音のためのソナタ ヘ長調 HWV363a
G.Ph.テレマン:四重奏曲 ニ短調 (「ターフェル・ムジーク」より)

フィナーレ・コンサート
「ルネッサンスからバロックまでの舞踏と音楽」

9月1日 13:30より  小国中学校体育館
第1部 ルネッサンス
1.A.バンチェリ:「ファンタジア」(器楽)
2.「パドゥアーナ・デル・レ」(器楽と舞踏)
3.「ラ・バリエラ」(器楽と舞踏)
4.「すてきな遊び」(合唱)
5.「美しき我が想い人」(舞踏)
6.「私にはわかっている」、(器楽と合唱)
 出演  器楽合奏 「カラヴァッジェスキ」+山岡重治(Rec),中野哲也(Gam)
     合 唱  「コーロ・ピエーノ」
     舞 踏  「熊本古典舞踏研究会」(振付指導:古賀穂南美)

第2部 初期バロック
1.ジョヴァンニ・パオロ・チーマ:三声のソナタ (1610)
2.タルクィーニオ・メールラ:ソナタ「キャコーナ」(1637)
出演  器楽合奏  カラヴァッジェスキ

第3部 バロック
1.ラモー:「カストルとポリュックス」から メヌエット(器楽と舞踏)
2.F.クープラン:「諸国の人々」から アルマンド(器楽合奏)
3.F.クープラン:「諸国の人々」から パッサカリア(器楽と舞踏)
4.ラモー:「クラヴサンコンセール」から ラ・リブリ(チェンバロ独奏)
5.ヴィヴァルディ:ラ・フォリア(器楽と舞踏)
 出演  器楽合奏 有田正広(トラヴェルソ)、山岡重治(リコーダー)
         中野哲也(ガンバ)、本間正史(オーボエ)
         有田千代子(チェンバロ)
     舞 踏  古賀穂南美、彌吉清孝


 

小国中学校体育館で開かれたフィナーレ・コンサートにおける古賀穂南美、彌吉清孝氏のデュエットと幕切れのカーテン(?) コール。

古楽コンサート
(以下はプログラムに記載されている記録です。実際には変更があったかもしれません)

第1部  8月31日  ASO音楽ホール
1.宮本 修(リコーダー)
2.秋山裕子(チェンバロ)
3.アンサンブル・ゾンテンヌ・XIX(フルート二重奏) 代表者:竹村真吾
4.ミヤコ・リコーダー・アンサンブル   代表者:西田孝子
5.河本基實(ヴィオラ・ダ・ガンバ、合奏)
6.アンサンブル・ゾンテンヌ       代表者:日吉香奈
7.リコーダー・アンサンブル「獏」    代表者:本田達也
8.有明西中学校音楽部(リコーダー・アンサンブル) 代表者:桑原暁子
9.あくたリコーダー・オーケストラ    代表者:麻生 純

第2部  9月1日  ASO音楽ホール
1.水上陽一(リコーダー)
2.杉山佳代(チェンバロ)
3.二宮直美(歌、伴奏:平沼ひろ美)
4.原 陽子(トラヴェルソ)
5.フローリー・ストリラ         代表者:松本由美子
6.アンサンブル・ヌボー         代表者:埴谷寧夫
7.福岡古楽協会コンソート        代表者:小池宏明
8.小野田リコーダー・アンサンブル    代表者:上原英治
9.女声合唱団「フローリー・ストリラ」  代表者:青柳陽子
10.セミナー受講者コンサート(合唱)   指揮:濱田芳通


有明西中学校音楽部のリコーダー・アンサンブル。

 

  18世紀音楽祭協会案内へ
第6回おぐに音楽祭へ  第8回おぐに音楽祭へ