平成19年度


★川崎市の㈱ペットリバース、目黒区内のエコ・サイクルを視察
                           (平成19年11月6日、7日)★

 会派視察。川崎市川崎区にある㈱ペットリバースではPETボトルの完全リサイクル化という問題に取組みケミカルリサイクルという技術を用いて使用済みPETボトルを、再び蘇らせ再生する工場を視察。地球に優しい技術です。

 また、目黒区自由が丘駅南口の耐震地下駐輪場「エコ・サイクル」は、自転車の小さな入出庫ブース以外すべて地下に建設され、道路を占拠する自転車を一掃し、地上に安全な空間を作れる駐輪場。実際に自転車の入出庫を体験しましたが、操作も簡単で、地上もとても広く安全でした。

 
★大阪府立障害者自立支援センター視察(平成19年11月2日)★

 公明党大阪府本部 女性議員団で、大阪市住吉区大領にある大阪府立障害者自立支援センターを視察。障害者医療・リハビリテーションセンターがあり、医療と福祉が連携して、障害のある方の身体機能や社会性活力を高めるための支援を行う訓練施設。

 高次脳機能障害や脊髄損傷の方等、専門的かつ広域的なニーズに対応する支援プログラムを実施し、利用者1人ひとりに合った地域生活移行支援も行っています。 障害者の自立を支援する相談所もあります。
 

★横浜市・東京都葛飾区の「ポニースクールかつしか」視察
                         (平成19年10月29日、30日)★

   健康福祉委員会より横浜市・東京都葛飾区へ視察。
 横浜市において、市立病院の役割、経営上の課題とその対策等、市立病院の経営改革について視察。

 更に、横浜市における障害者の雇用施策概要、企業との障害者雇用の取り組み等障害者の雇用促進への先進的取り組みについてお話を伺いました。

 葛飾区の「ポニースクールかつしか」は、本来、子どものための青少年教育施設で、ポニーの世話や乗馬、子ども同士、スタッフとの交流を通じて豊かな人格形成を図ることを目的とした施設。平成19年より、介護予防の推進のためにシニア版ポニースクール事業の実施やアニマルヒーリング事業を実施。高齢者の筋力アップやストレス解消し介護予防に役立ち全国的にも注目されています。

 
★仙台市子供相談支援センター、発達相談支援センター(アーチル)視察
(平成19年10月23日、24日)★

 子ども・青少年健全育成調査特別委員会より仙台市へ視察。仙台市子供相談支援センター・「杜の都の学校づくり」、アーチルを視察。

 仙台市発達相談支援センター(アーチル)は、子どもから大人まで、発達障害のある方を対象に、相談事業と地域で生活しくための支援を行う施設です。

 子供相談支援センターでは、「子育て何でも電話相談」や「ヤングテレホン相談」として、青少年の悩みを24時間365日電話相談事業を実施しています。
 
★福岡市視察(平成19年8月10日、11日)★
 21世紀の先進的モデル都市-アイランドシティは博多港の港湾機能強化(国際物流拠点)を目的に、大水深の航路整備で生じるしゅんせつ土砂などを活用し誕生した都市空間です。平成17年12月より入居が始まり、住民によるまちづくり活動で平成19年4月に「照葉小学校」が開校し、同年4月には「サイバー大学」が開学、6月には「福岡ビジネス創造センター」がオープンするなど、事業は着々と進行しているお話を伺いました。

 また、ロボスクエアでは、ロボットのダンスを見せてもらいました。福岡市民防災センターでは、いろいろな災害の模擬体験を通じて、もしもの時の防災に関する知識や対処法などを身につけてもらう施設です。楽しみながら防災を体験できました。


★子育てサポートルーム視察(平成19年8月8日)★
 東百舌鳥子育てサポートルームは、子育て中の親子が自由に集まり、打ち解けた雰囲気の中でお互いに交流でき、地域の身近な子育て支援情報が収集できる大変意義のある場所と思います。

★堺市子ども相談室分室 キッズステーションさかい視察(平成19年7月12日)★

 子ども・青少年健全育成調査委員会より、8月1日にオープンする「キッズステーションさかい」、堺市内初の一時保護所を視察致しました。医務室、娯楽室、学習室、食堂、浴室、寝室等があり、子共たちが滞在し宿泊しても困らない施設が完備していました。

★東文化会館文化ホール オープニング式典に参加(平成19年4月28日)★
東区に東文化会館、文化ホールがオープンしました。中はとても広く、メインホール、ギャリー、フラットホール、リハーサル室、練習室とありました。メインホールは、大変すばらしく、文楽の舞台を鑑賞し大変感動致しました。




要望が実現!
★『市民のための公園、安全な公園』
 ~平成18年6月20日の建設委員会での提案実現★


 以前、建設委員会で提案した、市民が主体的に公園の再生と活性化の取り組むための仕組み作りにより「市民の為の公園、安全な公園」が実現! 堺市での第一号モデルケースとして、「甲斐町公園」の再整備工事が終了し、新しい姿に生まれ変わりました。 昨年9月から公園周辺の住民が主体となり、行政が協力し、ワークショップを実施し進めてきました。市民の憩いの場として、これまで以上に親しまれる公園として期待しています。

★深井沢町の側溝を安全に!★

溝がむき出しで、溝にはまったりと危険!コンクリートで蓋をし子ども達も安全に通れますね!

★深井沢町の歩道を舗装★

 歩道がガタガタで歩きにくかったので、舗装してもらいました。これで、歩きやすいですね。

★宮園団地内8-2棟前のマンホールの舗装★

 
雨が降ると水がたまり、ガタガタで歩きにくかったマンホールを舗装
★深井中町のカーブミラーを設置★

 
見通しが悪く、事故の危険がある場所にカーブミラーを設置!安心!


★新家町の下水路の整備★

 
汚れ、雨水が流れず悪臭がありました。セメント工事をし、悪臭がなくなり、周辺の皆様方は大変喜んでおります。





平成17年度の活動報告はこちらです

平成16年度の活動報告はこちらです

平成15年度の活動報告はこちらです


連絡先:榎本幸子 事務所
堺市中区深井沢町3315-501
TEL 072-281-5669
FAX 072-224-1236
E-Mail:cak11870@pop16.odn.ne.jp

地図はこちらをクリックしてください。