化合物和名:ジギトキシン (Digitoxin)
骨 格 名:強心配糖体
生合成経路:イソプレノイド

 ゴマノハグサ科ジギタリス(Digitalis purpurea)に含まれる強心配糖体。本物質は配糖体ではあるが、糖部はDigitoxoseという特異な糖であり、水溶性はそれほど高くない。経口投与での吸収はよい(ほぼ100%で配糖体としては異例に高い)が、そのため体内での蓄積性も高い。ジギトキシンはもともと植物体内に含まれているわけではなく、プルプレアグルコシドA(Purpurea glycoside A)が酵素の作用で分解して二次的に生成したものである。強心利尿薬としてうっ血性心不全などに用いられる。

digitoxin
→トップへ戻る:PCmobile