化合物和名 エボジアミン、ルテカルピン 化合物英名 Evodiamine, Rutaecarpine
骨 格 名 インドール・キナゾリン 生合成経路 アミノ酸

 ミカン科ゴシュユ(Evodia rutaecarpa)とその近縁種に含まれるアルカロイド。インドールアルカロイドの一種だが、アントラニル酸とトリプタミンを生合成前駆体とするインドロキナゾリンで珍しい存在である。エボジアミンはモルモットで強心作用を示し、ルテカルピンはラットで子宮収縮作用を示す。

evodiamine_et_rutaecarpine
→ホーム