超大型個体作出への道




私が国産オオクワガタに初めて会ったのは、小学生の頃。
近所のペットショップで見たオオクワは、
図鑑とは比べものにならない迫力だった。

時は経って、1996年。
ちょっとしたことから、幼虫を入手した。
 翌年には、成虫、多数の幼虫が。
そこからは皆さんと同じく、坂道を転がるかのように
ハマッていったのである。

以前は、手に入れるだけで満足だったのに、
最近は贅沢になって、産地やサイズや、形にこだわっている。
そこで欲張りな私は、毎年大型で美形というオオクワを目指していた。

ありがたいことに、年々、オオクワ仲間は増え、
毎年、皆で考えて新しい事を試みてきた。
でも、
79ミリまでしか私は作出できなかった。



今年は、超強力な仲間が増えた。
Y氏にS氏。
私にはない画期的な発想力と知識力。
今年は、強力タッグで、大型・美形連発を狙う。



ここからは、Y氏に執筆して頂いております。
あくまでも、Y氏とS氏と私の実験的?プロジェクトです。
真似は危険かも!?
少しずつ情報公開していきますのでお楽しみに。
それでは、納得の方は下記より入室してください。
又、御意見、御感想はメールにてDIOまで。



序章


経過


結果


考察

2006年途中経過報告


昨日 今日