ヤクヨウサルビア(シソ科)
Salvia officinalis (Lamiaceae)

欧州原産の多年草。花期5~7月。葉を咽喉の炎症やうがい薬として、また整腸薬として用いる。ソースなどの賦香料として用いるセージは本種の葉である。いわゆるハーブの中にはアキノベニバナサルビアオニサルビアなどサルビアの名を冠するものがいくつかあるほか、漢方薬原料になる種としてはタンジンがある。同属在来野生種としてアキノタムラソウキバナアキギリなどがある。

yakuyosalvia

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile2004.5.15;帝京大学薬用植物園)