化合物和名 ペオノール 化合物英名 Paeonol
骨 格 名 アセトフェノン 生合成経路 酢酸-マロン酸

 ボタン科ボタン(Paeonia suffruticosa)の根に含まれるフェノール性成分。薬理作用として鎮静、運動量抑制、体温下降、解熱、抗痙攣作用が知られ、他に血小板凝集抑制、止血など駆瘀血(くおけつ)作用に関連すると思われる作用も報告されている。

paeonol
→ホーム