ゴマノハグサ(ゴマノハグサ科)
Scrophularia buergeriana (Scrophulariaceae)

関東から中部地方の本州と九州の人里、低山、草原などにまれに生えるやや大型の多年草で、国外では朝鮮半島、中国に分布する。ゴマノハグサ科の名は広く知られているにも関わらず、本種の存在感が薄いのは絶滅危惧種だからである。漢方ではあまり用いることはないが、民間でゲンジン(玄参)の代用として江戸時代以降に過剰採取されたからであろう。

gomanohagusa

iOSの場合、Google Chrome・Firefoxでご覧ください。
→戻る:PCmobile(2013.8.3;奈良県宇陀市森野旧御薬園)