筋肉・ファシア(筋膜などを含む皮下組織軟部組織)に対して徒手を用いて可動域と柔軟性の改善のための施術です。痛み、リリースしても改善しない場合はトリガーポイントと呼ばれる痛みの元に対して鍼、もしくは徒手による圧迫(指圧など)で直接アプローチしていきます。