風水fengshuiによる玄関、部屋、色のインテリアを考えよう

top1a

あなたの本命卦です!
東四命グループ

風水学では、人間、物、住宅、形勢等の吉凶を五行(自然界の元素)によって分類し観察しています。

ですから、自分の命卦が五行のどれに当たるかによって、生活上の吉凶をみることができるようになれます。

自分のラッキー元素の特徴を知り仕事や生活、健康のために活用、応用してみましょう。

3震(しん) 4巽(そん)
meika3
meika4

本命卦 3震(しん) 4巽(そん)

 

吉方位は、東、東南、南、北です。 凶方位は、西北、西、東北、西南です。

 

玄関、自分の部屋、ベッド、電化製品などを吉方位におくようにします。

トイレ、台所、押し入れ、棚などは凶方位におきます。

 

色の吉凶木の色は、青緑の系列色となります。凶色は、相性の悪い白色 銀色となります。

 

ですから、部屋などは主色を青緑色系とすれば吉となります。車、家具、鞄、カーテンなどになるべく多く利用しましょう。

数の吉凶「木」の代表する数は、3と4です。この数を多く利用すると吉となります。たとえば観葉植物を3鉢、クリスタルグラスを4ヶ、模型3体等。

「木」の嫌う数は、6と7です。なるべく避けるようにしましょう。

木元素の応用、解釈

(建物、形、身体、嗜好品他)木の元素は、創造、滋養、成長を意味します。木の形状は高く直立しており、宗教や軍事的な建造物あるいは記念碑に多く見られます。家庭や商業用としてはあまり見られません。一般には保育園、病院、アトリエなどのが適します。

• オフィスでは、常緑樹プラントを置くと良いでしょう。

• 木製のベッドや家具は利用します。

• 酸っぱい食物と野菜をとるとよいでしょう。

• 身体では、神経系、肝臓、胆嚢に気をつかってください。

• 活動では、ゴルフ、公園、森林などに適します。

• 仕事は、造園、政府仕事、教育、病院、医者、教師、教授、牧師、家具、木船衣類、書店などが適します。

9離(り)
meika9

本命卦 9離(り)

 

吉方位は、東、東南、南、北です。凶方位は、西北、西、東北、西南です。

玄関、自分の部屋、ベッド、電化製品などを吉方位におくようにします。

トイレ、台所、押し入れ、棚などは凶方位におきます。

 

色の吉凶

火の色は、赤の系列色(紫色、橙色、赤色)となります。ですから、部屋などは主色を赤色系で配色すれば吉となります。

凶色は、相性の悪い灰色、黒色となります。

数の吉凶

「火」の代表する数は、9です。この数を多く利用すると吉となります。たとえば観葉植物を9鉢、クリスタルグラスを9ヶ、模型9体等。

「火」の嫌う数は、1です。なるべく避けるようにしましょう。

火元素の応用、解釈

(建物、形、身体、嗜好品他)

火の形状は、鋭角や尖端によって表されます。タイなどの寺院が代表的です。

また知性を表し、図書館、学校、その他学問に関する建物に適します。

• 苦い食物は良いです。

• 身体では、循環器系、心臓、血、舌、目、小腸などに気を使いましょう。

• 活動としては、バスケットボール、野球、サッカー、テニスなどが適します。

• 仕事では、芸術、音楽、衣類でザイン、作家、映画、ガス、広報などが適します。

top1a