title
「毎日が金曜日」http://www2.odn.ne.jp/fridays/
編集:大田拓、更新:2015 年 12 月 9 日

風景 (2015 年秋〜)


1.宮ケ瀬湖

11月の上旬に宮ケ瀬湖にスケッチに行きました。
宮ケ瀬湖のビジターセンター前に車を止めて、少し歩いて下ると絵になりそうな場所がたくさんあります。

紅葉は丁度盛りで、湖と反対側(僕の背中の方)にあるモミジは真っ赤に色づいていました。
真っ赤なモミジを描くか、湖を描くか悩んだのですが、以前に描いたことのある構図で湖方面を描きました。僕の足元は落ち葉で一杯でした。
(2015-11-16)


2.日本大通りのイチョウ

11 月末に日本大通りに出かけました。
この通りはイチョウで有名ですが、日の当たり方が道路の北側と南側で違うため、北側から色づき始めて10日ほど遅れて南側が色づきます。
「情文センター」の東側に、「Lunchan Avenue」というレストランがあります。このレストランの紫色の日よけとイチョウの黄色の組み合わせが美しいので、描いてみました。
このレストランの前のイチョウは、午前中は暗いのですが、午後から日が当って明るくなります。そういう知識があったので、昼前から描き始めて、2時間ほどで完成しました。

3.開港広場

開港広場前にあるレストラン「Scandia」を左に見る構図で描いてみました。
樹木はまだ裸木ですが、それでも大木の枝があるだけで、それなりに絵になります。

昨年の秋頃から、横浜の中心部(馬車道など)で街路樹が無神経に伐採される例が多数見受けられます。
横浜市の役人に言わせれば「伐採」ではなく「剪定」なのかもしれません。街路樹が大きくなり過ぎると、管理上いろいろ問題がでてくるでしょうから、ある程度事情はわかりますが、街路樹の上半分が軒並みにばっさり切られていると、絵になりません。
これは風景画を愛する人たちのためだけではありません。
街路樹は無味乾燥なビル街に潤いを与える貴重な資源ですから、もう少し、切り方に気を配ってもらいたいと思います。

4.荏柄天神

2016年2月の鎌倉・横浜スケッチ会で、鎌倉の荏柄天神(えがらてんじん)に行きました。
境内には紅梅が美しく咲いていましたが、境内が狭いため、階段の下から描きました。
右側の家の塀越しに木の枝が出ていたため、ガッシュで白梅に仕立てました。

5.菜の花

2月下旬に一人で四季の森公園に出かけました。
天気予報はイマイチのためあまり期待はしていなかったのですが、「はす池」の西側に菜の花が咲いていました。
描き始めた頃は「何とかもちそう」な気配でしたが、1時間ほどたってからポツリポツリと降り始め、それ以後は降ったり止んだりの一日でした。

(2016-3-18)



【ホームに戻る】