FAD
 


一級建築士事務所 FAD


01 -02 : COLUM (2016.09.02)






02  「間取り」 と 「構成」



 建築を計画する時、「間取り(それぞれの部屋の繋がりを検討する)」から、

スタートすることが、多々あります。

「間取り」の組合せが完了すると、

「その結果としての外観」が誕生し、

そして、「生活」が始まる。

・・・・・・?


 できれば、もう少し前の視点から始められたら!と思います。


例えば、私達が求めている「生活像」とは、何だろう?

どんな空間で、活動したいのだろう?

では、その一部であるこの部屋は、どんな目的で、

どのように活用していきたいのか、

その為に、空間のボリュームは、どのくらい必要なのか、

etc・・・


 まずは、夢を描いて、それぞれ「意味のある空間」を整理し、並べてみる。

次に、それぞれ目的が整理された「意味のある空間」を、

どのように組み合わせたら、どうなるのだろうか?

どのようにつなぎ合わしたら、どう変わるのだろう?

もしかして、新しい発見や、新しい生活感が、生まれてこないだろうか?

もっと広がりのある、もっと可能性のある「未来」が創れないだろうか?

ついつい、ワクワクした気持ちになります。


 建築を計画するとは、

「間取り」を検討する事では無くて、

「意味のある空間」の『構成』を考える行為だと、思います。


 現実は、様々な制約がありますが、

できれば、いつでもその様な気持ちで、

クライアントと共に、設計して行きたいと思います。