ベニバナ(キク科)
Carthamus tinctorius (Asteraceae)

管状花(筒状花)を圧搾して乾燥したものを生薬コウカ(紅花)とし、各種漢方処方で用いる。食用油の原料とするほか、フラボノイド系色素カルタミン(carthamin)、サフラワーイエロー(saflower yellow)を含むので食品染色にも用いる。花期7月。(→主な天然色素関連ページ

benibana

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2004.6.26;帝京大学薬用植物園)