風水fengshuiによる玄関、部屋、色のインテリアを考えよう

top1a

風水のウソ・ホントを斬る!

 

情報が氾濫している現代! あなたは、クリティカルな思考をもっていますか?

 

kurithikaru
クリティカル進化(シンカー)論—「OL進化論」で学ぶ思考の技法

 

クリティカル思考って? 直訳で「批判的思考」となるでしょうか。だからといって、ただ批判をするといった意味ではありません。

 

あなたが、物事を無批判に信じ込まないで、問題点や疑問を探し出して、批評、判断する思考を持つことです。

 

「オレオレ詐欺」「通信料の督促状」「根拠ない投資話」「簡単にできる副業」.................巧みな知能犯によるダマシが横行する高度情報化社会をどう生き抜くか! 

 

まず「自分の頭で考える」ことを身につけましょう!

 

あなたが本気で、真剣に風水を知りたいと思っているなら、いろいろな風水情報を吟味し、取捨選択し、注意深く、じっくり考える姿勢を持つことです。

 

私は真剣ですから、知り得た情報を正直に書きます。あなたの満足のいく風水情報・知識となるかは、わかりません。

 

楽しめればいい、占い感覚の風水でいい、本場の風水を知りたい、風水をオシャレ感覚で使いたい、風水で家を建てたいあなたが好きな風水を見つけて、楽しんでください!

 

私がお伝えできる情報は、そのための「きっかけやヒント」となるものです。

 

【迷信とわかっているの?大安吉日信仰の弊害】

jojohon

『超常現象をなぜ信じるのか』の本より参照

 

いくら科学が進歩しても、私たちには捨てがたい風習があります。たとえば、旅立ちや結婚など何か新しいことを始めるにあたっては、誰もが大安吉日を選んで、今後の成功や健康を祈りたいと考えます。ところが、この日本人なら誰しももつこの自然な感情が、医療現場にいかに混乱をもたらしているか、知る人は少ないと思います。

 

病気は日柄を選んで発症するものではありません。しかし、入院患者の大多数は大安の日の退院を希望され、すでに退院可能であるにもかかわらず、大安まで入院を続けられる場合が多いのです。

 

この結果、大安前にはベッドが満床となり、緊急入院が必要な患者さんの病床が確保できないという大きな問題が起こっているのです。

 

医師としては、大安の退院を希望される気持ちは大切にしたいのですが、救急医療の充実のため、大安退院の是正は絶対に必要なことと考えます。

 

「朝日新聞 1998年 投書欄に掲載された内科医の投書を要約」

 

この例では、私たちは「大安吉日に行動すればよいことがある」ということを心理的な事実に想定し(もしくは約束事として了解し)、式場を決めたり退院日を決めたりします。つまり、根拠のないことでも心理的事実として扱われているのです。

top1a