シュタイナーを学ぶ母親の会

                   ( 広瀬牧子の活動案内 )

                2000年 12月 13日 新規作成
       
         2011年 10月  1日 更新




                  
 シュタイナー教育を家庭の子育てや、教育現場、生活に取り入れていく勉強会です。
 広瀬牧子を中心にして、子育て中のお母さん方や先生と一緒に 学び始めて、15年になりました。
 夫の広瀬俊雄は、シュタイナー教育の研究者(広島大学名誉教授、現在は同志社女子大学教授)で、シュタイナ教育の考え方のむずかしいところや、わからないところは、指導を仰いできました。
 15年を経た現在、多くのお母さんたちが巣立ち、それぞれの場で地道に活動しています。
 現在、私は広島と京都を中心にして、新たに出会ったお母さんたちと学びを続けています。
 広瀬牧子の各地での活動をお伝えします。



 
.案内 ( 2010年 4月〜 ) 2011. 10.1 更新 

 
≪東広島に、念願のシュタイナーの幼児施設を開園しました≫ 2010年4月


 お母さん方が、長い間待ち望んだものが、
 この4月、東広島市の八本松町に実現しました。
 東広島市の中心街西条からちょっと離れると
 驚くほど自然が豊かな地が広がります。
 幼児が過ごすには最高の場所で、スタートできました。

 



  開園式と入園式 : 関係者全員で喜びのお祝い
      (2010年4月11日)
  皆が力を合わせ、1年足らずで、完成しました。
  私たち夫婦も、応援しています。





    詳しくは「1.案内」  または、こども園のホームページをご覧ください。

          東広島シュタイナーこども園さくら



◆東広島市シュタイナーこども園さくら シュタイナー ミニ講座
        毎月1回 原則:月末の金曜日 1時間  講師:広瀬牧子
              ( 2009年11月〜)
    こども園の保護者を対象としていますが、どなたでもご参加できます。
    こども園に問い合わせてください。

≪2011年度 各地でのシュタイナー教育の学習会≫
    

◆東広島市シュタイナーこども園さくら シュタイナー ミニ講座
        毎月1回 原則:月末の金曜日 1時間  講師:広瀬牧子
              ( 2009年11月〜)
    こども園の保護者を対象としていますが、どなたでもご参加できます。
    こども園に問い合わせてください。
 
2011年度
   1回   5月 幼児期にはどんなものが発達するの
   2回   6月 その2 幼児期に発達するものの、その後(青年期の具体例で)
   3回   7月 夏休みの過ごし方−テレビとどう付き合ったらいいの?  
   4回   9月 幼児の生きる世界ー幼児は世界をどう感じているのでしょうか?
   5回 10月28日 『なぐりがき」からわかる、幼児の体と心の発達: 第2回目
   
2010年度 
   1回:  4月 園に備えられた遊具 (幼児期に発達するものをのばす目的)
   2回:  5月 これまでの学びを振り返って 全体の視点から復習
   3回:  6月 なぐりがきから見る、幼児の心と体の発達
   4回:  7月 楽しい夏休みの過ごし方(シュタイナーの視点から:自然体験、お手伝い等@
   5回:  9月 全身が感覚器官としての幼児
   6回: 11月 夢と現実を行き来する幼児(空想)
   7回: 12月 冬休み家庭での過ごし方(絵本など)
   8回:11.1月 童話って、どんな教育的な意味があるの(悪を憎む心の芽生え)
   9回:  2月  同上  その2           (主人公は生き方のお手本) 
 
 2009年度
   1回:09,11月 シュタイナー教育って、どんな教育
   2回:   12月 自然の一員としての幼児 (園庭の砂場づくりに際して)
   3回:10. 2月 幼児はどのようにして、生活に必要なことを学ぶのか(真似・模倣)
   4回:   3月  幼児が口づさむメロディー(開園に伴なう園の歌 5度の音程)
 

◆京都府京田辺市  『自由への教育』を中心にした、シュタイナー教育の学び
        毎月1回 第1木曜日 
    
横浜:見花山こどもの家 、年1回 シュタイナー講習会 (在園・卒園の保護者に)
    4年目を、2月に終えました。雰囲気がよく、みなさんとても熱心です。

   
    
≪新聞の連載:幼児期の子育てについて 「新婦人しんぶん」に≫
           2010年4月から 2011年3月まで 毎月1回 1年間

 「そっと見つめてー子どもの体と心」」というテーマで、執筆中です。
   第1回: 4月 シュタイナ教育を、子育てに生かそう」
   第2回: 5月 立て抱っこは、3カ月後から
   第3回: 6月 親のまねをして、「母国語」を習得
   第4回: 7月 自然のリズムにそって、寝る時間を決める
   第5回: 8月 生きるエネルギー、水遊び、土遊びから
   第6回: 9月 親のまね、動作から心まで
   第7回:10月 全身の感覚を、フルに使って
   第8回:11月 自由に思い描く、想像力の大切さ
   第9回:12月 童話の主人公は、生き方のお手本
   第10回:1月 童話で育まれる、悪を憎む心
   第11回:2月 ルールを決めたい、テレビとのつきあい
   


    第9回:「童話の主人公は、生き方のお手本」 2010年12月



      第11回:「ルールを決めたい、テレビとのつきあい」 2011年2月




     シュタイナー学校の演劇教育について、博士論文が出版されました。
         

             

             広瀬綾子著  東信堂  2011年2月出版  


 著者は娘です。
 博士論文として提出・授与され、博士号を得て、国の助成金により出版されました。
 娘は演劇ならば何でも大好き。演劇が博士論文になるなど、考えられないことですが。 シュタイナー教育の理論に裏打ちされた、演劇教育の実際が体系的に述べられています。意外にも、本場のヨーロッパでも、このような論文は全くなく画期的な本です。紹介まで。

    


≪夫婦で、シュタイナーの子育て本を出版しました。≫ 

           

 
      広 瀬 俊 雄 著            広 瀬 牧 子著        
     09年7月 共同通信社     09年9月 サンマーク出版社 
  

                    
                    
詳しくは「1.案内」をご覧ください。



2.報告
  2010. 6. 26. 更新
 
  ( 2009年4月 〜2010年3月までに行われた催し物 )

 
 (1)東広島シュタイナーこども園開園までの歩み
   
  (2) 出版本が新聞で紹介
    
  (3)昨年の各地でのシュタイナー教育の学習会・講演会 など

 


3.これまでに行われた「シュタイナー子育て連続講座」
        ( 2006年〜1994年 )


 4.当「母親の会」の成立から、これまでの活動



 5.広瀬牧子が執筆した本

 
 6.新聞に掲載された記事

  
    
        シュタイナーを学ぶ母親の会  
          代表:   広瀬   牧子       
         
       「シュタイナーを学ぶ母親の会」
        
   


   
  進む