ガジュツ(ショウガ科)
Curcuma phaeocaulis (Zingiberaceae)

アジア熱帯の原産といわれる多年草で、根を莪朮(開宝本草)と称し、芳香性健胃、消炎、駆瘀血などの目的で用いる。一般には紫ウコンの名で知られている。学名はYListにしたがったが、局方のC. zedoaria Roscoeも広く通用している。ただし、それが写真の個体に合致するかどうか不明で、植物学的位置は未だ未解明である。

gajutsu

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2013.6.27;武田薬品工業(株)京都薬用植物園)