アオノクマタケラン(ショウガ科)
Alpinia intermedia (Zingiberaceae)

伊豆諸島、紀伊半島ほかわが国南部と南西諸島各島に分布する多年草。仮種皮を除いた種子を伊豆縮砂と称し、縮砂の代用とする。縮砂は芳香健胃薬とするほか、漢方でも安中散ほか一部の処方に配合する。同属種のゲットウA. zerumbetの種子も縮砂の代用とするが、これを白手と称し、一方、アオノクマタケラン基原品は黒手と称する。

aonokumatakeran
iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2013.8.2;京都府立薬用植物園)