キョウチクトウ科 Apocynaceae
ラフマ Apocynum venetum
薬用部位: ユーラシア大陸の温帯に分布する多年草。花期6月頃。本邦には変種のバシクルモンvar. basikurumonが北海道、本州北部に分布する。根にはシマリン(cymarin)などの強心配糖体が含まれ有毒であるが、中国では心不全の治療に用いた。葉には強心配糖体はほとんど含まれず、d-カテキン、クエルセチン、ルチンなどのポリフェノールに富み、降血、利尿の目的で健康茶として用いる。最近、わが国でも羅布麻茶として輸入品が販売されている。ユーラシア西部では茎から採取される強靭な繊維を漁網、織物などに用い、漢名の羅布麻はそれに由来する。
rafuma
→ホーム(2005.6.18;帝京大学薬用植物園)